私たちにできることと言えば、節電です。

3月11日の東北地方太平洋沖地震は、東京に住む私にとって、今までにない大きな地震でした。このコラムを読んで下さっている方は、きっと大きな被害に遭わず、こうして私のコラムを読んで下さっていることと存じますが、ご家族やご親戚、ご友人が被害に遭われた方もいらっしゃると思います。心よりお見舞い申し上げます。

現在、東北地方をはじめ被災地では助けを待つ方々がたくさんいらっしゃいます。それに比べれば東京で多少不便な思いをすることはなんともないのですが、電力不足が気になります。大規模停電となると産業もストップしてしまいますし、人工呼吸器などの医療機器をつけているなど生きるのに電気を必要としている方もいらっしゃいます。そこで、私たちにできることと言えば節電です。

風水の観点から言っても、節電するのは良いことなのです。

風水は環境がくれる運なので、私たちもエコに対して配慮をすれば、それだけ運気が上がるということになるのです。電力を作るには二酸化炭素を排出したりして、環境には良くないわけですから、なるべく電気を使わないということは、エコに配慮しているということになります。

さて、節電の方法についてですが、まず消費電力の大きい電気製品の使用を控えましょう。その代表とも言えるのがエアコンです。エアコンをなるべく使わないようにするには、この季節はまだ寒いので、日が暮れたらカーテンを閉めて断熱しましょう。そして、家の中でも暖かい格好をしましょう。体温が下ると免疫力が下がり、病気にかかりやすくなるので、体が冷えないように気をつけましょう。お風呂にゆっくりとつかって暖まるのも良いですね。

炊飯器も電気消費量が高いです。多めに炊いて小分けにラップで包み、冷凍庫に入れておくのがおすすめです。そして、使わない電気品はコンセントを抜いておきましょう。テレビなどは使っていなくてもコンセントが入っているだけで、意外と電力を消費しているのです。ちなみに電子レンジは、温める量が多いほど時間がかかるので、いっぺんに温めても節電の意味はありません。

関東・東北地方に限った節電方法になりますが、お料理もなるべく電気を使わずガスを使いましょう。例えば炊飯もガスを使ってお鍋で炊けるならそれが一番です。または、たまにはパエリアやリゾットをフライパンで作っても良いですね。無洗米なら水につけずにそのまま、油を敷いたフライパンで炒め、水を少しずつ足していきます。芯が残るくらいで火を止めて、ゴルゴンゾーラチーズとミルクを入れれば、ゴルゴンゾーラ・リゾットのできあがり。チーズではなく、シーフードとトマトの水煮の缶詰を入れればパエリアのできあがり。ケチャップや塩コショウで味を整えて下さい。パセリのみじん切りをのせるとプロっぽくなります。

電力消費量の一番高い時間帯は、午後6時から8時頃です。日が暮れて、人々が帰宅して明かりをつけ、暖房をつけ、夕食の支度をするため、この時間は使用量が集中してしまうようです。ですから、なるべくこの時間を避けて食事の支度ができるといいですね。炊飯器、電子レンジ、洗濯機は特に電気消費量が高いので、できるだけ違う時間に使いましょう。

それでは、私もパソコンを使っているのは電気がもったいないので、今日は時間をかけて推敲することはせず、この辺で終わりにします。皆さん、お身体を大切にお過ごし下さい。

追伸:
最近のマンションは便利な機能が満載です。私のマンションにも食器洗い乾燥機やウォシュレットはついていますが、こんな折なので、食器は手洗いし、ウォシュレットの電源も切りました。便利な生活に慣れていると、普段と同じ生活ができないだけで不便に感じるものですが、被災地の方々のことを考えればこのくらいのことはなんでもないことですよね。
お互い思いやりの気持ちを持って協力し合い、電力不足を乗り越えましょう。

2011/03/15

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています