大震災発生で、マンションのゴミが出せなくなったときの対策

3.11以降、被災地での震災ゴミや生活ゴミの問題が取り沙汰されました。災害後、ゴミ収集車が来ない・生ゴミが出せない状態にも対処できるよう、マンション生活での災害時のゴミ緊急対処法をまとめました。

災害後、ゴミは増えるが、ゴミ収集車は来ない

いつでもゴミ出しできる快適なマンション生活に慣れていると、ゴミを出せないという深刻な状況をイメージしにくいかもしれません。マンション・ラボで実施した「マンション防災意識アンケート」の結果から見てもわかるように、90%もの方が、何の対処法も考えておられません。

Q.ごみ置き場が使えないときの生ごみ・汚物の処理方法を考えていますか?

しかし大震災が発生した場合、しばらくの間は自治体によるゴミ回収は行われません。災害後、生活基盤である水・電気・ガスが使えなくなるように、ゴミ出しもできなくなることを理解して、マンション全体で対処できるゴミ出しのルールづくりを行っておきましょう。

「マンション防災意識アンケート」調査結果の詳細はこちら

災害後は、震災ゴミ・汚物・生活ゴミの3種類で対処を考える

災害後のゴミは、災害によって壊れた家財やガラスなどの「震災ゴミ」、家族の排泄物をまとめた「汚物」、日々の食事や生活で発生する「生活ゴミ」の3種類に分類できます。それぞれで対処方法が異なります(もちろんこれらは、自治体ルールに従った分別をする必要がありますが、ここではその点は割愛します)。


震災ゴミ

壊れた家具や食器、ガラス製品、家電製品など、災害によって被害を受けて使えなくなった物全般を指します。震災ゴミは、ガラス片から家具まで含め、容量が大きくて扱いに困るもの。これらを、住民全員がそのまま出したらマンションのゴミ置き場はパンクしてしまいます。

<対処法>
自治体から震災ゴミの回収指示があるまで、出さないようにします。表に積み上げておくと、ゴミがゴミを呼び、他の人がゴミを捨てにくることもありますので、なるべく敷地外にださないように。管理組合で、事前に震災ゴミの出し方ルール作りを行います。それまでは室内にまとめておく必要がありま
す。


汚物

マンションで自宅避難の場合で、なおかつ排水ができない(トイレが使えない)場合には、排泄物などがたまります。これらは汚物として分け、消臭と衛生対策を施しておきます。

<対処法>
・密閉式のビニール袋に入れて、漂白剤や消臭剤をかけておきます。
・水を使わない非常用ポータブルトイレなどは、凝固剤がセットされていて水分を吸収・固形化できます。

※注意:汚物処理に猫砂は使わないで!
「消臭効果もある汚物処理方法としてペット用の猫砂を使うといい」というアドバイスを見かけますが、これはおすすめできません。人間と小さな猫とでは、排泄物の量が圧倒的に違います。家族分の排泄物を処理するには、大量の猫砂が必要になり、汚物の量も倍になります。この汚物を高層階から地上へ階段を使って運ぶことを想像できていますか?汚物はできるだけコンパクトに圧縮して密閉処理が最適です。


生活ゴミ

ふだんの生活で発生するゴミ類です。食事の生ゴミなども生活ゴミに含まれます。生ゴミは、汚物と同様、消臭と衛生対策を施します。

<対処法>
・ 生ゴミは、新聞紙でくるんで水分を吸収させます。牛乳パックに入れてガムテープで止める方法も有効です。
・ 汚物と同様に、密閉式のビニール袋に入れます。
・ 100円ショップで売っている密閉チャック式のビニール袋が消臭に役立ちます。

いかにゴミを出さないか? ふだんのエコ意識が防災につながる

震災時のごみ問題を考える災害後のゴミ処理問題は深刻です。特に排泄と直結しているため、いかに衛生的な状態を維持できるか、マンション全体での協力体制が必須です。

ふだんのゴミ出しのマナーやエコ意識が、こうした災害時に生きてきます。家具固定や物を少なくした生活で災害に備えていれば、震災ゴミの量も違います。万一の災害時に備えて、いかにゴミを少なくして生活できるか、いざという時にいかに衛生的に生ゴミや汚物処理を行えるか、日頃から考えておきましょう。

2011/10/31

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所