風水の観点から見る、鏡をつけると良い場所・悪い場所

鏡を付けてはいけない場所

逆に、鏡をつけてはいけない場所についてもお話ししましょう。鏡はドアや窓の正面につけてはいけません。気を屋外にはね返してしまうからです。部屋のドアの真正面も避けましょう。これも、気の流れをおかしくしてしまうからです。実際、生活していて、部屋のドアを開けたときに真正面に鏡があったらギョッとしますよね。

それから、ベッドが映る場所にも鏡をつけてはいけません。気を乱し、眠りを妨げるからです。もし、寝室にドレッサーなどがある場合は、眠るときに鏡に布をかけるといいでしょう。

寝室の風水はこちらを参考にしてみて下さい。
快眠のための、寝室の風水インテリア基本ルール

それと、鏡は物を映し出すので、良い風水のものを映せば、幸運を二倍にすることになりますが、悪い風水のものを映す場所には鏡を置いてはいけません。例えば、花や果物やダイニングテーブルの正面に鏡を置くのは良い風水ですが、キッチンやトイレや階段の正面に鏡を設置してはいけません。

トイレの風水はこちらを参考にしてみて下さい。
トイレ風水で運気アップ!ラッキーカラーとインテリア

鏡を付ける高さにも注意!

もうひとつ、鏡を壁に貼る際に注意しなくてはならないのが、「鏡をつける高さ」です。頭が切れて映ると、その人の繁栄の終わりを意味するので、頭のてっぺんまで映る高さにしましょう。鏡を見るときにかがみこまなきゃならないとしたら、嫌ですよね。

このように、正しい風水を知っていれば、運が良くなるだけでなく、居心地の良い住まいづくりにも役立つので、鏡を設置するときには、ぜひ風水も意識してみてください。

2013/11/20

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています