未来体験空間「PLAY 5G」で第5世代移動通信システム5Gを体感してみた!

昨年、東京ソラマチに誕生したNTTドコモの未来体験空間「PLAY 5G」。第5世代移動通信システム5Gを活用したサービスやコンテンツが体感できるスペースとして、人気のスポットです。2020年の本格導入を前に、5Gでどんなことが実現するのか?「PLAY 5G」で体感してきました。

5Gの特徴は、低遅延・高速大容量通信!

未来型体験施設「PLAY 5G」は、国内外の観光客で賑わう東京スカイツリー直下の商業施設「東京ソラマチ」5階にあります。

現在スマホなどの携帯電話の電波で使用している移動通信システムは、第4世代移動通信システム4G/LTEと呼ばれるものです。
第5世代移動通信システム5Gは、4Gの次なる移動通信システムとして、2020年のサービス提供開始をめざして研究開発されている通信システム規格です。ではその特徴はというと?

第5世代移動通信システム5Gの特徴
●通信速度の向上

最大10Gbps超(4Gの通信速度の約10倍以上!)

●遅延が少なくなる

リアルタイムにデータの送受信ができるので音や画像のずれが少なくなる

●同時接続数が増える

スマホやPCだけでなく、さまざまなワイヤレス通信機器が同時接続できる

たとえば5Gになると、いままで動画を視聴していると重く感じたり途切れ途切れになる、写真データのダウンロードに時間がかかるといったことがなくなり、ストレスフリーな通信環境が実現します。ただ、まだまだ「5Gでどんなことができるかわからない」「そもそも5Gって何?」という人が大多数。

そこで、5Gでどんなことができるのか?どんな未来が生まれるのか?を、遊びながら体感できるのが、未来型体験施設「PLAY 5G」なのです。では、実際に主なコンテンツを体験してみましょう!

人気は、AR技術によるスポーツ観戦やVR体験

何もないテーブルを前に、みんながタブレットを見つめて観戦しているのは「ジオスタ・サッカー」。

タブレットを通してテーブルを見ると、AR(拡張現実)技術によって、なんとサッカースタジアムが現れるのです!サッカー競技の映像は、自由に切り替えて自分の好きな視点で観戦できちゃいます。

こちらは人気の「スペースファイター」。参加者は、同じVR空間「サイバーシティ」の中を疾走します。ちょっと乗り物酔いしちゃうほどの迫力で、海外からのお客様も「キャーキャー」と大興奮でした。

【マンション・ラボの視点/共有施設でARやVRを楽しみたい!】

マンションの共有施設のシアタールームやパーティルームで、住民同士でスポーツ競技のAR観戦やVR空間を遊ぶゲームをやったら楽しそう! しかもVR空間には、さまざまな場所から同時に参加できるので、国内外に住む友人や親戚と一緒にプレイしても面白いのでは?

「建設機械の遠隔制御」コーナー。5Gを利用すれば、実際に専門家が現地にいなくても、遠隔地から大型建設機械の制御ができます。危険が伴う建設現場で実用化されていくことが期待されています。

高臨場遠隔合奏のコーナーは、遠隔地にいる演奏家がリアルタイムに息の合ったセッションができるというもの。音声も映像も遅延が少ない5Gだからこそできる夢の競演! 来たるべき5G時代には、国境の壁を越えたミュージシャンのライブが楽しめるのではないでしょうか?

次のページ:5Gで未来のテレワークがさらに便利に!?

2019/09/25