パワーストーンの浄化方法や正しい取扱い方

きれいな石は、大地が生み出す気のエネルギーの結晶です。上手に使って運気アップに役立てましょう。今回はパワーストーンの浄化法、割れたときの対処法、そして、パワーストーンのしまい方についてお話しします。

パワーストーンの浄化法

まず浄化方法についてお話しします。水や塩、日光で浄化する方法もありますが、石によっては不向きなものもあって、変色や劣化の原因になる場合もあります。

でも、次の3つの方法なら、どの石でも安全に浄化できます。

【1】お香でいぶす

お香やお線香を焚いて、パワーストーンを煙にくぐらせます。お香は、何の香りでもいいので、好きな香りを選びましょう。パワーストーンを、火にあまり近づけ過ぎないように気をつけて行いましょう。

【2】クラスターの上にのせる


クラスターというのは、ある程度の大きさのあるかたまりのことで、六角柱状の水晶が何本かついている状態のことを言います。透明な水晶や紫水晶のクラスターは、充電器のようなもの。

クラスターの上に、浄化したいパワーストーンをしばらくのせておけば、そのパワーストーンがもともと持っていたエネルギーを取り戻します。

【3】月の光に当てる

優しく聖なる力を持つ月の光を浴びると、パワーストーンは浄化されます。きれいな月の夜に、窓から月光が射したら、そこにパワーストーンを置いて休めましょう。短い時間でも効果は充分です。満月の夜がベスト。

パワーストーンが割れたとき、紛失したとき

大事にしていたパワーストーンが何かのはずみで割れてしまったら・・・。それはあなたに起こるはずだった不運を受けて身代わりになってくれたからなのです。

悪いことが起きるのではないかという心配は無用です。すでに石が厄払いをしてくれているからです。割れた石は処分して大丈夫なので、感謝の気持ちを込めてお別れし、すぐに代わりの新しい石を探しましょう。

パワーストーンのしまい方

アクセサリーとして使っているパワーストーンは、かたづける場所をきちんと決めておきましょう。決まった場所に戻すことによって、パワーストーンのエネルギーが復活します。

引き出しや箱の中に入れずに、お部屋に飾ってもOK。飾るときには、フックにかける場合は少し高いところに。置く場合は、お皿などの上に。

アクセサリーではなく、室内に置くタイプのパワーストーンの場合も同様です。置く場所はどの方位でも構いませんが、北の方位だけはパワーストーンをたくさん置くのは良くありません。北を司る水のパワーを埋め立ててしまうからです。

透明な水晶はどこの方位でも構いません。
パワーストーンの色を意識して、ラッキー方位に合わせて飾るのも良いですよ。表を参考にして、ぜひお試しください。

以下の記事でもパワーストーンについてご紹介していますので、合わせてご覧ください。
パワーストーンの正しい飾り方を知っていますか?
幸運を招くクリスタルは、我が家の間取り図を見ながら飾りましょう。

2013/05/08

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています