増税前がはじめどき? いまどきキャッシュレス決済をシンプル解説

キャッシュレス決済の支払方法と種類

キャッシュレス決済
支払種類 前払い 即時払い 後払い
サービスの種類 電子マネー
(Suicaやnanacoなど交通系・流通系)
デビットカード
(銀行系・国際ブランド系など)
クレジットカード
(クレジットカード各社が発行するICカード・磁気カード)
スマホアプリによるQRコードまたはバーコード読み取り
(LINE Pay、楽天ペイ、Origami Pay、PayPay、メルペイなど各社)
特徴 利用金額を事前にチャージする 即時に銀行口座から決済される クレジットカード各社の規定に従って後払い

仮想通貨を除くと、現在流通しているキャッシュレス決済は、上記の表のように区分けできます。これまでのキャッシュレス決済では、事前に利用金額をチャージするSuicaなどの交通系電子マネーやクレジットカードが主流でした。

現在は、スマホにアプリを入れて、店頭のQRコードまたはバーコード読み取りによって支払うキャッシュレス決済、いわゆる「ペイ」系の決済方法が拡大しつつあります。
主なサービスに、LINE Pay、楽天ペイ、Origami Pay、PayPay、メルペイなどがあります。支払い種類は、各社サービスによって異なっていて、前払い・即時払い・後払いがあります。

QRコードまたはバーコード読み取りによるキャッシュレス決済は、使う側だけでなく、店舗側にも大きなメリットがあります。
これまでのキャッシュレス決済では、カード情報を読み取るための通信端末が必要でした。しかし店頭にあるQRコードやバーコードをスマートフォンで読み取って、決済画面で金額を入力して支払う方法であれば、高価な通信端末を置く必要もなく、現金決済の煩雑さから解消されます。

たとえば福岡市では、街全体でキャッシュレス決済の実証実験を行っています。有名な天神周辺の屋台では、店頭にQRコードを設置していてキャッシュレス決済ができるほか、動物園などの公共施設でも実証実験を行っています。関東圏でも、キャッシュレス決済ができるフードトラックや屋台が目立ち始めています。

キャッシュレス決済のメリット・デメリット

キャッシュレス決済のメリット・デメリット
メリット デメリット
・現金を下ろしたり持ち歩く手間がない
・店頭での会計が短時間でズムーズに済む
・現金を持ち歩かないのでスリなどの犯罪に遭う確率が下がる
・提供各社による独自のポイント還元サービスがある
・自動家計簿アプリや銀行のWeb口座と連動すれば、お金の管理が簡単になる
・しっかりと管理していないと、どのくらいの金額を使ったかが見えにくい
・事前にサービス設定の必要がある
・スマホやカードなどの紛失・盗難の可能性
・お店によって使えるサービスが異なる
・スマホによるキャッシュレス決済の場合、端末の電池切れや通信障害で使えない場合がある

キャッシュレス決済のメリットとデメリットを上記の表にまとめてみました。
キャッシュレス決済がスムーズで便利であることは間違いなく、新しいサービスを浸透させるために各社が導入しているポイント還元サービスも見逃せません。

また、消費税増税に伴って政府が実施する予定の「中小・個人の店舗でのキャッシュレス決済時のポイント還元制度」については、該当店舗や購入する商品の適用枠が決まっています。実施時には、その点をよく見極めておきたいですね。

注意したい紛失・盗難

どのキャッシュレス決済を選ぶかは、自分がよく利用するコンビニや通販サイトなどで、そのサービスが使えるかどうかで判断する必要があります。

最近、セブン&アイ・ホールディングスがスタートした「7pay(セブンペイ)」では、大がかりな不正利用犯罪がありました。この問題は現在も調査中ですが、「7pay」側のセキュリティ管理に重大な問題があったということがわかっています。これについては経済産業省も重大視しており、決済事業者に改めて不正利用防止のためのガイドラインを徹底するように再度指導が入っています。これによって、さらに不正利用防止のセキュリティが高められるのではないでしょうか。

利用者として注意すべきことは、特にスマホによるキャッシュレス決済を使う場合には、スマホの紛失・盗難に備えて、安易なパスワードを使わない・指紋や顔認証でセキュリティを高めるなどの自衛手段を施すことです。便利なサービスも、自らのセキュリティ意識が低ければ、大変なことになります。

キャッシュレス決済は、現金と同様に、利用者それぞれがしっかりと管理することが重要です。


キャッシュレス決済は、これからますます拡大する便利な決済方法であることは確かです。
利用する・利用しないは、よく考えるとして、いまのうちにその仕組みやメリット・デメリットを理解しておくことが重要です。デジタルデバイド(デジタル知識による格差)で置き去りにされないように、しっかりと勉強したいものですね。

2019/07/24