インターネットラジオはどんな放送局が聴ける?

インターネットでラジオ放送を聴くことができるのが「インターネットラジオ」。実はブロードバンドが普及し始めた10年程前から、インターネットだけを対象に音楽や流す放送が行われていました。

ただ、これらは「ラジオ」という言葉からイメージされるような電波で放送を送り届ける「ラジオ放送」とは異なり、専門性の強いものであまり一般には知られていませんでした。

それが2010年、民放ラジオ局が放送と同時にそれをインターネットに送信する「radiko.jp」が本格的にスタートし、インターネットラジオの名前が知られるようになりました。また、2011年9月からはNHKも「らじる★らじる」という名前でインターネットラジオをスタート。いよいよラジオをインターネットで楽しむ時代が本格的にやってきたのです。

都市部の民放ラジオ局が聴ける「radiko.jp(ラジコ)」

関東、関西、中部の主要放送局をはじめ、北海道、広島、福岡のAM・FM放送局の放送が聴けるのが「radiko.jp(ラジコ)」です。2010年春に在京・在阪の放送局を中心に実用化試験配信放送が始まり、2011年4月から本格配信が始まりました。

従来のインターネットラジオと異なり、基本的に電波を使って流れるラジオ放送と同じものが同じ時間に流されていて、番組だけでなくCMも基本的にそのまま流されているため、普通のラジオ感覚で楽しめるのが特徴です。

「radiko.jp(ラジコ)」はこちら

「radiko.jp」には各地域の主なAM・FM局が参加していて、コミュニティFM局や放送大学などを除いて、その地域をカバーする放送局の多くを聴くことができます。逆に言えば、東京で大阪の放送局の放送を聴くといったことは基本的にできないようになっています。

現在、radiko.jpを利用できるのは関東、関西、中部と一部の地域と、まだ全国をカバーしているわけではありませんが、2011年10月からは石川、長野、静岡、鹿児島の放送局が参加するなど、今後、聴取できるエリアも増えていくことは間違いありません。

また、東日本大震災の被災地の復興を支援する目的で、岩手、宮城、福島、茨城の各県にある7局の放送が、全国で聴けるようになっています。

NHKのインターネットラジオ「らじる★らじる」

「rajiko.jp」が民放のインターネットラジオに対して、NHKが2011年9月からスタートさせたのが「らじる★らじる」です。NHKラジオ第1放送、第2放送、そしてNHK-FMを、放送と同時にインターネットに配信しています。

ラジオ放送と同じ内容をインターネットで流しているという点では「radiko.jp」と同じですが、らじる★らじるはもともとNHKのラジオ放送が基本的に全国共通の放送のため、日本国内であれば全国で聴くことができるのが特徴です。

ラジオ放送で各地方向けの番組を放送しているときには、ラジオ第1放送が関東エリアの番組を、NHK-FMは東京エリアの番組を流しています。

「らじる★らじる」はこちら

「radiko.jp」「らじる★らじる」とも2011年に始まったばかりの新しいサービスで、まだまだ聴いたことがないというかたも多いのではないでしょうか。ただ、2010年からすでに試験放送という形でスタートしている「rajiko.jp」は、3.11の東日本大震災の時に、テレビやラジオ放送などと同じように貴重な情報源として利用した方が多かったようです。

次回はそんなすでに「rajiko.jp」を利用している方の声をご紹介しましょう。

2011/10/24