もし、車の運転中に地震が起きたら?車の避難行動

もし車の運転中に地震が起こったら? マンション内での防災行動以外にも想定すべき事を考えておきましょう。

車の運転中に地震が起きたら?とるべき避難行動の基本

車の運転中に地震が起こったら、まずスピードを緩めて、ハザードランプを点けて、路肩に車を寄せてエンジンを止めて停車して様子を見ます。急にブレーキをかけて停車すると追突事故を起こす可能性があるので、落ち着いて行動しましょう。

路肩で様子を見て避難の必要があれば、ドアはロックせず、キーを付けたままで避難します。救護活動や事後処理に支障をきたさないために、放置車両を移動させる場合があるからです。これは必ず守ってください。

新宿や渋谷など、混雑した繁華街で地震に遭った場合の行動

駅前の繁華街や渋滞している道路では、左路肩に車を寄せられない場合があります。どこかに空いている駐車スペースがあったら、そこに車を停車してください。駐車スペースがなければ駐車場を探して、とにかくそこに自主的に停めましょう。混雑した道路から車を排除して、緊急通行車両を優先するために、とにかく自分の車が邪魔にならないようにしてください。

高速道路で地震に遭った場合の行動

高速道路を運転中に 「緊急地震速報」を聞いた場合も、大きな揺れを感じた場合も、道路で地震に遭った場合と同様、車間距離を十分にとってゆっくりスピードを落として、ハザードランプを点け、左路肩に停車します。

NEXCO中日本のHPに、高速道路で地震が起きた場合の対処方法を詳しく説明していますので参考になさってください。

NEXCO中日本「地震がきた!」

車を停めて様子を見ている場合、その後の状況判断

被害状況がひどい場合には、カーラジオをつけて、いかに避難すべきか判断してください。車は、シガーソケットからの充電や、ワンセグやラジオも聞ける、災害時にはとても頼りになるツールです。状況次第にもよりますが、すぐに車から離れるのではなく、今後の避難方法についてよく考えて行動してください。

私なら、被害がひどくなければ、車の近くの避難所を探します。夜間であれば、そこで泊まらせてもらい、日中は車の中で過ごして、情報収集や携帯の充電などを行うことができます。数日して車を動かせる状況になったら、車で避難して家へ帰宅してもよいかもしれません。

都心の場合は、閉鎖措置がとられるため、そこから出て行けても、中には入れなくなります。自宅が都心にある場合、しばらくの間は緊急車両優先で一般車は入っていけない可能性もあります。その点も知っておく必要があります。

マンションの駐車場で地震が起きたら、機械式駐車場は使わない

マンションの駐車場にいるときに地震が起こったら、無理に車の出し入れをしないようにします。機械式駐車場は、原則使わないでください。いつ停電で動かなくなるかわかりません。無理に作動させると車の損傷につながる可能性もあります。

非常時、マンションの駐車場への車の受け入れ問題についても検討

マンション管理組合としても、平時は不審者対策に取り組む一方で、首都直下型などが起こった非常時には“困った時はお互い様”の精神で、被災した人を助けるために行動したいものです。

災害が発生した非常時、近隣で車に乗車して困っている人には、マンションとしても空いている駐車場スペースに受け入れてあげるなどの協力が必要になってくるかもしれません。自宅へ戻れない人の車を受け入れてあげるということも、今後考える必要もあるでしょう。やむを得ず、マンション付近やマンションの駐車場に、車を置いて避難所へ避難する人がでた場合には、車の中に連絡先を入れてキーを入れたままにしてもらうなどの取り決めを、管理組合としてあらかじめ考えておきたいものですね。

マンションの駐車スペースを少しでも開放して、近隣の道路を閉塞状況に陥らせないことは、スムーズな救助活動を助け、巡り巡って自分達を助けることにもつながります。公的な災害時の視点を持ち、マンションとして、住民だけでなく一般の人々を助けるためにはどんなことかできるのか。自治体の防災課に相談するのもよいでしょう。ぜひ皆さんで話し合っていただければと思います。


マンション防災を家族で話し合うのと同様に、車での避難行動についてもご家族で一度話し合ってみてはいかがでしょうか? 事前に取り決めておけば、次の防災行動がわかってくるはずです。

2015/05/14

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所