災害用簡易トイレはどれがおすすめ? 使用感をタイプ別にテストしました!

台風や大地震など、万一の災害時に備えて、ご家庭で災害用簡易トイレを備蓄しているご家庭も増えてきました。しかし備蓄するだけで、実はまだ使ったことがないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、危機管理アドバイザー国崎 信江氏に、市販の災害用簡易トイレの吸収性や処理の仕方、使い勝手についてテスト検証して頂きました。また簡易トイレの代替品としてよく話題にされている猫砂やペットシートについても検証してみました。

マンションで被災生活した場合トイレが使えなくなる可能性は十分ある

もし大地震や台風の被害を受けて、マンションで被災生活をする場合を想定します。マンション内の配管が破損していたら、下階に汚水が逆流してくる可能性もあります。

震度5強以上の地震が起こったら、マンションのトイレが危ない?

災害断水時のトイレはお風呂の水で流せるから大丈夫と思っている人が多いようですが、下水道やマンションの配水管が壊れたら、その復旧にはかなりの時間が掛かります。マンションのトイレが使えない状態で被災している間、トイレをどう処理するかは大きな問題です。

しかし、災害用簡易トイレや非常用トイレを備蓄しているご家庭でも、実際に使用した経験がある方は少ないはず。では実際にどんな簡易トイレが理想的なのでしょうか。

市販の災害用簡易トイレ4種類の使用テスト

マンション・ラボ編集部スタッフが、個人的に備蓄していた災害用簡易トイレや私が持ち歩いている非常用トイレを持ち寄って、固まり具合や処理方法、使用感についてテストしてみました。

体重や年齢によって異なりますが、成人の一回の正常な尿量は、平均150〜200ml以上、1日の排尿量の正常値の範囲は500~2,000mlとなります。今回は1回分の尿量を280mlで想定してテストしています。

市販の非常用トイレのテスト条件

・1回分の尿として、色づけした水280mlを使用。
・主に固まり具合、処理方法、心理的部分についてテスト。
・テストした場所の制約上、臭いについてのテストは対象外。
・選んだ非常用トイレは、国崎およびマンション・ラボ編集部スタッフが個別に購入していたものから、タイプの異なるものを無作為に選抜。ユーザーの意見・感想として参考にしていただければ幸いです。

家庭の便器で災害用簡易トイレを使うための下準備方法

4種類の簡易トイレはどれも、便器にセットすることを前提としています。実際の便器内には水が貯まっていますので、その水に触れないために、便器カバーに大きなポリ袋をはめ込んでテープ止めしておきます。

便器をカバーしたポリ袋はそのまま外さないで、都度簡易トイレをその上にセットして使用するといいでしょう。これは、災害時に簡易トイレや非常用トイレを使う基本形として頭に入れて置いてください。

次ページ:では、実際に4種類の非常用トイレを試してみましょう>>

2014/08/11

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。国交省、気象庁、内閣府などの防災関係の委員などを務めている。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所

国崎信江のキキカンリTV