[マンション火災]119番の正しいかけ方「落ち着いて通報するために」

小さな火でも発見したら、すぐに119番通報する義務があります(消防法第24条)。いざという時に慌てずに、落ち着いて通報するためには、日頃から正しい119 番通報のしかたを覚えておくことが重要です。

どんな小さな火でもすぐに119番通報!!

火災を見つけたら、まず119番通報!!ですが、

初期消火ができる場合は、「すぐに初期消火」
初期消火ができない場合は、「すぐに避難」

というように、火災の程度を判断して行動してください。いずれの場合も、まず自分の身の安全を確保してから、119番通報することが大切です。

消防車そして、あなたが119番に電話した時点で、連絡を受けた消防車はすでに現場へ向かっています。電話応対の担当者に苛立つ必要はありません。電話で落ち着いて状況を述べれば、その情報は消防車にも随時連絡されます。

※ただし、震災などの大規模災害の場合には、消防署への電話も通じないので、自分で消火を行う必要があります。

火災発生時の119番のかけ方:いざというときに役立つ応対例

119番をかけるときは、落ち着いて、正しく情報を伝えましょう。どこの市町村でも質問はほとんど同じです。お子さんや高齢者のいるご家庭では、電話の近くに、住所や目印を書いた応対集を貼っておくとよいでしょう。

Q はい、119番消防署です。火事ですか、救急車ですか。
A 火事です。

Q 場所はどこですか?
A 住所は○○区○○町○—○−○番地 ○○マンション名○○号室です。
※はっきりした住所がわからない場合は、目標物を言います。

Q 近くに何か目印になる建物がありますか?
A ○○公園の近くです。
※最寄りのランドマークを知らせます。コンビニではなく、そこにしかない学校・公園・公共の建物をランドマークとしてすぐ言えるようにしておきます。ガソリンスタンドの場合は、●●のガソリンスタンドと、名前を追加します。

Q 火災の様子やケガ人は?
A ○○が燃えています。ケガ人がいるようです。
※ けが人の有無や逃げ遅れの有無などについても、具体的に言います。

電話Q わかりました。あなたの住所とお名前は。
A ○○区○○町○—○−○番地 ○○マンション名○○号室 ○○太郎 です。
※名前まで、ハッキリと答えます。

Q 今、お使いの電話番号は?
A ○○○○−○○○○番です。

※ケガ人の容体により、折り返し電話で応急手当の協力を依頼される場合があります。

2011/12/27

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所