年末年始に、デジタル大掃除のススメ

新年を気持ちよく迎えるための大掃除シーズン。部屋をすっきりさせたら、デジタルデータも大掃除しませんか?スマホで撮ってそのままの写真や動画、新しいスマホに変わったけれど、データが残っているから処分できずにいる古いスマホ。実は大量に届いているダイレクトメール。ついつい放置しがちなデータの整理をして、スマホやパソコンと一緒に心も軽く、新年を迎えたいものです。デジタル終活の仕方などを専門とするデジタル資産ジャーナリストの古田雄介氏に、デジタル大掃除の方法をご紹介いただきます。

【ライター】

デジタル資産ジャーナリスト:古田雄介さん
1977年生まれ。建設業界と葬祭業界を経て2002年に執筆業へ転職し、テクニカル系の記事執筆と死の周辺の実情調査を進める。「古田雄介のアキバPick UP!」(ITmedia PC USER)、「インターネット跡を濁さず」(d.365)、「ネットと人生」(インプレス シニアガイド)などを連載。著書に「ここが知りたい! デジタル遺品」(技術評論社)、「故人サイト」(社会評論社)、「死とインターネット」などがある。
2020年1月に中公新書ラクレよりデジタル遺品に関する新著を刊行予定。

デジタルの大掃除を始めるときに注意したい、ただひとつのこと

デジタル資産ジャーナリストの古田です。デジタルの持ち物の大掃除についてお話させていただきますね。

家の中であっても、デジタルであっても大掃除の流れは基本的には変わりません。

・荷物を棚卸し
・必要なものや不要なものを分別
・余白のできた空間を隅々までキレイに
・必要なものを整理して戻す
・不要なものをばっさり捨てる

ということになります。

ただし、「必要なもの」の範囲がアナログとデジタルでは少し異なります。たとえば、書斎に愛読している本と不要な本、新聞の山があるとしましょう。普通の(アナログの)大掃除なら不要な本と新聞は束ねて捨てて、愛読本だけ取っておきますよね。しかし、デジタルでは、新聞の山も取っておいたほうがよいケースがよくあります。捨てるものは、いらない本だけというわけです。

デジタルデータはどれだけの容量があっても物理的に空間を圧迫しません。加えて、検索性が優れているので、単体では不要なデータであっても集合体になると貴重な情報源になるということがおきます。電子版の新聞を一年間とっていたなら2019年のことが調べられる大辞典になりますし、仕事相手との他愛のないメールのやりとりも10年分たまっていたら過去の進行や人間関係を辿れるかけがえのない記録簿となります。最近更新していないSNSアカウントも、そのSNSだけのコミュニティや投稿内容があるなら、無理に整理することはありません。ずっと使える連絡帳として残しておいたほうが有意義なはずです。

愛読本だけでなく、そうした使えそうなものは整理したうえで極力残す。デジタルの大掃除を始めるときは、この意識を念頭に置くことが重要です。何しろデジタルの持ち物は一瞬で削除できます。「やっぱり必要だ!」と粗大ゴミ置き場から元に戻すこともできませんから。

デジタル機器の中身は全体像を把握しながら整理する

そのうえで、デジタル機器やインターネット上にある荷物を棚卸ししていきましょう。デジタル機器内のデータの保存方法は人によっても機種によっても違いがありますから、共通ポイントだけお伝えしますね。

スマホはアプリを一望して、不要なものをアンインストールしていくのが常道です。
次のように確認すると、アプリごとの使用容量が一望できるので、ストレージの圧迫具合を見ながら、不要なファイルを削除したり、クラウドやmicroSDカードに移したりするのが良いでしょう。

【スマホ】 
iPhoneの場合
「設定」-「一般」-「iPhoneストレージ」メニュー

Androidの場合
「設定」から各種アプリの一覧画面

パソコンの場合、不要なバックアップファイルやアプリケーション、一時保存のファイルなどは各自の判断で削除していけばよいですが、ストレージ容量の圧迫を理由に大量削除するのは得策とはいえません。パソコンは外付けハードディスクなどで簡単に増設できるので、かけがえのないデータを削除するくらいなら、容れ物を買い足すほうが建設的だと思います。最近は3テラバイトの外付けハードディスクでも1万円程度で買えることもあります。

左が外付けハードディスク

【パソコン】
Windowsの場合
「エクスプローラー」-「PC」フォルダーを開くと、階層ごとにファイルが一望

macの場合
「Finder」を開くと、階層ごとにファイルが一望

さて、そうして棚卸しと不要なデータの削除(場合によっては増設)を進めながら、自分好みに整理していくのが大掃除の醍醐味だと思います。スマホもパソコンも自由にフォルダーを作ってアプリやデータを管理できますし、画面上の配置も自由にできます。

私の周りでは「仕事用」や「プライベート用」、「家族と共有用」と、用途別に分類するスタイルがオーソドックスです。基本的には持ち主である自分が快適に使えれば十分ですが、緊急時に家族が状況を把握しやすいように、仕事の連絡先やお金関連のデータはログインしてすぐに見つかるような目立つ位置に配置しておくと親切だと思います。

サブスク全盛の時代、お金の流れはシンプルに

インターネット上の持ち物で必ず確認しておきたいのは、サブスクリプション(サブスクと省略)と呼ばれる定額支払いサービスの利用動向です。

スマホをメインで使っているなら把握しやすいです。iPhoneなら「App Store」-「(右上)Apple ID(ユーザー名)」-「サブスクリプション」、Androidは「Plyaストア」-メニューアイコン-「定期購入」を開けば定額支払いサービスの現況が一覧できます。ただし、それぞれApple IDとGoogleアカウントで契約したものとなります。

これらと紐付けていない定額契約は個別にチェックしていくしかありません。クレジットカードや預金口座の1年分の履歴をたどるのが確実ですが、人によってはメールやブックマークから調べたほうが把握しやすいこともあるでしょう。

とにかく曖昧なままにしないで、何にいくら使っているのかを把握することが大切です。そのうえで、即座に解約するのではなく、むこう1年間の契約の意味を考えて判断していきましょう。継続する場合も引き落とし先を1~2か所に整えたり、たまにしか使わないものは都度課金のコースに切り替えたりするなどしてお金の流れを分かりやすくするのが経済的です。

「デジタル資産メモ」を実印と一緒に保管して締め

そうしてひと通りの作業が終わったあとは、デジタル機器のログイン情報やネット銀行、定額サービス、緊急時に必要なファイルの置き場所などを紙にまとめて、実印と一緒に保管しましょう。

ただし、パスワードをそのまま書くのはセキュリティ上の問題があるので、書くのはスマホやパソコンのパスワードに留め、それも修正テープを2回走らせてしっかりマスキングしておくことをお勧めします。

「デジタル資産メモ」のテンプレートは私のホームページ (外部サイト)からダウンロードできるので、ぜひお使いください。

デジタルの持ち物は部屋のスペースを埋めないですし、ホコリが被ることもありませんが、やはり使っていくうちに散乱していくので定期的な掃除が必要です。いつも手元にあるデジタル機器やネット環境もすっきり整理して、すがすがしさに輪をかけて新しい年を迎えましょう。

▼この記事に関してはこちらも併せてご覧ください。

いよいよ大掃除の時期がやってきました!マンションのみんなはどうしてる?掃除事情をリサーチしました!

年末年始の大掃除は大丈夫?マンションの大掃除に役立つオススメ記事6選

定額制で楽しめるネットサービス「サブスクリプション」についてわかりやすく解説!

2019/12/17