運気アップには、方位に合わせたオースピシャスな図柄の絵を飾りましょう!

風水は物の持つ意味を活用するものなので、素敵な絵は運気アップにつながるアイテムです。
江戸時代には、宝船に乗った七福神など、様々な吉祥図(幸運を呼ぶ絵)が流行り、掛け軸にしたり、枕の下に敷いたりしました。それを現代のインテリアに取り入れるなら、モダンな絵にしたいものです。玄関に船の絵を飾れば、宝船が家に入ってくる、つまり金運アップを意味するのでおすすめです。

他には、学業運のゾウや、出世運の魚や、長寿を意味する竹など、オースピシャスな(幸運を呼ぶ)図柄があります。吉祥図とは逆に、不安感をかきたてるような絵は、縁起が悪いとされています。

風水では、方位ごとのエレメント(木火土金水の5要素)を増やすことで、運気を強めるという開運法がありますが、それにも絵を利用しましょう。
例えば、東と南東の方位は、「木」の方位なので、花の絵や森の絵を飾ります。木製のフレームに入れれば効果倍増です。東なら健康運、南東なら金運アップにつながります。西や北西の場合は、「金(メタル)」の方位なので、白や黄色い絵を、金属製のフレームか金色に塗ったフレームに入れると良いです。西なら子供(子宝)運、北西なら後援運が上がります。
そんなふうに各方位に合う絵とフレームを選びましょう。


※写真はイメージです。写真提供/トーソー出版/「英国式風水で幸せになるインテリア術」
※当記事は株式会社つなぐネットコミュニケーションズ運営サイト「Chorocobi」に過去掲載した記事を転載しています。

2009/09/16

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


「英国式風水で幸せになるインテリア術」

「英国式風水で幸せになるインテリア術」

こんなお洒落な風水なら、きっと試したくなる。 「幸せになる」お部屋づくりのヒントを、美しいインテリア写真を使ってわかりやすく解説した工藤先生の著書。従来の風水関連書籍にはないハイセンスなインテリアや小物使いのテクニックは、コーディネートの参考にもなります。 (発行:トーソー出版 企画制作:株式会社デュウ)

購入はAmazon.co.jpサイトへ