シニア世代の交流に特化したマンションのコミュニティ事例~ブラウシア over 60’sの集い~

スポーツで集まったメンバーは、とにかくパワフルで若々しい!

「ウォーキング・登山・ゴルフ・スポーツ」グループは、東海道や中山道などの五街道を歩いて制覇しようとウォーキング周遊しているご夫婦、東京マラソン出場者、登山にチャレンジ中の方、弓道五段の方、と強者揃い。

1日1万5千歩を日課に65歳からウォーキングをスタートした方も!エクセルで毎日の記録をまとめ、71歳のいまも記録を更新中です。

「60歳なんてまだまだ若造。65歳から90歳代にいたるまで、アクティブで健康な人ばかりですよ」

「趣味で集まるのはいいんですが、“敬老会”って言葉は使って欲しくないですね。みんな気持ちも体力もまだまだ若いんですから」

「3ヶ月に1度くらい集まって、みんなで情報交換できるといいですね」

と和気あいあい。

早速、連絡先を交換する人達も!新しい出会いがあったみたいですね。

旅行の写真を見ながら思い出を語り合う

「旅行・カメラ」グループは、めいめいが経験した海外情報や思い出の写真を取りだして、旅行の情報交換を行っていました。なかには46カ国60回以上海外を旅したご夫婦も!

旅行写真の思い出話や、海外でのスリ予防策についてもお喋り。

趣味の話以外では、

「日中しか使わないキッズルームで、17時以降は大人のお茶飲み会をしたいわ」

「シアタールームで好きな映画の上映会はどうかしら?」

「シニアの認知症防止対策なんかもいいわね」

という積極的な意見も出ていましたよ。

男性が集まったグループでも意気投合!

「音楽・読書・囲碁・将棋・お酒」グループは、オール男性の参加者。「奥さん連中みたいに我々も近くのホテルでランチパーティでもしましょうか?」と盛り上がっていました。

お菓子をつまみながら気楽な趣味の集まりは、なんとなく初対面同士で緊張気味だったスタート時から、どんどん活気溢れるお喋りになっていきました。

同世代交流をベースに、将来的には多世代交流へ

FC吉岡さん「こうやって同世代交流が深まれば、マンション・コミュニティの層が分厚くなるのではないかと期待しています。まずは同世代交流から、そして徐々に多世代交流につながっていけば嬉しいですね」

今回は年代で括ったイベントでしたが、趣味という基軸で広げていけば、多世代交流もスムーズにいきそうです。

その後今年の夏祭りのお手伝い募集を行ったところ、過去最多の50名ものボランティアの応募があったとのこと。その半数近くが60代以上の方々とか。この集まりで、コミュニティに参加する楽しさを感じていただけたのでしょうか。いい波及効果があったのかもしれませんね。

また、これとは別に、ブラウシアでは、エントランスホールにブラウシアブックスというブックスペースを設置。居心地のいいソファセットと、有料のコーヒーサービスが提供されていて、ちょっとしたブックカフェの雰囲気です。

今後は蔵書を増やして、ライブラリーを軸にしたマンション内交流も企画中だそうです。本をテーマにしたコミュニティづくりにも大いに期待したいです。

ブラウシアブックスのコーナー。本には、理事会メンバーのおすすめコメントが付けられています。

ブラウシアには、管理組合によって運営されている公式ホームページやFacebookページがあります。その他活動は以下をご覧ください。

ブラウシア(管理組合の公式サイト)
ブラウシア管理組合Facebook公式ページ


ちょっとしたきっかけでコミュニティに参加する楽しさを知れば、次第に交流が深まっていく。シンプルだけれど、確実なことを教えてくれたイベントでした。あなたのマンションでも、同世代交流のためのイベントを企画してみてはいかがでしょう?

2015/08/26