AI(人工知能)で変わる!これからのマンションの未来とは?AIスマートホーム「CASPAR」ショールーム体験レポート

今後日本ではどの位できるの?CASPAR日本代理店に聞く今後の計画

株式会社エコライフエンジニアリングの代表締役社長 蔵並弘人さんに、日本でのAIスマートホームシステムの展開についてお伺いしました。

——ショールームのおかげでAIホームシステムの魅力の一端を体感できました。今後日本ではどのように展開されていくのでしょうか?

蔵並さん
「日本での展開で考えているのは、まずリフォーム市場です。弊社は住宅のオール電化リフォームの工事を、現在までに延べ1万件以上手掛けてきました。その実績からアプローチして、リフォームやリノベーションの機会にAIを導入していただくかたちも考えられますし、もちろん新築一戸建てや新築マンションの建築計画の最初から参画するかたちも考えられます」

——AIスマートホームシステムは、新築物件でないとダメだと勝手に思い込んでいました。では、既存マンションが資産価値を高めるためにAIを導入したいという管理組合やマンションオーナー様のニーズにも応えられるのでしょうか?

蔵並さん
「もちろん新築マンションでも既存マンションでも導入可能です。いままで日本のIoT市場は、各メーカーがバラバラにIoT化していただけでした。一部機器は便利だけどトータルに動くことはなく、本当の意味でのAIホームが存在していませんでした。
BoT社のCASPARが素晴らしいのは、単体で動くアプリのひとつなのではなく、さまざまなアプリを載せて動くオペレーティングシステム(OS)だということです。現在IoT化されているさまざまなハードやソフトはすべて、CASPARというOS上で動くようになります。室温設定などの省エネもCASPARが考えて最適な状態を創り出します。まさに“家が考えて行動する”ようになります」

——今後は、マンションの課題解決や高齢者の見守りなどのサービスも可能になるでしょうか?

蔵並さん
「CASPARのOSに載せられるサービスを今後増やしていきたいと考えています。たとえば高齢者の方の見守りなどもそうですね。家の中で転倒事故などのトラブルがあったら、登録されているご家族のスマートフォンにすぐ連絡を入れるなどというサービスも可能になります。できることは、本当に無限大に考えられると思います」

家でトラブルがあった場合には、センサーが感知して登録者にすぐ連絡!

——なんだかワクワクしてきますね。最初から一棟全戸にCASPARが導入されている新築マンションというのもできてくるんでしょうね。

蔵並さん
「これらからの生活環境は、AIスマートホーム導入以前と以降とでは、まったく変わってくるはずです。たとえば、温水洗浄便座やスマートフォンがなかった時代にはもう戻れないように、住宅にAIが入っているのが当たり前になる。そんな未来はもうすぐそこに来ています。近い将来には、スイッチやリモコンの使い方がわからなくなるかもしれません(笑)」


ショールーム体験で、ワクワクする近未来はすぐそこまで来ている気がしました。
次の記事では、CASPARを開発したBrain of Things社が、米国ですでに展開しているAIアパートメントの事例をご紹介します。

※”CASPAR”は、Brain of Things社の登録商標です。

CASPARショールーム公開中

現在、実際に宿泊・生活してCASPAR体験ができるショールームを、都内マンションで公開中。
お問い合わせ
CASPAR販売店:株式会社エコライフエンジニアリング 03-5315-4345

株式会社エコライフエンジニアリング

快適な住生活環境の提供を基本理念に掲げ、産業用太陽光発電所の設計・調達・建築、住宅用エネルギー設備、オール電化リフォームなどなどを手掛ける国内メーカー。
Brain of Things社のAIスマートホームシステム「CASPAR」の国内向け販売代理店として、今後国内にAIスマートホームを展開予定。
エコライフエンジニアリング「CASPAR」(外部サイト)

2017/08/02