超台風に備えるためのマンション防災!事前・事後にやるべきこと

最近の台風によるマンションの被害

2019年9月、千葉県に上陸した「令和元年台風第15号(ファクサイ)」による倒壊家屋。

令和元年は、台風15号、台風19号と立て続けに巨大台風が日本に上陸し、いまだその被害の復旧が追いついていない状況です。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

広範囲な被害状況ですが、今回はマンションでいかに台風に備えるか、万一被災や浸水した場合にはどのように対応すべきかについてお話します。

特に台風19号では、神奈川県川崎市高津区のマンション1階の浸水による死者、川崎市中原区の武蔵小杉タワーマンションの浸水被害による停電・断水といった、マンションへの被害が発生しました。

原因は現在調査中ですが、高津区の浸水は川の水位が高くなって支流の水が流れにくくなって支流が氾濫した「バックウォーター」によるもの、中原区の浸水は、多摩川の水が下水管を逆流した「内水氾濫」による可能性が高いとみられています。

今後の台風の備えでは、お住まいの地域の浸水ハザードマップで浸水予測区域を知ることに加えて、地域の排水能力についても、自治体や下水道局で事前に確認しておく必要があります。

重要! 管理組合として災害保険に加入していますか?

台風15号のときには、地元・千葉県木更津市の危機管理アドバイザーとして活躍された国崎信江先生。

武蔵小杉のタワーマンションでは、地下3階の電気系統設備が浸水して、停電・断水が起こりました。電気設備の場合は、一度浸水すると総交換が必要になる可能性が高いと思われます。

今回被災しなかったマンションでも、管理組合として、災害保険に加入しているのかどうかをいま一度確認してみてください。電気設備の浸水被害も補償されるかどうかは、管理組合として加入している保険によって異なってきます。

まず、お住まいのマンションで、浸水する可能性のある電気設備や共用設備を洗い出して、保険会社にこれらが補償範囲であるかどうかを、事前に確認しておく必要があります。

「次の台風が来るまでは大丈夫」と先送りするのではなく、すぐに着手してください。個人の災害保険の確認も同様です。

台風が来たら?マンションで起こりうる被害

台風は、地震と違ってある程度予測可能な災害です。
「マンションは台風に強い」という思い込みは捨てて、マンションも台風で被害に遭うと考えて行動してください。

2018年の「平成30年台風21号」は、関西のマンションに大きな被害を及ぼしました。大型台風が襲ったら、これらは、どのマンションでも起こりうる被害です。

超大型台風でマンションの網入りガラスの屋根や蹴破り戸が破損!台風対策の方法とガラスの種類

想定できるマンションの被害は以下のようなものです。もちろん、マンションの特性や環境によってもさまざまな被害の可能性があり得ます。

想定できるマンションの被害

・停電によるエレベーターの停止
・断水によってトイレが使えなくなる
・窓の破損による住戸や共用施設の浸水
・下水道の逆流や河川の氾濫による、低層階の住戸の浸水、地下電気設備室の浸水
・飛来物による駐車場の車へのダメージ
など

台風直前!マンションでやるべきこと

台風直前には、個人として、管理組合として、以下の備えを行いましょう。

【物の備え】

□土のう、水のうの用意
土のうは屋外、水のうは排水口に設置。水のうは、ゴミ袋を二枚重ねしたダンボール箱でも代用可能。エントランスや電気設備室付近に設置する。
台風・ゲリラ豪雨や浸水、マンションの水害への備えはできていますか?

□飛来物による窓の破損防止のために
窓には、飛散防止フィルム、またはブルーシートを養生テープで覆う。直接ガラス面に養生テープをバツで貼ってもよい。※あくまで飛散防止のためのものなので、強度が増す訳ではない。
マンションの窓ガラスが割れたら?いざというときの破損対処法

□窓サッシからの吹き込みを防ぐ
サッシの下部に、新聞紙、吸水シートなどを敷いて雨水の浸水を防ぐ。吸水性が高いペットシーツで代用可能。

□吸気口・24時間換気のスイッチオフ
24時間換気のあるマンションは、吸気口をクローズし、24時間換気を切っておく。

□屋外の飛ばされやすいものは屋内に
ベランダのプランターや物干し竿は室内に入れる。マンションの外回りにプランターを置いている場合は屋内へ。屋内に入れられないものは、チェーン、ワイヤー、防風ネットなどで固定する。

□停電・断水への備え
停電に備えて、ランタンや懐中電灯の照明器具の準備、火を使わないで食べられる食料の準備。断水時に備えて、飲料の準備、災害用トイレの準備、浴槽やバケツに水を貯める。

□停電時の冷蔵庫対策
クーラーボックスを用意して、2ℓのペットボトルの水を凍らしておく。膨張するので少し水を減らして凍らせる。凍らせた水は、溶けたら飲み水になり、使い終わった後のペットボトル容器は、給水のときにも役立つ。

□ガソリンは満タンに
車のガソリンを満タンにしておく。車を駐車するときはフロントを壁側に。カバーは強風で外れやすいので注意。カーステップを設置していたら外してしまう。

□現金の用意
現金は、千円札で3万円程度用意してすぐ持ち出せるようにしておく。電話用の小銭やテレホンカードも一緒に。

□飛来物の後片付け用品を用意
万一飛来物が当たって窓などが破損した場合に備えて、ガラス片やトタンなどの飛来物の後片付けに使う、耐刃手袋、ガラ袋、ホウキ、チリトリなどを用意する。

事前にすべき行動

□避難場所の見きわめ
避難すべきか、家で大丈夫かハザードマップなどを参考に家族で話し合っておく。

□緊急時の連絡先の確認
管理組合の理事長や防災委員の名前と部屋番号を調べておく。被害が出た、など困ったことが起きたり、避難所に避難するときにも知らせる。

□情報機器の充電
スマホや、タブレット、ノートパソコン、充電池は常にフル充電。
いますぐできる!防災習慣—スマホの充電習慣を身に付けましょう

□車の車高を調べておく
避難時に車でアンダーパスを通ってしまったら、時速10キロでゆっくり走り抜ける(ハイスピードで走り抜けると、逆に水を車体に巻き込む結果になる)。もしエンジンが止まったら何度もかけ直さないで、すぐに車を置いて逃げる。

□下水が合流か分離か調べておく
合流なら、大雨の時に生活排水を控える。

□早めの避難
低層階の住民は、水圧でドアが開かなくなり逃げ遅れることのないように、避難するなら、冠水する前に早めに行動する。

□災害情報の受け取り手段の確保
自治体からの災害情報をどう受け取るか考えておく。一斉配信メールを家族全員が登録しておく、スマホのラジオアプリなど。

台風後、もし浸水した場合の対応

もしマンションが浸水したら?やるべきこと

□家電、エアコン室外機の点検
家のブレーカーを落としてから、家電のプラグはすべて抜く。浸水・水没した家電製品は、乾いても漏電の恐れがあるので、絶対に通電しない。エアコン室外機が浸水すると、内部のガスが漏れる可能性があるため絶対にエアコンを使わない。

□電気自動車、ハイブリッドカーの注意
電気自動車やハイブリッドカーは、エンジン部分が水没していたら、絶対に触らないで、ディーラーに連絡する。

□清掃スタイル
水害の水や泥には細菌が含まれているので、直接肌に汚水が触れないようにする。手袋、マスク、帽子、メガネまたはゴーグル、長袖長ズボンを着用して清掃する。皮膚に汚水が付いたら、石鹸でよく洗い流す。

□浸水清掃には大型スポンジが便利
古タオルや雑巾などで浸水した水を吸水して取り除くと、次第に泥が繊維に詰まってきて、吸水性が弱まる。グラウンドなどの雨水を吸水する、業務用の大型吸水スポンジなどを利用すると便利。

□消毒作業の注意点
汚水に浸かった家具・床などは、0.1%濃度の塩化ベンザルコニウムなどの消毒薬に浸した布で拭く。その他市販薬剤は、使用方法に従って正しい濃度で使う。

□保険申請のための写真撮影
浸水した場所がわかるように、清掃する前に写真を撮影しておく。どの位浸水したかわかるように、メジャーがあれば一緒に撮影。なければ、サイズが目安としてわかりやすい物(ペットボトルなど)を一緒に撮影する。

三大ライフライン停止を想定した地震対策を基本に!

今回の台風による被害を目の当たりにして、台風への備えが必要だと痛感した管理組合の皆さんは多いと思います。

一般的な地震対策の防災マニュアルは、電気・ガス・水という三大ライフラインの停止を想定した行動を策定しています。これはすべての災害への備えとして流用できます。

地震の防災マニュアルを用意されているマンションであれば、その防災マニュアルを基本にして、台風や水害に対応した部分を追記・修正していけばよいでしょう。また、台風と地震が同時に起こる可能性もあり得ます。いつ、どこで、どんな災害が起こっても防災行動がとれるように、ぜひこの経験を活かして、次の防災につなげてください。

2019/10/31

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所