初心者でもカンタン!新型コロナウイルス感染者との接触が確認できるアプリCOCOA(ココア)のインストールから使い方まで

2020年6月19日から、新型コロナウイルス感染者との接触の可能性がわかるアプリ「COCOA(ココア)」の配布が始まりました。接触確認アプリのインストール方法から使い方まで、スマホ初心者でもわかるようにカンタンに解説しました。

接触確認アプリ「COCOA(ココア)」とは?

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」は、「COVID-19 Contact-Confirming Application」の略称です。

厚生労働省が開発・配付する新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」は、自分のスマホにインストールして、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合のみ、スマホで通知を受け取ることができるというものです。

利用者は、陽性者と接触した可能性がわかったら診察を受けて、感染拡大の防止のために行動できます。

陽性者との「1m以内・15分以上」の濃厚接触を通知するシンプルな仕組み

飲食店や学校、公共の場、どこでも、陽性者と1メートル以内・15分以上接触した可能性がある場合のみ、自分のスマホに通知が届きます。

接触確認アプリ「COCOA」は、スマホの近接通信機能(Bluetooth)を利用して、陽性者と1メートル以内・15分以上接触した可能性がある場合のみ、スマホに通知が届く仕組みです。

通知は、お互いの個人情報がわからないかたちで届きますので、どこで、いつ、誰と接触したのかは、お互いにわかりません。

スマホに接触の通知がなければ、基本的にユーザーは何もやることはありません。また面倒な設定や管理の必要もなし。インストールして、利用者同士で感染の可能性の情報を共有することが大切なのです。

ダウンロード&インストールは、あっというま!

では、アプリのインストール方法をカンタンに紹介します。
まず、お使いのスマホのOSバージョンが、以下に適合しているか確認してください。

「COCOA」が動作可能なOSバージョン
・iPhone端末 iOS 13.5以上 ・Android端末 Android 6.0以上

※機種によっては動作しない可能性があります。厚生労働省のページで動作確認機種を確認してください。
厚生労働省「COCOA」注意事項 ※外部サイト

①スマホにアプリをインストールする

厚生労働省の以下「COCOA」ページに掲載されているQRコードを読み取って、App StoreまたはGoogle Playページでアプリをスマホにインストールします。
App StoreまたはGoogle Playページで「接触確認アプリ」「COCOA」と入力しても検索できます。

厚生労働省「COCOA」インストール方法※外部サイト

iPhone用App Storeの「COCOA」インストール画面。

・iPhone用App Store

⇒「COCOA」インストール画面で「入手」をタップ。ダウンロードが完了したら「開く」をタップしてアプリを立ち上げる。

・Android用Google Play

⇒「COCOA」インストール画面で「インストール」をタップ。ダウンロードが完了したらアプリを立ち上げる。

②アプリ「COCOA」の設定方法

「COCOA」の最初の画面。説明をよく読んでください。

登録は、画面を追えばいいだけ。「利用規約」「プライバシーポリシー」に同意します。

接触検知のための「Bluetooth通信」を「有効にする」をタップすれば、登録設定は完了です。名前、メールアドレス、パスワードの登録は一切必要ありません。

ホーム画面(向かって左)。「陽性者との接触を確認する」をタップして、接触がなければ右の画面が表示されます。

③感染者との接触が確認されたら?

陽性者との接触があった場合、アプリのホーム画面から、接触があった日付を一覧で確認できます。

アプリで、陽性者との「1m以内・15分以上」の濃厚接触が検知された場合は、「陽性者との接触が確認されました」というプッシュ通知がスマホに表示されます。
アプリの通知画面から、メッセージや電話で自分の現在の症状などを伝えると、帰国者・接触者外来や最寄りの保健所などの連絡先が案内されます。

アプリはあくまで陽性者との濃厚接触を知らせるためだけのものです。その後、病院や保健所への連絡は自分から行う必要があります。

④もし自分が陽性だと診断されたら?

アプリの「使い方」にも、自分が感染していると判定された場合の説明があります。

もし自分が、病院や保健所のPCR検査で陽性だと判明した場合、このアプリに登録することで、匿名でまわりの人に接触の危険を知らせることができます。

ホーム画面から「陽性情報の登録」をタップして、陽性判定をした保健所などから発行された登録用の「処理番号」をスマホに登録します。「処理番号」には、個人情報の紐付きはありません。

個人情報や位置情報はどうなる!?気になる疑問を解決しよう!

ご紹介したように、感染確認アプリ「COCOA」のインストールから設定まではカンタン。
インストール後も、ただスマホに入れているだけで、接触確認を検知してくれます。

気になる点について、以下にまとめました。

□アプリの容量が大きいのでは?

アプリ自体は、大きなデータではないのでスマホの容量を圧迫することはありません。

□Bluetoothを常時有効にしたり、データ通信費が結構かかるのでは?

通信費がかかるのは、アプリのインストール時と濃厚接触通知を受ける時だけです。
(Bluetoothを常時有効にすることによる通信費は不要)

□不具合があるって聞いたけど?

公開から1ヶ月間は試行版ですが、不具合は随時改善されています。ただし、修正や改善のためのアップデートが常時行われるので、常に最新版にするようにアプリのアップデートは忘れずに!

□インストールしたら個人情報が勝手に利用されるのでは?

個人情報(氏名、メールアドレス、電話番号、住所など)の登録は一切必要ありません。また、個人のプライバシーに関わる情報は、サーバーなどにも一切記録されません。

□GPSの位置情報で勝手に自分の行動履歴が閲覧されるのでは?

GPSなどの位置情報は、利用も記録もされません。
Android端末ではOSの仕様上、Bluetoothを有効にするために位置情報をONにする必要がありますが、実際に位置情報の収集は行われません。陽性者との接触の記録は、暗号化されて、スマホの中ににも記録され、14日後に自動的に削除されます。

□設定や操作が面倒なんじゃない?

ただインストールするだけ。日々操作する必要はありません。

□絶対にインストールしなければいけない?

強制ではありませんので、自分の判断で入れるか入れないかを決められます。また、一度インストールしても、アプリの設定を無効にするか削除するかして、いつでも使用を中止できます。

その他の詳細については、以下の厚生労働省のQ&Aページを参照してください。
厚生労働省 接触確認アプリ利用者向けQ&A※外部サイト


接触確認アプリ「COCOA」のダウンロード数は、2020年7月6日現在で合計約582万件です。多くの人がスマホにインストールすることで、本当の意味での感染拡大防止が見込めます。接触確認アプリの利用は、自分を守り、大切な人を守るために、いますぐできる感染防止策のひとつ。コロナと共に暮らす、これからのニュースタンダードとして、このアプリが広く活用され、感染拡大の防止につながることに期待したいですね。

厚生労働省 公式アプリ「新型コロナウイルス接触確認アプリ COVID-19 Contact-Confirming Application」 ※外部サイト
※「COCOA」についての最新情報は上記厚生労働省のサイトを確認してください。

※記事に掲載の情報は2020年7月10日現在のものです。情報は、変更される可能性があります。
※陽性登録がエラーになる不具合は、2020年7月14日に修正版が公開されました。

2020/07/15