マンションアフタースクールプロジェクト Part.2

「楽しいイベント」は、気軽に楽しんで企画することが大切!

マンションに住んでいる方々の中には、さまざまな仕事や趣味、特技をお持ちの方がいます。その知識や経験を、マンションの「知的資源」として、住民同士の交流につなげていこうという主旨ではじめた、「マンションアフタースクールプロジェクト」。実現までに、どのようなミーティングや準備を行っていくのか、その様子を随時ご紹介していきます。マンションのイベント開催に意欲のある方、コミュニティをもっと盛り上げたい方は必見です。ぜひご覧ください。

前回の様子はこちら

プロフィール

■平岩 国泰氏
1996年慶応義塾大学経済学部卒業。30歳で初めての子どもが生まれたのを機に放課後NPOアフタースクールの活動を開始。子どもの放課後を安全で豊かにするため、地域の大人を「市民先生」として放課後の子どもに届けている。衣食住からスポーツ、音楽、文化、学び、遊び、表現まで多彩なプログラムを展開し、現在までで開催した「放課後プログラム」は800回以上、参加した子どもは25,000人を超える。2年連続グッドデザイン賞受賞。

■マンション・ラボ編集部 さとう

マンション・ラボ編集部員。24時間365日、常にマンションのことを考えている情熱家。

■マンション・ラボ編集部 いとう

マンション・ラボ編集部員。8歳の小学生が子どもにいることから、放課後アフタースクールに興味を持つ。

編集部いとう(以下I):よろしくお願いします。

平岩氏(以下H)、編集部さとう(以下S):よろしくお願いします!

I:さて、前回はこのプロジェクトの目的やアフタースクールさんの活動内容、またどのようなマンションで実施すべきかを話し合いました。今回は、実施するにあたって具体的に考えておくべきこと、例えば住民の方の巻き込み方や、イベントといったことについて話し合っていきたいと思います。

S:今回のプロジェクトは、前回の話でも出ていたように、このプロジェクトの主旨に賛同いただいた住民の方が集まって、主体となってイベントの実施を行なう。私たちは、そのお手伝いをする、ということでした。

H:そうですね。それが理想です。

S:ただ、ひとつ気になるのが、「住民主体ですべき」なのは間違いないのですが、たくさんの方に「参加したい」「自分たちでやってみたい」と感じていただくには、「義務」になっては難しいんじゃないか、でもしっかり携わっては欲しい、その辺が難しいと感じるのですが、どうでしょうか。

H:さとうさんのご指摘の通りだとおもいます。自分たちのマンションコミュニティを盛り上げるのは、住んでいる方の力なくしてはありえません。ですから住民主体で行なうのは当然です。ただここで気をつけなければいけないのは、イベントを立ち上げて実施するための協力を募る際、あまり強制的にならないことです。「これをしなければならない」というプレッシャーが与えられると、「義務」や「仕事」として感じられ、結果楽しいイベントのはずが「苦しい」「つまらない」ものに感じられてしまいます。そうなれば、イベントをやろう!という気持ちも萎えてしまいますから。楽しいイベントを行なうわけですから、楽しまないとうまくいかないと思います。会社の仕事のように義務感が出てしまうと苦しくなります。かなり気楽に構えて「面白い企画が出来たら開催」くらいのスタンスがいいと思います。

I:どういう形で賛同してくれる方を募るべきなのでしょう?

H:最初はやはり参加のハードルを下げることが大切だと思います。イベントの中心となる人が、「一緒にプロジェクトはじめてみない?」「一緒にやろうよ!」といった、サークルや学園祭的楽しみを共有できる場であることを伝えることが、大切だと思いますね。今回のプロジェクトでは、御社と私たちが中心となってその役を担い、極力協力してみようかな、と思っている方にハードルを感じさせることがないよう、案内する方法を考えていきたいと思います。

S:なるほど。ちなみにそれは住民先生を募るときも一緒でしょうか?実施するスタッフが集まっても、先生になってくれる住民が見つからない、というケースも考えられると思いますが。

H:もちろんそういったことも十分考えられます。特に最初は事例がないためイベントのイメージがつかめず、先生になりたい、という方は、イベントの実施に協力いただける方より少ないかもしれません。そのため、住民から先生を募りつつ、集まらないことも想定しておくことも重要ですね。今回のプロジェクトに限っていえば、私たちで市民先生をお招きすることも考えています。まずは「事例」をつくり、みんなにイメージを共有していただくことが重要だと思います。

マンションのみなさんが「やりたい」と思う気持ちを大切にすることが大事、と語る平岩氏。

I:マンションの方だけで行なう場合は、住民先生も1人じゃなく、何人かを集めて合同にしたほうが、参加しやすいかもしれせんね。

S:That’s right!その通り。中規模・大規模なマンションなら、集会室も大きいですから、それぞれの先生がブースみたいなものを作ってみるのも面白いですね!天気がよければ野外向けのプログラムなんかもいいんじゃないですか?

H:それはいいアイデアだと思います。私たちも3周年記念の際には、同じように複数の先生にお越しいただいてイベントを行ないましたが、とっても盛り上がりましたよ!あと、例えば「地域先生」にお願いする、というのはどうでしょうか。

I:地域先生、ですか?

S:なるほど!

I:??

H:地域先生は、マンションの近所でお店を営む方々などを先生に招く考えです。例えば近くのケーキ屋さんに声をかけて、休日にキッチンスタジオを使ってちょっとしたケーキ作りを行なってもらう、なんていうのはいかがですか?ケーキ屋さんとしても、マンションの方にお店を知っていただくいい機会ですから、協力してくれるんじゃないでしょうか?

S:それは面白いですね!「どのお店に声かけようか」とか「あのお店が美味しいからあそこにしよう」とか、それだけで盛り上がりそうですよね!

H:ケーキだけじゃなく、コーヒーショップの方に「美味しいコーヒーの入れ方講座」みたいな形で、大人向けの講座なんかをやってみるのもいいかもしれません。

S:いろんなお店を知ることは、地域を知ることにもつながりますから、まさに一石二鳥ですね!

マンションでできる取り組みの可能性について語る三者。思わず熱がこもります。

I:なるほど!いや~、具体的にまとまってきましたね。それではいよいよ、この「マンションアフタースクールプロジェクト」を実施してみたいマンションを募集してみてもいいんじゃないでしょうか。ちなみに今後の進めかたについては、どのような感じになっていきますか?

H:募集を行なって実施するマンションが決定したのち、応募いただいた窓口の方に協力いただき、マンションの設備や施設を視察したうえで、一緒にプログラムの内容などについて考えていければいいと思います。その後内容が確定次第、一緒に手伝ってくれる方を募ったり、イベントの告知を行なったりする感じになると思います。

S:規模によっても、実施するまでのスケジュールに差がでてくるとは思いますが、なるべく早く行ないたいですね。

I:了解しました。それでは、さっそく実施するマンションを募集する準備を始めたいと思います。
みなさん、ありがとうございました!

H・S:ありがとうございました!

次回は、実際に本プロジェクトを実施するマンションでの打ち合わせ内容についてご紹介する予定です。また、11月中旬には、いよいよ本プロジェクトを実施する物件を募集しますので、ぜひご検討ください!!

マンションアフタースクールプロジェクト Part.3はこちら
マンションアフタースクールプロジェクト Part.4はこちら
マンションアフタースクールプロジェクト Part.5はこちら

2012/11/06

プロフィール

平岩 国泰

放課後NPOアフタースクール代表理事。1974年東京都出身。1996年 慶應義塾大学経済学部卒。2004年長女の誕生を機に放課後NPOアフタースクールの活動開始。日本初の“放課後NPO”の活動は、100種類以上の“放課後プログラム”が誕生し、1万人以上の子どもが参加。グッドデザイン賞(2年連続)他各種受賞。