マンションのダイニングを、風水で居心地のよい場所に

ダイニングテーブルの位置を再チェックしませんか?

ダイニングテーブルは、家族が一緒にご飯を食べる場所ですから、家の要 (かなめ)となる場所です。要なので、キッチンとリビングの間にあるという場所が最適。ご自分の部屋のダイニングテーブルの位置はそうなっているかどうかチェックしてみましょう。そうでなければ動線が悪く、疲れる家となります。

動線を配慮した位置に

最近のマンションですと、リビングとダイニングが続いていて、キッチンと対面式になっているところにダイニングテーブルを置くことを想定して設計されているのが一般的で、設計者の意図に添った場所に素直にダイニングテーブルを置くのが順当です。動線の悪い家は、無駄な動きが多くなり、ついにはフラストレーションがたまるため、動線が原因で老け込むことすら見受けられます。

ダイニングテーブルの整理アイデア

ダイニングルームは、ご飯を食べる場所ですが、食べ物は豊かさの象徴であり、食べる部屋は繁栄の運気を上げる部屋です。ですから、ダイニングルームを整理整頓した状態に保つことは、金運アップにつながるわけです。そのため、ごちゃごちゃとテーブルの上に物を置きっぱなしにしないようにしたいものです。テーブルの上で使いたい調味料類は、1つのカゴにまとめて入れれば、出し入れが簡単ですね。

キッチンとダインニングには区切りを

カウンターキッチンはダイニングとの仕切りに有効食事を摂るダイニングルームとは逆に、食事を作るキッチンのほうは、金運を下げることにつながる、悪い風水の部屋と言われています。ですから、ダイニングルームとキッチンが一体型のつくりは、良い風水とは言えません。悪い風水の場所を、ダイニングルームにまで広げてしまうことになるからです。

カウンターキッチンは仕切りになる

ダイニングルームとキッチンが一体型といっても、最近のマンションに多いカウンターがキッチンとダイニングの間にあって仕切っている形なら、まったく問題ありません。

床材やキッチンマットで手軽に区切り

そうでない場合は、キッチンの床材を変えることにより、区別をするといいです。もっと手軽な方法は、キッチンにキッチンマットを敷くことです。

家族が自然と集まる、美しく居心地の良いダイニングルームづくりの秘訣を、来週、再来週も引き続きお教えしますので、お楽しみに。

※写真はイメージです。

2011/04/06

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


「英国式風水で幸せになるインテリア術」

「英国式風水で幸せになるインテリア術」

こんなお洒落な風水なら、きっと試したくなる。 「幸せになる」お部屋づくりのヒントを、美しいインテリア写真を使ってわかりやすく解説した工藤先生の著書。従来の風水関連書籍にはないハイセンスなインテリアや小物使いのテクニックは、コーディネートの参考にもなります。 (発行:トーソー出版 企画制作:株式会社デュウ)

購入はAmazon.co.jpサイトへ