命にかかわる被災時のトイレ問題【災害用簡易トイレ「マイレット」取材レポート】

1.阪神・淡路大震災の経験から生まれた災害用簡易トイレ

「マイレット」は100回分がB5サイズの箱におさまる

「マイレット」は100回分がB5サイズの箱におさまる

マンション内被災生活を考える上で、トイレ用品の備蓄は大変重要です。今回は、当社の防災備蓄品サービスでも採用している、災害用簡易トイレ「マイレット」の開発・販売メーカー様に、災害時の簡易トイレについてお話を伺いました。

災害用簡易トイレ「マイレット」は、1995年に起こった阪神・淡路大震災をきっかけに、1997年から開発に着手。1999年に「水がなくても、すぐ使える簡易トイレ」として販売されました。

 

mylet_IMG_0050_400まいにち株式会社
マイレット事業部 首都圏事業部長
置塩 敏さんにお話を伺いました。→まいにち株式会社
マイレット事業部 ホームページへ
(外部リンク)

 

置塩さん「阪神・淡路大震災当時には、簡易トイレという商品自体が存在していませんでした。被災地でのトイレ問題を鑑みて、自治体からの要請に応えるかたちで商品開発がスタートしました。それ以前の意識では災害用トイレの必要性はあまり考えられてきませんでしたから、ゼロスタートですね」

「マイレット」は、開発当初から、衛生面での対応を主眼としていました。災害環境下で、菌とニオイに対応するためにいかに素早く汚物を固めるかという問題に取り組み、改良を重ねてきました。

すでに販売から17年の歴史がある「マイレット」は、防災への意識の高まりとともに認知されていき、自治体や行政、企業などから数多く引き合いがあります。最近では、マンション管理組合様や管理会社様も導入することが多くなってきました。

置塩さん「東日本大震災が、災害用トイレへの意識が変わったターニングポイントでした。地震によって、ふだん何気なく使っているライフラインが使えなくなり、中でもトイレが大きな問題となることを皆さんが思い知ったのです」

災害用トイレを選ぶポイントとは

現在は数多くの災害用トイレが出回り、自治体が備蓄するほかマンション内にも、マンション被災生活に備えて備蓄されるようになりました。災害用トイレをマンションで使う場合、どのような点が求められるのでしょうか?

置塩さんは、災害用トイレに必要な機能は、抗菌・消臭、収納性、有効期限の3つだと言います。

防災トイレに必要な機能(1)素早く固めて抗菌・消臭

置塩さん「マイレットは、企画開発当初から抗菌・消臭を主眼としてきました。パウダー状の抗菌性凝固剤に、高品質の国産吸水ポリマー剤を採用。災害時、感染症などを引き起こす可能性がある原因菌に対して、素早く瞬時に汚物を固めることで抗菌効果を高めました」

「マイレット」の抗菌性試験結果 大腸菌に対する抗菌性結果

「マイレット」の抗菌性試験結果 大腸菌に対する抗菌性結果(※まいにち株式会社ホームページより引用)

 

第三者機関に依頼した検査の結果、「マイレット」は、大腸菌、アンモニア産生菌、カンジダ菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ状球菌に対して、1時間後〜24時間後に生菌数がほぼゼロ、という高い抗菌性を持つことが証明されています。

大人の平均的な1回分の尿が300cc程度。実際に同じ量の水に1袋7グラムの抗菌性凝固剤を振りかけると、数秒で写真のように固まりました。ひっくり返しても水分が落ちることはないくらい、しっかりと固まります。また、パウダー状の抗菌性凝固剤が瞬時に水分を吸収して固めることで、消臭効果もしっかり対策されています。

抗菌性凝固剤を振りかけると、数秒で写真のように固まる

抗菌性凝固剤を振りかけると、数秒で写真のように固まる

逆さまにしてもこぼれないぐらいにしっかり固まる

逆さまにしてもこぼれないぐらいにしっかり凝固

マンション内被災生活の場合、ごみ収集がはじまるまでの間、排せつ物を保管しておく必要があります。高い品質の抗菌性と消臭性を持つ災害用トイレだからこそ、安心して使えます。

防災トイレに必要な機能(2)収納しやすいコンパクトさ

個人でも管理組合でも、マンションの災害用トイレの備蓄で気になるのが、収納スペースです。「マイレット」の場合、1回分の凝固剤が1袋7グラム。大人が1日5回トイレを使用するとして、備蓄の目安は、4人家族の場合、1箱100回分で約4〜5日分となります。

4人家族の約4〜5日分100回分入り「マイレット S-100」を2箱置くとこのくらいのコンパクトなスペースで収まります。(写真提供:まいにち株式会社)

4人家族の約4〜5日分100回分入り「マイレット S-100」を2箱置くとこのくらいのコンパクトなスペースで収まります。(写真提供:まいにち株式会社)

 

防災トイレに必要な機能(3)長期保存が可能

置塩さん「防災備蓄品で気になるのは、やはり保存期限だと思います。マイレットは、10年という長期保存が可能です。これは10年経過した商品で抗菌試験を実施した結果、実証されています」

当社が行う防災イベントなどで災害用簡易トイレの紹介をする際、保存期限についてのご質問を多くお寄せいただきます。10年間保存できる「マイレット」の場合、入れ替える手間が減り、維持コストの削減にもつながります。

mylet_600_02災害用簡易トイレ「マイレット S-100」(100回分)は、こちらからご購入いただけます。(凝固剤と処理用の袋がセット)
災害用トイレセット マイレット S-100(外部リンク)
次ページ:被災時のトイレは生死の問題。東日本大震災時に搬送された災害用簡易トイレ>>

2016/01/15