環境にも人間にも優しい、マンション緑化のメリットとは

寒かった冬も終わりを告げ、外出が楽しい季節になってきましたね。

我が家では冬の間、外出を我慢してもらっていた3歳の子どもを自然に触れさせてあげたいと、色々とお出かけするプランを立てています。

公園や牧場、いちご狩りや田植え体験など、自然に触れることはとても貴重な経験ですが、もしも自宅のマンションで自然に触れることができたなら、もっと素晴らしいですよね。

そこで今回は、マンション自体を緑化することについて、ご紹介したいと思います。

マンションの敷地内に新しく庭をつくるとなると、スペースの問題もあってなかなか難しいですよね。そこで、比較的スペース的に余裕のある屋上や壁面を使う【屋上緑化】【壁面緑化】を行なってみるのはいかがでしょうか?

実は、屋上緑化・壁面緑化には、物理的・精神的な観点からも多くのメリットがあります。
例えば、

【物理的な面】
・ヒートアイランド現象の軽減効果
・大気浄化効果
・防音効果
・マンション自体の劣化防止効果
※コンクリートに直接、日光があたらないことにより亀裂など入りにくくなります

【精神的な面】
・やすらぐ空間の提供による、ストレスを癒す効果
・子どもが日頃から自然に触れられる効果
※日頃から植物の成長や四季を感じることは、感受性を高め、人間形成に役立ちます
・人と人とのコミュニケーションを生む効果
・マンションのデザイン性の向上や景色を向上させる効果

などが挙げられます。

先日訪問した「エコハウス&ビルディングEXPO」で見つけた、壁面緑化に利用できる面白い商品を1つご紹介させて頂きます。

ステンレスメーカーの浅野金属工業株式会社が、壁面にワイヤーロープを張り巡らすノウハウを元に、ジョイント金具やクリップなどの各種部品を新たに開発しました。

1本のワイヤーの方向を変えたり、最大4方向にワイヤーを張りめぐらしたりと、自由にプランニングができるため、マンションの壁面を緑化するといった大規模なものから、公園の藤棚作成、一般住宅のエントランス部の装飾やガーデニングでの使用といった中・小規模なものまで幅広く対応可能とのことです。

なおマンションでは、実際に立体駐車場の壁面を緑化した事例もあるそうですよ。

また、ネットと違い、美しい光沢を持つ耐食性に優れたステンレス製品なので、強さと美しさを兼ね備えたのが特徴とのことです。

浅野金属工業株式会社
http://www.asano-metal.co.jp/wire/index.html

では、屋上緑化・壁面緑化を行なう場合、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

①水廻りや重さに注意
屋上緑化を行なう場合、防水が施されている上に緑化する事が基本となります。防水に不安がある場合、防水の手直し・補修も含めて検討することが大切です。

また、屋上は耐荷重が建築基準法にて定められていることが多いので、確認が必要です。

②水やりなどのメンテナンスは?
最初はプロのメンテナンス業者のアドバイスをもらいながら進め、住民同士がメンテナンスを楽しめるルールづくりをしていくと良いと思います。

手のかかりにくい、枯れにくい(土地にあった)植物を選ぶことも大切ですし、完璧を求めすぎず、少しずつ緑化を広げていくことで、無理なく楽しみながら続けていけると思います。

③助成金の確認
都市部での緑化には、助成金(補助金)を出してくれる自治体も多いので、まずは調べてみることをおすすめします。

子どもにとってだけでなく、全ての居住者に様々な効果が期待できる屋上緑化・壁面緑化。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

2013/04/08