お札の場所はどこが最適?マンション風水、お札やお守りの飾り方

初詣や旅先でいただいたお札(おふだ)やお守りはどうしていますか?マンションでの飾る場所がわからない方、何年も放置して処分に困っている方の疑問にお答えします。

マンションの場合、お札は上の階の人の通り道にならない場所に飾る

新しいお札を頂いたら、神棚にあげますが、神棚が無い場合は、神棚を置くべき位置に飾るということになります。神棚の位置は、南向きまたは東向きが良いとされています。

また、目線より高い位置にまつるのがベストです。お札の上を人が頻繁に通るような場所では、お札を大切にまつっていることにはならないので、マンションの場 合、上の階のことを考えないといけません。例えば、リビングの入り口の上だと、上の階やその上の階で人がしょっちゅう通ることになるので不向きです。お札 をまつる場所は、その上が人の通り道にならないようなところを選びましょう。

インテリアとしては、お札のそばには、明るい色の和小物を置くと、良い雰囲気になるので工夫してみてください。

お札とお人形

お札やお守りは、役目を終えたら返納する

風水では使っていないものをいつまでもとっておくのは悪い風水であると考えますが、神社で頂くお守りやお札も同様です。入試合格のお守りや安産のお守り、厄除けお守りなどは、役目を終えた時点で、頂いた所へ納めに行きお礼の参拝をします。

また、そういった期限の無いお守りの場合も、何年も机の中に放ったらかしにしてはいけません。お守りは持ち主の身代わりとなって不運を受けているものなので、お守りを頂いてから一年が経ったら神社へ返すものです。お守りを頂いた神社まで行かなくても、地元の神社で構いませんので、納めに行きましょう。

初詣の際に古いお守りやお札を納めて新しいものを

神社では、お焚きあげといって、戻ってきたお守りやお札や破魔矢などを、かがり火で焼いて、祓い清めてくださいます。たいていお正月には、お焚きあげをしている神社が多いので、初詣の際に古いお守りを持っていきましょう。

※写真はイメージです。

2011/12/28

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


「英国式風水で幸せになるインテリア術」

「英国式風水で幸せになるインテリア術」

こんなお洒落な風水なら、きっと試したくなる。 「幸せになる」お部屋づくりのヒントを、美しいインテリア写真を使ってわかりやすく解説した工藤先生の著書。従来の風水関連書籍にはないハイセンスなインテリアや小物使いのテクニックは、コーディネートの参考にもなります。 (発行:トーソー出版 企画制作:株式会社デュウ)

購入はAmazon.co.jpサイトへ