マンション共用部の風水を整えて、自宅の運気を活性化

今回はマンションの共有部の風水についてお話ししたいと思います。戸建に住む方にとっても参考になる部分があると思いますので、是非読んでください。

エントランス、廊下、バルコニーの風水をチェック!

広くて開放的なエントランスの風水を整え、運気をUP

まずはエントランスです。エントランスは開放的な場所として風水的にも非常に良いです。

建物の入り口が広くて立派なほどたくさん気が入って、良い風水となります。しかしエントランスの入り口が汚れていると入ってくる気が淀んでしまいとても悪い風水になってしまうので、掃除は非常に重要です。

枯葉の積もる季節や雪の降る季節にも、掃除や雪かきを管理員さんが代わりにしてくれるので安心ですが、エントランスの掃除を管理員さん任せにしているのは良くありません。ゴミが落ちていたら拾うなど、共有部でも自分の住まいなのだという意識を持ちましょう。

廊下も同様です。そういった善い行いは、自分の運気を上げることになるので、積極的に行いましょう。

廊下に物を置くのは運気を下げる一因に

続いては、自宅前の廊下についてです。
よく三輪車やベビーカーが出しっぱなしだったり、傘立てを置いたりしているのを見かけることがありますが、これはルール違反です。自宅前の廊下であっても、廊下は共有部なので物を置くことはできません。

風水の観点から言っても、玄関前に物を置くと自分の部屋へ気が入りづらくなり運気が下降してしまうので、玄関前に物を置いてはいけません。お隣のお宅がもし廊下に物を置いていたら、当然ルール違反ですし、自分の風水にも関わります。お隣の方に片付けてもらえるよう、例えば管理員さんから言ってもらうなども一案です。

また、玄関のドアやドア周りに飾りをつけるのも、マンションのルールとしてNGです。ドアの内側に季節感のあるものを飾るのはおすすめです。クリスマスのリースやお正月飾りをつけるなど、季節に合わせた飾りを玄関ドアの内側につけましょう。玄関に季節感を出すと、良い気を家に招くのでおすすめです。

バルコニーもエントランス同様、開放的にしましょう

最後にバルコニーについてです。一見専有部と勘違いしがちですが、正しくはバルコニーも共用部です。

バルコニーに物置を置いて使わないものを収納する方もいますが、良い考えではありません。非常時に避難する際、大きな物置が邪魔になるということもありますが、風水的にもおすすめできません。というのも、「これは使わないから物置に入れておこう」と判断した時点で、それはもうあなたにとって必要ないものなのだからです。

そういった不要物は、新しいラッキーチャンスが入ってくるのを邪魔します。

ですから、要らないものを収納するための容れ物を用意するというのは、悪い風水を招くことになるのです。

バルコニーについての風水は、こちらで詳しく解説しています。
知らないうちに運が下がるNG風水:バルコニーのNG風水


共有部も自分の住まいの一部です。こんなふうに、共有部のルールと風水にも気を配って、住まい全体の風水を整え、幸せを招きましょう。

2013/10/02

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています