ついやりがちなNG風水を診断!家具の配置編~相談者Dさん①~

良い風水のマンションであっても、物の配置が悪いと家の良いエネルギーは発揮されず、運気が上がりにくい状態になります。今月は、Dさんのマンションの風水診断をしながら、人生がうまくいかないと感じるときにチェックしたいNG風水ポイントについて説明していきたいと思います。

Dさん宅の間取り

廊下に棚を置くのはNG。廊下に障害物があると、人生を歩む上でも邪魔や障害が入るということにつながります。

住まいに物があふれていると心の中にはいつもモヤモヤした感じがあり、暮らしの中にもゴタゴタが起きやすいものです。今回診断に伺ったDさんのマンションは、リビング・ダイニングの他に6畳の部屋が3部屋と、5畳のお部屋が1部屋ある広さですから、物であふれているお宅ではありません。でも、風水診断をしてみると家具の配置が悪いせいでDさんはなんとなくツイていないと感じることが普段多いのではないかなと思います。

今回一番気になったのは、寝室とトイレの間の廊下に並んでいる収納棚と収納ボックスです。

廊下にある家具は、通り道に障害物があるということなので、人生を歩む上でも邪魔や障害が入るということを暗示しています。まずはこれを移動させないといけません。

この棚があるべき場所はリビング・ダイニングです。リビングを見てみると背の低い棚がほとんどです。

低い棚を背の高い棚に換えると、かなり収納力が増し余裕が持てます。ダイニングテーブルのそばのミシンをのせた小さな座卓とその隣の低い棚のある位置に置きましょう。なお設置する場合には、地震に備えて固定することも考えておくといいですね。

ミシンは、Dさんの奥様がこれからお裁縫を趣味にしていこうと最近購入されたばかりということです。お裁縫の趣味というのは、余り布を捨てずにとっておいたり糸もいろいろな色をそろえたりと、細々したものが増える趣味です。現在はそのための布などを廊下に置いている棚にしまっていますが、趣味のものはしばしば楽しみたいですから、出しやすい場所にひとつにまとめて収納することがポイントです。

ですから、この棚の中にミシンも布もしまいましょう。そうすれば、ダイニングテーブルの上で縫い物をするとき、さっと取り出せて便利になります。お子さんが3人いらっしゃるご家族ですから、奥様はさぞ家事が大変だと思いますが、お子さんたちが少し大きくなって趣味を持つ余裕が出てきたというところなのですね。お裁縫は実際に役立つことですがそれを家事ととらえずに趣味と考えるなんて素晴らしいことです。是非、使いやすい状態を整えて、お裁縫を楽しまれるといいですよ。

普段使用しないものは思い切って捨てるのが良い風水につながります

ミシンを置いている台を見てみましょう。私の実家にも子供の頃、こんな表面仕上げのテーブルがありました。昭和の頃を懐かしく思い起こさせるデザインです。

きっとご実家からお持ちになったのでしょう、と思い尋ねてみると、Dさんがご実家の片付けの手伝いにいったときに持ち帰られたものだそうです。でも、その机の上にミシンを置いているということは、普段使っていない机なのだと推察できます。思い出の品であっても使わないものなら処分するほうが良い風水です。たまに使うことがあるのなら、この座卓はせっかく脚をたたむことのできるタイプなのですから、その特性を生かして脚をたたんで壁と棚の間の隙間にしまいましょう。

こちらのコラムも合わせてご覧ください。
知らないうちに運が下がるNG風水:使わないのに処分できないもの
寝室や廊下に物が山積み!家族の活力を奪う悪い風水の改善法

クローゼットの前に物を置くのはNG!運命の扉が開かずチャンスに恵まれないかも・・・

さて、もう一点非常に気になるポイントがあります。お嬢さんのお部屋に女の子らしいピンクの円形の座卓と大きなぬいぐるみのような椅子がありますが、それらはクローゼットの扉の前にあります。

この配置だと、クローゼットの開け閉めをするときにとても邪魔です。風水の観点から言えば、開くはずの運命の扉が開かないということになり、チャンスに恵まれなくなります。それに、扉の開け閉めが面倒な状態だと、ついつい洋服をしまわずに椅子の背もたれにかけたりなどしがちになります。お嬢さんが片付け上手に育つためにも、この配置は考え直す必要があります。

このピンクの机と椅子は、処分せずにリビングで使うというチョイスもありますが、リビングにすでに前述の机がひとつありそれと用途がかぶります。ですから、どちらかは処分するということになります。

こういった低い机は子どもたちが使うのには便利なものですので、私だったら古いほうの机は今のインテリアに合っていないので処分して、ピンクの机をリビングへ移し、姉弟(小6、小5、小3)が3人で漢字の書き取りや計算問題を解いたり、絵を書いたりするのに使います。小学生のお嬢さんのために買った机なら、子供がある程度成長したら処分するつもりの机でしょうから、それなら汚れても気にならないので、のびのびと自由に使わせることができます。

Dさんのお宅は3人のお子さんに恵まれたうえにも、犬や金魚を飼っていたり、バルコニーでは植物をいっぱい育てていたりと、とても活気に満ちたマンションです。活気に満ちた家は、それだけ陽の気が満ちた良い風水の家です。ただ、家具や物の配置に残念なところがあったので、今回は廊下の家具と扉の前の家具についてお話ししました。この二点を改善するだけでも、人生が計画通りに進まないと感じさせられるような障害を呼ぶ気をはらうことができるし、家を満たしている陽の気のエネルギーが活性化して運気がぐんと上がるはずです。

Dさんのお宅の風水診断は、次回も続きますのでお楽しみに。

その後のDさん宅のリビング

取材を終えた後、Dさんが早速アドバイスしたことを実践してくださいました。

冒頭で触れた廊下に置いていた棚がリビングに移動されています。廊下の障害物を取り除くことで、お部屋の風水がグンとよくなりました。


工藤沙美先生の人気の風水コラムはこちら!NG風水について興味が沸いた方は下記を是非ご覧ください。

知らないうちに運が下がるNG風水:トイレのNG風水
風水で良い写真の飾り方・整理の方法!
知らないうちに運が下がるNG風水:アンラッキーなモチーフ

2014/11/12

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています