地震から家族を守るために「持たない生活」を心がける

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生時、マンションの室内にいらした方も多いと思います。室内でものが倒れたり、破損するなどの被害に遭われた方も多くいらっしゃることでしょう。

今後もしばらく余震が続く見通しのため、引き続き警戒が必要です。備蓄品の準備ももちろん有効ではありますが、なによりもまずマンション居室内を安全な空間にしておくことがとても重要です。

今回のことで、家具の固定や部屋のレイアウトを見直そうとお考えの家庭も多いはず。この機会に真剣に室内の防災対策を見直してみませんか?

ガラス棚や家電、タンスなどに注意を

室内を防災面で見直するには、ガラスや陶器など飛散が想定できる素材箇所、大きな家具や家電、高い位置に置いてあるものなどを重点的にチェックしてください。

基本的に地震の際には、固定されていないものは全て「転倒」「落下」「移動」すると想像して配置すると、安全な置き場所をイメージしやすいはずです。

室内の地震対策はじめの一歩、まずはインテリアの配置をチェック

防災面でインテリアを見直すためには、写真で部屋を撮影してみるのも、客観的に見直しができてよいですよ。

今すぐ確認!室内の地震防災チェックポイント

□固定が難しい大型家具は、倒れてくる方向を検討し、安全な位置に移動する
大型の収納家具などは処分することも検討してみてください。それが難しい場合は当面の間だけでもひと部屋にまとめ、地震の時には絶対に近づかないようにするなどの工夫を。

□避難する動線上に家具やガラス類があれば移動する
特に玄関へつながる廊下などに倒れてくる家具や鏡を置かないこと。

□クッションをあちこちに配置しておく
とっさの時に頭を守ったり、飛び散ったガラスの床に敷くなど、怪我の防止に有効です。

□高い位置に重いものが置いてある場合、低い位置に移動する

□床の上に置いたまま、出したままのものは整理、排除する

□窓や飾り棚、食器棚、額縁などのガラス部分に飛散防止(兼防犯)フィルムを貼る

□ガラス製や陶製、金属製などの「壊れやすい・固い・重い」インテリアは、フェルトや和紙・革・樹脂製など「壊れにくい・柔らかい・軽い」素材のものに替える(ランプ、花瓶、写真立て等)

□壊したくない大切なものは、当面の間しまっておく

私の著書『マンションみんなの地震防災BOOK(掲載終了)』では、「命を守るための室内づくり」(p.34-35)として、家具の配置の注意点をまとめていますので参考になさってください。

持たない生活、を選ぶことも大切

部屋の安全対策を見直すには、よい機会です。いまの時期だからこそ、本当に大切なものを少しだけにする、といった意識改革が必要なのかもしれません。

今回の大震災が私達に教えてくれたものは数多くありますが、自分たちの暮らし方そのものを見直す、といった根源的なこともそのひとつです。

2011/04/18

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所