「東洋一」の同潤会、江戸川アパートメントに存在した昭和の古き良きコミュニティ

撮影(有)建築情報 浅賀 崇

以前 “最後の同潤会”上野下アパートの取り壊し前の姿を紹介しましたが、今回は、同潤会シリーズの中でも「東洋一」と呼ばれた江戸川アパートメントの元居住者に、往時の様子をうかがいました。

日本に初めてアパートという概念を持ち込んだ同潤会が、どんなコミュニティを育んできたのか、そこに暮らした人の思い出や写真と共に振り返ってみましょう。

日本の鉄筋集合住宅の先駆け〜同潤会

同潤会は、関東大震災の義援金を元に、大正13年に内務省によって設立された財団法人です。大震災を受け、不燃造りの鉄筋ブロック造りの集合住宅の計画的な供給を推進し、合計16棟の同潤会アパートを建築しました。

昭和9年に竣工された江戸川アパートメントは、同潤会シリーズでは最後となる16番目として、新宿の牛込の地に建設されました。近代生活の最新設備を取り入れ、「東洋一」と謳われた、当時としてもかなりゴージャスな欧風アパートメントでした。

コミュニティの中心となる広い中庭や社交室を備えた江戸川アパートメント

江戸川アパートメントの見取り図。敷地の半分以上もある中庭を囲んで凹型の一号館と、直線型の二号館とが対面して配置されています。中庭には、桜や藤棚、銀杏の木があり、まるで回遊路のように、居住棟が中庭を取り囲んでいました。

江戸川アパートメントの特長は、緑がいっぱいの中庭、共用部分にあたる社交室・共同浴場・理髪室、そして5〜6階に設けられた4.5〜6畳の独身部屋です。子ども達が遊ぶ中庭や社交室、共同浴場などは、まさにコミュニティ機能満載。ここから居住者同士のつながりが育まれていったのでしょうか。

独身部屋は、上野下アパートメントの4階に設けられていたものと同じように、室内に流しやトイレはなく、押し入れと一室だけのワンルーム構成となっています。

1階住戸。造り付けのマントルピースがモダンな内装で往時が偲ばれます。撮影(有)建築情報 浅賀 崇

同潤会がユニークな点は、小さい部屋が最上階に配置されているところ。また、家族向けに37タイプの間取りの部屋がありました。最上階になるほど贅沢な部屋になっていくというという概念は存在しなかったのか、いまのマンションの考え方とは真逆ですね。

建設当時には、最新設備を備えたモダンな住まいとして、当時のモガ・モボと呼ばれたお洒落な人々や文化人・知識人が入居希望者として殺到したそうです。

戦前から戦後の高度成長期を見守ってきた江戸川アパートメント

江戸川アパートメント1階の「集合案内板」。各住戸の名札が掲げられています。撮影(有)建築情報 浅賀 崇

江戸川アパートメントでのお話をお伺いしたのは、日本舞踊音楽家の須賀敬三さんです。須賀さんは、昭和23年頃から家族と住みはじめ、昭和51年に結婚して実家から独立するまでの約28年間を、江戸川アパートメントで暮らしました。

「子ども時代の思い出がたくさん詰まったアパートでした」と、江戸川アパートメント時代を振り返る須賀さん。

戦後の日本が高度成長期に入り、どんどん生活が便利になっていった、古き良き昭和の時代を江戸川アパートメントのコミュニティで過ごしました。

須賀さんは、兄2人と両親の5人暮らしの家族。小学校に上がる前に、江戸川アパートメントへ引っ越してきました。

最初は6畳の独身部屋に家族5人で。

中庭の木の下で撮影された、子ども時代の須賀さん。後ろにブランコも見えます。

「最初は、5人家族で、一号館の6階にある6畳の独身部屋に住んでいたんですよ。今じゃ考えられないでしょうが(笑)、その頃は割と当たり前でした。他の独身部屋にも、親戚や子どもと一緒に住んでいる大家族が多くいました」

「独身部屋には台所がなく、5〜6階の独身部屋共用の炊事場が廊下にあって、母はそこで家族のごはんを拵えて(こしらえて)いたんじゃないですかね。

独身部屋に暮らしている頃は、横のつながりも密で、アパートメントなんだけど長屋状態。おかずのやりとりがあったりね。居住者がみなしっかりつながっている感じがしました」

いままでの日本の長屋での暮らし方やコミュニティがそのまま、同潤会というモダンなアパートメントに移行したイメージです。

大人の誰もが、ちゃんと子どもを叱る時代だった

中庭のジャングルジムで遊ぶ子ども達。肩車をしたまん中が須賀さん。笑い声が聞こえてくるような写真です。

「当時独身部屋に、こうるさい親父さんがひとり住んでいて、子どもが騒いで廊下を走ったりすると、バケツに水を汲んできて引っ掛けるんですよ。

アパートメントの中は、そんなうるさい大人ばかりでしたよ。子ども達が中庭で遊んで大声で騒ぐと必ず叱られました(笑)」

近所の大人が自分の子どもも、よその子どもを叱る。よき昭和の躾が生きていた時代だったのですね。

そんな関係も、中庭や廊下や社交室といった共用のスペースがあったから築き上がったのかもしれません。

広い中庭は、子どもたちの遊び場であり、居住者全員が子どもを見守る場でもあったのですね。

2階の家族部屋へ家族でお引っ越し

「そのうち、1号館の2階の角部屋に空室ができたので、52号室の部屋へ引っ越しました。いわゆる家族部屋ですね。6畳・6畳・4.5畳・台所の3Kでした。その頃は、空室が出ると、優先的にアパートメント内の居住者が引っ越しできるようなシステムになっていました」

同じく江戸川アパートメントに住んでいた橋下文隆氏の著書『消えゆく同潤会アパートメント』(河出書房新社)にも、「ライフサイクルに合わせて自然な形での内部転居が可能」(p.044)だったことが紹介されています。

子どもが大きくなれば勉強部屋として独身部屋を借りたり、独立した若夫婦には新婚向けの部屋を借りたりできたという、バラエティ溢れる間取りの江戸川アパートメントは、コミュニティの人間関係を維持したまま、ライフサイクルの変化に対応できました。

同じアパートメント内で転居したいと思わせるほど、住み心地のいいコミュニティが形成されていたのでしょう。もしかすると、今後の大規模マンションには、ライフサイクルの変化にも応じて住み続けられるコンセプトが必要なのかもしれません。

階段の手すり。随所のディティールが洒落ています。撮影(有)建築情報 浅賀 崇

(写真左)玄関の足元にある丸窓。/(写真右)内部の階段。正面にメーターボックスが見えます。ここを子ども達が駆け上がったのでしょう。撮影(有)建築情報 浅賀 崇

次のページ:中庭や物干し場、アパートメント中を駆け巡って遊ぶ子ども達

2013/11/19