運気アップには、春の花々を飾りましょう

インテリアとしてのお花飾りは、運気アップにつながるラッキーアイテム。

「花が開く」「花が咲く」という言葉は、成功するという意味があるので、花を飾ることは、どの季節であっても運気アップにつながりますが、特に春には効果が高いです。というのは、春は「木」のエレメントの季節だからです。「木」のエナジーを高めると運気が上がるわけで、家の中に花を飾ることが一番効果的です。是非、春らしい花を飾って、癒されると同時に、開運につなげましょう。

春の訪れを感じさせる、「母の日」のお花もオススメ。

春の訪れを感じさせる花といえば、水仙、チューリップ、ストック、フリージア、スイトピー、アネモネ、桜、すみれ、ヒヤシンスが挙げられます。

春の訪れを感じさせる花のアレンジメント

早春といえば、私が以前住んでいたイギリスで、街道沿いにいっせいに鮮やかな黄色い水仙が咲き、春の訪れを告げる光景を思い出します。イギリスは世界で最初に「母の日」ができた国です。イギリスの「母の日」は、日本より少し早くて3月から4月。ちょうど水仙の咲き誇る時期なので、「母の日」には、おかあさんに水仙の花をプレゼントするのが慣わしです。

日本では、5月の「母の日」にカーネーションを送るように、カーネーションも春らしい花の1つです。カーネーションには四季咲きの品種もあり、非常にもちの良い花なので、一年を通じて飾りやすい花でもあります。

お花が主役になる飾り方は、バランスと統一感。
ミニ・カーネーションとパセリを使ったプチアレンジメント

ミニ・カーネーションとパセリを使ったプチアレンジメントです。天使の置物と一緒に飾りました。

インテリア的に考えても、たくさんの飾りをいっぺんに並べると、おしゃれ感が出ず、逆に垢抜けないかんじのインテリアになってしまいます。お花を飾るときには他のものを引っ込めるなど、バランスをとるようにしましょう。

2点以上飾るときには、写真のようにトレイ(平皿)か敷物の上に飾ると、統一感が出て品良く飾れます。

2011/03/24

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


「英国式風水で幸せになるインテリア術」

「英国式風水で幸せになるインテリア術」

こんなお洒落な風水なら、きっと試したくなる。 「幸せになる」お部屋づくりのヒントを、美しいインテリア写真を使ってわかりやすく解説した工藤先生の著書。従来の風水関連書籍にはないハイセンスなインテリアや小物使いのテクニックは、コーディネートの参考にもなります。 (発行:トーソー出版 企画制作:株式会社デュウ)

購入はAmazon.co.jpサイトへ