災害時にトラブルなくネットを使うために必要な準備や注意点をまとめて紹介!

災害時に無料開放されるWi-Fiスポット「00000JAPAN」(ファイブゼロ・ジャパン)

無線LANビジネス推進連絡会提供「00000JAPAN PR動画(日本語版)」の説明動画。

大規模な災害が発生すると、誰もがインターネットに接続できるよう、公衆無線LANのアクセスポイント「00000JAPAN」(ファイブゼロ・ジャパン)が無料で開放されます。これは大手通信事業者の協力を得て、災害時にだけ開放されるもので、2016年の熊本地震で初めて発動されました。

無線LANビジネス推進連絡会 災害用統一SSID 00000JAPAN (ファイブゼロジャパン) ※外部サイト

スマホの設定方法

スマホの設定画面を開いて、Wi-Fiをオンにします。
Wi-Fiのネットワークリストで、一番上に表示されている「00000JAPAN 」を選ぶだけでインターネットが利用できます。

※「00000JAPAN」(ファイブゼロ・ジャパン)という特殊な名前は、Wi-Fiのネットワークリストで見つけやすいように、必ず一番上に表示されるためのものです。

災害時の「00000JAPAN」利用上の注意

「00000JAPAN」は、災害時の利便性を配慮して、誰もがパスワードなしで使えるWi-Fiネットワークです。災害時には便利な反面、通信の暗号化などのセキュリティ対策が行われていないため、使用する際には、利用者側の注意が必要です。

【「00000JAPAN」を利用する際の注意点】

□ネットを利用する際には、なるべく緊急時の安否確認や情報収集のみにとどめる
□メールやウェブに、個人情報やID/パスワードなどの重要な情報は入力しない
□どうしてもID/パスワードの入力が必要な場合には、自分でセキュリティ対策を行う
※セキュリティ対策としては、市販のセキュリティソフトを使う。「00000JAPAN」などのフリーWi-Fiを使用しないで、携帯電話回線3Gや4Gを使う。

「00000JAPAN」や街中のフリーWi-Fiをスマホなどで安全に使うためには、「ノートン WiFi プライバシー」などのセキュリティソフトを活用する!
フリーWi-Fiの危険性やトラブル、その対処法を伝授!

災害時の正しい情報収集の方法

災害時には、SNSなどで間違った情報が拡散される可能性も多いものです。

災害下では、さまざまな情報が流れて錯綜しがちです。勘違いや愉快犯のために、SNSで誤情報が拡散されてしまったことが数多くあります。

まず信頼性の高い公共の情報ソースから、災害情報を得るように心がけましょう。
主な行政からの公式情報は以下から得られます。一刻も早く正しい情報を得るには、行政のTwitterアカウントからの情報発信を活用するとよいでしょう。

上記の公式Twitterアカウントには、すべて本物であることを示す、Twitter社が発行したブルーの認証済みバッジが表示されています。Twitterの情報では、ブルーの認証済みバッジがついているかどうかも、判断基準の目安にしてください。

また行政のホームページには、アドレスに「go.jp」が含まれています。
自治体のホームページには、「lg.jp」、一部自治体は「都道府県名.jp」を使っていますので、公式ホームページかどうかを見分ける際には、アドレスを確認してください。


上記の設定や情報は、災害時にいきなり準備や設定をするのは大変です。
9月1日の防災の日や防災週間(2019年8月30日〜9月5日)をきっかけに、自分でアプリのインストールをしたり、スマホの省エネ設定を試してみたりしましょう。日頃の備えが、防災の第一歩です。

2019/08/21