梁の多い寝室の人気運と健康運をアップ!~相談者Yさん その2~

前回の記事でご紹介したように、Yさんのマンションはお部屋全体の形が変わった形です。リビングダイニングの中央の天井や、寝室の天井に、大きな梁があります。今回は、寝室の風水を診断します。

相談者Yさんのお宅の間取り

今回は、寝室の風水をアドバイスします。

梁の多い部屋の注意点!梁の下にソファやベッドを置かない

部屋の中央にある梁。ソファの上の位置からはうまく外れています。

梁の下は気がよどむので、そこで長時間過ごすのは良くありませんから、ソファなどは置かないようにします。

Yさんは、梁の影響の無い場所にソファを配置しているので、気持ち良く過ごせるリビング・エリアになっています。

寝室のベッドの位置は、「枕側に壁を!」が運気アップ

南に植物のモチーフがあると人気運アップ

寝室の壁の植物モチーフのシール。曲線も良い風水です。

寝室はどうかというと、こちらも工夫して、素敵な寝室になっています。

寝室の壁の模様は、シールでできていて、簡単にはがすこともできるものです。大きな植物の柄が、お部屋全体にインパクトを与えています。

その壁は南の方位にあり、南に植物の絵や柄があると、人気運が上がります。

Yさんのベッドの位置の問題点は、サポート運がないことと殺気があること

ただ、ベッドの位置は、風水的に見て良くありません。一番してはいけないことです。
まず、ベッドの位置。ベッドは枕側が壁についている位置が理想的なのですが、壁でないならせめてベッドのヘッドボードが必要です。Yさんのベッドは、壁も窓も無いところに枕があり、しかもヘッドボードがついていません。これはバックアップしてくれるサポートを失う暗示です。

Yさんは写真の右側を頭にして眠っています。ベッドの枕元には、サイドテーブルとタンスの角があるので、これが殺気となります。

そのうえ、近くにある家具が角を頭の方向へと向けています。角は殺気を放つものなので、頭に殺気を浴びる配置になっています。加えて、体の上に梁があります。

ベッドの位置を変えてサポート運アップへ

ベッドの位置は図の位置に移動することにしました。これで、枕側に壁があることになるし、家具の角からの殺気を浴びずにすむし、梁の影響も少なくなります。この変化だけでも、今後の運気は大きく上がることでしょう。

ベッドは、窓際に近づけ、壁を頭にした方向に移動します。

寝室は、一日の三分の一を過ごす部屋です。寝室の風水を整えて、安らかに眠ることが全体の運気アップにもつながります。皆さんも寝室のベッドの位置を見直してみてください。次回は、フリーランスとして活躍されているYさんの仕事運アップのアドバイスです。

健康運アップにはベッドの位置が大切です
快眠のための、寝室の風水インテリア基本ルール

2012/10/26

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています