マンションで導入する自家発電システム、現状の課題と未来の可能性

震災後、電力不足の可能性に伴い節電が叫ばれる中、これまで以上に、太陽光発電をはじめとした自家発電システムの導入に注目が集まっています。マンション・ラボで行われた節電アンケートでも、太陽光パネルの設置などに関する自家発電への関心が非常に高いという結果でした。そこで今回は、マンションにおける自家発電の可能性について考えてみたいと思います。

アンケート結果発表 「マンション全体で出来る節電とは?」 詳細はこちら

自家発電とは?

自家発電とは、自ら設置した発電装置で発電し、その電力を自ら消費することです。現在行われている自家発電方法の内、マンションにも導入でき持続的な発電が可能と考えられているものとしては、主に太陽光発電、風力発電が挙げられます。

マンションで太陽光発電は可能?

太陽光発電の性質上、太陽光が当たる場所があれば太陽光発電は可能ではあります。マンションであれば、屋上やベランダなどが設置場所の候補として挙げられます。実際、屋上等に太陽光発電システムを備えた新築マンションが登場しはじめています。

ソーラーパネル

ここで注意したいのが、前述の事例はあくまで「新築」マンションでの導入であるという点です。太陽光発電の導入を前提に設計されたマンションであれば、世帯単位に太陽光パネルを設置して各世帯に電線を引くことが可能ですし、太陽光発電システムの重量も考慮した耐震設計が行われるため、安心して太陽光発電のメリットを享受できます。

一方、既存のマンションに導入しようとする場合、耐震性の問題や各世帯まで電線を引くことが難しいことなどから、導入には非常に高いハードルがあるのが現実です。バルコニー(ベランダ)等のスペースを利用すればという考えに対応すべく、小型の太陽光発電システムも販売されていますが、発電効率などの技術的な問題以外にも重要な課題が。マンションにおいてベランダは共用部分とされており、消防法等に抵触する可能性もあることから、そもそも設置が認められない可能性が高いのです。

近い将来、マンションで「塗る太陽光発電」が実現?

しかし、それらの問題を解消できる可能性のある技術も実現しつつあります。中でも興味深い技術の1つが、「塗る太陽電池」。太陽光パネルの設置が難しい場所に「塗る」ことができることから、既存のマンションでも導入できる可能性が高い非常に期待できそうな技術です

参考リンク:オルタナS「塗ればクルマも発電装置に“塗る太陽電池”」

性能は一緒で、これまでの太陽光パネルが非常に薄く、軽くなったものイメージです。(ブラウン管テレビが壁掛けテレビになるくらいに)1枚10キロ以上あった従来に比べ、重さは、10分1以下になるので、マンションの側面や日の当たるちょっとしたスペースに設置することが可能になります。また、もともと材料が少ないので量産技術が確立されればコストも既存のパネルより安くなると期待されています。現在は、より性能をアップさせているところで、2~3年後には、販売が開始されるとのことですので、とても楽しみですね。

マンションで風力発電は可能?

小規模な風力発電システムの導入は、今後進む可能性があるかと思います。実際、住宅地でも使用可能とされる小型の家庭用風力発電装置も販売されています。

風力発電

ただし、大きな課題が1つ。風力発電時に生じる騒音問題です。騒音といっても大きな音が出るわけではなく、人の耳には聞こえない低周波音により健康被害が生じるというもの。とりわけ多くの人が集中して居住するマンションへの導入に際しては、健康への影響が生じない安心安全なシステムであることが必須です。


地球温暖化問題や震災後の原発による問題に対応していくためには、太陽光発電など再生可能エネルギーの活用がますます重要になってきます。今回、マンションにおける太陽光と風力発電の可能性を考える中で、導入にあたっての課題も取り上げましたが、その克服は、電気をふんだんに使う豊かな生活を享受してきた私たち世代の責務でもあると思います。今できる節電への取り組みと同時に、新しい技術や可能性を信じ、震災からの復興と共に前に進んでいきたいですね。

2011/08/19