東日本大震災から立ち直った被災マンションレポート!~被害状況から復旧まで~

東日本大震災で被災したマンションは、どれほどの被害や避難生活を経て、その後どのように復旧したのでしょうか。

その活動こそ、首都直下地震が懸念される多くのマンション住民にとって、本当に必要な地震対策といえるでしょう。

そんな私たちの考えにご理解をいただき、取材にご協力いただけるマンションがありました。仙台市若林区にある、「サンライズマンション大和」です。

今回は、マンションの被災時から復旧に至るまで、中心となって活動された理事の皆さんに、被災直後の状況や対応、復旧までに至る経緯、そしてマンションに住むうえで大切なことをおうかがいしました。

マンション情報

宮城県仙台市
サンライズマンション大和
14階建て142戸(1986年築)
東日本大震災によって、通路の壁亀裂、躯体の一部損傷などの被害を受けたものの、理事会・管理会社・工事関係会社が一丸となって復旧計画に取り組み、早期修復工事を完了。強度の高いマンションとして生まれ変わりました。

今回取材に応じていただいた三名の方。左から、国枝副理事長、梅木理事長、高松理事。ご協力、ありがとうございました。

厄介なのは飛散したガラスと倒壊した家具

マンション・ラボ編集部(以下編集部):今回は取材にご協力いただき、ありがとうございます。さっそくですが、3月11日のことをお聞かせください。その時間、皆さんマンションにいらっしゃたのでしょうか?

国枝副理事長:その日は家にいたんだけれど、「ドーン」と大きな地震が一回起こったというよりも、何度も起こってどんどん大きくなっていったというかね。

梅木理事長:1回、2回、3回ぐらい来たかな。一旦静まったと思ったら、2回目がきて。終わったと思ったら、また3回目がきた。大きかった2回目が一番怖かった。

編集部:地震が起こった直後、住民の方はどんな様子でしたか?

国枝副理事長:エレベーターが止まって、みんな、ほとんど表へ出てましたよ。

梅木理事長:私は外にいってたもんだから、そのまま避難所へ行って、2時間ほどしてマンションに帰ってきたんだけど、階段を上がってみたら、通路にコンクリート片がゴロゴロ転がっていて、そりゃあビックリしたよ。

住民さんの中には、100メートル位離れた場所にある町内会館へ行った人もいて、そのあたりにも50人ほど避難したかな。

高松理事:私は、もうあきらめて、どこで死ぬのも同じだと思って自分のマンションに戻ったんだけど、車の中に避難した人もいたね。

国枝副理事長:そうだね。私も車では3日間ぐらい過ごしたかな。雪は降っているし、部屋は寒いし。車の中だと暖房が使えるから。

高松理事:私は対流型の石油ストーブ(※)が買ってあったんだけど、それが思いがけず役に立ったね。ただ、そのストーブが置いてある部屋へたどり着くまでに2日ほどかかったんだけどね。

(※)マンションによっては、持込が禁止されている場合もありますので、読者の方がご使用される場合は、お住まいのマンションの管理規約などをご確認ください。

編集部:部屋へたどり着くまでに2日かかったのですか?

高松理事:どこにストーブを置いてあるかはわかっていたんだけど、家具は倒れてるしガラス戸は割れて粉々になっていて、足の踏み場もないわけですよ。とても入れる状況じゃなかったんだよね。

部屋を掃除するには、まずガラスを拾って集めて、電気がないからホウキで掃除して、それからタンスを起こして、落ちた物を揃えて、また細かいガラスを掃除する、その繰り返しだったね。台所なんかめちゃめちゃでねえ。陶器類は、ほぼ全滅だったね。

編集部:室内の地震対策というのは、以前からされていらっしゃいましたか?

梅木理事長:突っ張り棒で家具の固定をやっていたんだけれど、何の意味もなかったですよ。揺れた方向が悪くてね。

室内からみた壁のひび割れ。震災直後、あまりの衝撃で壁に穴があいてしまった。衝撃の凄まじさがわかる。

高松理事:うちの場合は、家具の固定とかの地震対策をまったくしていなかったんですよ。だから「形」のあるものはみんな壊れてしまって。背の高い家具はバタバタ折り重なって倒れてしまったし、キッチンなんかでは、冷蔵庫は傾いてしまったしね。

梅木理事長:うちの買ったばかりの冷蔵庫は、壊れこそしなかったけど、倒れてもう寄っかかっているだけって感じだったよ。

編集部:お話をきいていると、特にキッチンが危ないようですね。

梅木理事長:あれ、あの食器棚の扉が地震で開かないようにする耐震ストッパーっていうのがあるでしょう?あれなんて、揺れが強いから全然効かなかった。外れちゃって、台所はめちゃめちゃだった。

編集部:防災グッズが対応できる揺れをはるかに超えていた、ということですね。室内に相当被害があったということは、共用部の被害も深刻だったのでは?

梅木理事長:通路の壁には大きな「×」形の亀裂が入ってね。柱とか躯体も一部が壊れてしまったし、高架水槽と受水槽にも穴が空いてしまってね。

通路側の壁のひび割れの様子(当時)。「×」形に亀裂が入っている。

高松理事:みんなほとんど同じところが壊れてしまったんだけど、とくに廊下に転がったコンクリートのかけらには驚いたね。

玄関の横にあるガスメーターや配管のあたりも一番弱かったみたいで、みんな壊れてましたよ。余震で何が落ちてくるかわからないので、廊下を通るのも怖かったね。

次のページでは地震直後の理事会や管理組合の対応についてインタビューします。

2013/03/05