マンションの防犯カメラの閲覧可否や録画保存期間を知っていますか?

マンションに設置されている防犯カメラの場所を知らない居住者も多いようです。万一の際の犯罪の抑止や検挙にも役立つ防犯カメラについて、理解を深めましょう。

犯罪抑止としての防犯カメラの重要性

ほとんどのマンションには、防犯カメラが設置されています。防犯カメラが設置されているだけでも、侵入犯などへの抑止力があります。「防犯カメラ作動中」という張り紙も犯罪者にはひとつの脅威となります。さらに万一犯罪が発生した際には、検挙に役立つ可能性もあります。
マンションの防犯に欠かせない防犯カメラですが、設置されていることに安心して、実はどこに設置されているのかなどの詳細を知らない居住者が多いのも確かです。自分たちのマンションの防犯です。チェックやメンテナンスにも、管理組合として意識的に取り組みたいものです。

防犯カメラの管理者・設置場所・運用規則・保存期間を把握しておく

防犯カメラの管理者を確認しておく

管理組合、警備会社、マンション管理会社のいずれかが、防犯カメラを管理しています。お住まいのマンションの防犯カメラがどのような管理体制にあるのかを確認しておきましょう。

設置場所や撮影範囲を確認しておく

防犯カメラは、マンションによって異なりますが、一般的には、エントランス、エレベーター内、駐車場・駐輪場などに設置されています。また、設置場所と同じくらいに重要なのが、どの範囲まできちんとモニターに映っているのかということです。エレベーターに設置されている場合は、乗降者の顔がきちんと見えているか?操作盤まで映っていて何階で乗降したのかがわかるか?といった部分まで確認しておきたいですね。
また、居住者の防犯意識を高めるために、マンション内の防犯カメラの位置とモニター状況を確認するために、防犯ツアーを企画してみるのもよいでしょう。

録画画像は、誰もが閲覧できるわけではない—防犯カメラの運用規則を知る

一方で、防犯カメラによって個人のプライバシーなどの人権が侵害されないように配慮する必要もあります。通常、録画された画像については、理事会の許諾なしに勝手に閲覧することはできない、といった、管理や保管期間についての運用規則が定められています。予め、確認しておくとよいでしょう。

防犯カメラの最新トレンド

最近の防犯カメラの技術向上には、目を見張るものがあります。たとえば360度視野の録画、高解像度録画、音声も伝わる監視カメラなど、機能の性能も従来のものと比べて、大きく進歩しているように感じます。大規模修繕の際には、こうした最新の防犯カメラシステムの導入を検討してみるのもいいかもしれません。常に最新情報をチェックしておくのは、防犯意識を高めるためにはとても有効です。
また、防犯担当の理事の方などは、マンション・ラボでもレポートしているセキュリティーショーなどで、こうしたセキュリティのトレンドや新機能をチェックできますので、ぜひ足を運んでみるのもいいでしょう。

お住まいのマンションの防犯は、決して他人ごとではなく、“自分ごと”として一人一人意識することが大切です。「どこに防犯カメラが設置されているのか」を知ることもひとつの機会です。ぜひ、積極的にお住まいのマンションの防犯体制に関わるように心がけてみてください。

以下の記事も合わせてご覧ください。
マンションのゴミ置き場の防犯対策は意外と盲点!?

マンションのインターホンを防犯面で使いこなす方法

2012/09/13

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所