マンションアフタースクールプロジェクト Part.3

ついに本格的に始動!

マンションに住んでいる方々の中には、さまざまな仕事や趣味、特技をお持ちの方がいます。その知識や経験を、マンションの「知的資源」として、住民同士の交流につなげていこうという主旨ではじめた、「マンションアフタースクールプロジェクト」。実現までに、どのようなミーティングや準備を行っていくのか、その様子を随時ご紹介していきます。マンションのイベント開催に意欲のある方、コミュニティをもっと盛り上げたい方は必見です。ぜひご覧ください。

前回の様子はこちら

プロフィール

■平岩 国泰氏
1996年慶応義塾大学経済学部卒業。30歳で初めての子どもが生まれたのを機に放課後NPOアフタースクールの活動を開始。子どもの放課後を安全で豊かにするため、地域の大人を「市民先生」として放課後の子どもに届けている。衣食住からスポーツ、音楽、文化、学び、遊び、表現まで多彩なプログラムを展開し、現在までで開催した「放課後プログラム」は800回以上、参加した子どもは25,000人を超える。2年連続グッドデザイン賞受賞。

■マンション・ラボ編集部 さとう

マンション・ラボ編集部員。24時間365日、常にマンションのことを考えている情熱家。

■マンション・ラボ編集部 いとう

マンション・ラボ編集部員。8歳の小学生が子どもにいることから、放課後アフタースクールに興味を持つ。

編集部いとう(以下I):よろしくお願いします。

平岩氏(以下S)、編集部さとう(以下S):よろしくお願いします!

I:さて、今回は、ついにマンション・アフタースクールプロジェクトを実施できるマンションが見つかりましたので、ご紹介します!

S・H:おお!それはどのようなマンションですか?

I: 東京都心にある、全400戸規模のタワーマンションです。

H:それは大きいですね!

S:共用スペースも充実していそうで、トライアルとしてはピッタリかもしれませんね。

I:そこで今日は、より具体的な進めかたについて打ち合わせしていきたいと思います。まず、 イベント実施までのアクションとしては、どんな流れになりますか?

H:そうですね。大きな流れとしては、
①住民の方からスタッフを募る
②住民スタッフの方向けに説明会を行ない、実施するイベントプログラムや日時を決める
③住民先生、もしくは地域先生を募る
④住民スタッフの方、住民先生もしくは地域先生とイベントの詳細について打ち合わせを行なう
⑤イベントの告知を住民に行なう
⑥イベント前の最終確認
⑦イベント実施
⑧反省会・打ち上げ
といったところでしょうか。
なので、今回は住民の方の中から、イベントの企画や実施のお手伝いを一緒にしてくれるスタッフの方を募ることから始めましょう。その方を対象に、別途マンション内でイベントの主旨などを説明する会を開いて、その方たちと一緒にプログラムを決めたり、イベントの日時を決めていくのがいいと思います。

アフタースクールでの打ち合わせ風景。今回は平岩さん(左列中央)に加え、あらたに上原さん(左列左)、秋山さん(左列右)も参加いただき、より具体的な話が展開されました。

S:なるほど。できるだけ住民の方たちの意向を汲み取って行なうべき、ということですね。

H:コミュニティの有無や形は、マンションによって異なると私は思っています。同じタワー型のマンションでも、立地や環境によって、住んでいる方の属性は違うものです。ですから、しっかりと住民の方のご意見やご意向をうかがいながら、もっともそのマンションのコミュニティづくりに効果のありそうなプログラムを探したり検討することが、とっても重要だと思うんですね。

I:そうすると、まずは住民の方がスタッフとして参加してくれるかが大きなポイントになりますね。前回の話にもあったように、「義務」と感じさせないことが大切になるかと。

H:そうですね。なので、募集するチラシも、楽しげで、わかりやすいものがいいと思います。

S学園祭を一緒に盛り上げよう、みたいな感じですね!

H:いいですね!

打ち合わせ中のボード。住民スタッフ説明会の内容を整理しながら書き出していきます。こうするこ とで、みんなで共有することができます。

I:楽しいイベントですから、楽しみながらつくるのがいいですよね。ということは、次回はついに住民の中で実際にスタッフとしてご協力いただく方に向けての説明会を開くことになると思いますが、どのような内容ですすめていきましょうか。

H:そうですね。説明会では、まずは、マンション・ラボさんから主旨を説明いただいたあと、私たちのご紹介をさせていただき、その後はマンション内のコミュニティ状況や実施してみたいイベントについて希望をうかがいながら、みんなで楽しく決めていけたらいいと思います。

S:住民の方との一体感が出ていいですね!しかも初対面の方同士も、この説明会をきっかけに、仲良くなれるかもしれない。

I:たしかにそうですね!

H:せっかくですから、参加いただいた方には自己紹介をしていただいたりして、積極的に交流したり、イベントへの希望を述べてほしいですね。

I:そのための、何か仕掛けは必要ではないでしょうか?

H:そうですね、自己紹介のほかには、それぞれがどんな関心を持っていて、どんなイベントを開催したいか、ヒアリングできるといいですね。例えば付箋を使って、とにかく意見や要望を書き出してもらい、それを壁に貼ってみんなで共有する、というのはいいかもしれません。みんなでみて、共有することで、スタッフとしての一体感も生まれますし。

S:それはいいアイデアですね。

I:簡単にできますし、色んなアイデアがわきそうです。では、詳細を詰めて、チラシでの案内や説明会に向けて準備をすすめましょう!よろしくお願いします。

S・H:よろしくお願いします!


次回のコラムでは、実際に本プロジェクトを実施するマンションでの打ち合わせの模様についてご紹介する予定です。ぜひご覧ください!!

マンションアフタースクールプロジェクト Part.4はこちら
マンションアフタースクールプロジェクト Part.5はこちら

2013/01/28

プロフィール

平岩 国泰

放課後NPOアフタースクール代表理事。1974年東京都出身。1996年 慶應義塾大学経済学部卒。2004年長女の誕生を機に放課後NPOアフタースクールの活動開始。日本初の“放課後NPO”の活動は、100種類以上の“放課後プログラム”が誕生し、1万人以上の子どもが参加。グッドデザイン賞(2年連続)他各種受賞。