大家さんが中心となって賃貸業界を変えていく!「賃貸UP-DATE実行委員会」のワクワクする賃貸経営活動

いま、賃借人さんのことを親身に考えてアグレッシブに行動する、賃貸アパートや賃貸マンションの大家さんが増えつつあります。これから賃貸業を始めたい方、賃貸業に興味がある方、現在大家さんをしている方に向けて、積極的に勉強会やイベントを開催している大家さん集団「賃貸UP-DATE実行委員会」代表の越水隆裕さんにお話を伺いました。

賃貸業界全体をUP-DATEしていきたい!

越水隆裕さんの賃貸マンションで、入居者さんに無料提供している地場野菜ボックス。こんな賃貸マンションがあるなんて驚きです!

「賃貸UP-DATE実行委員会」は、大家さんや不動産会社さん、賃貸に関わるすべての方々が一緒になって、賃貸業界をUP-DATEしていこうという大きな志しのもとに集まったグループです。

代表の越水隆裕さんは、賃貸入居者へ野菜やクリスマスギフトをプレゼントするカリスマ大家さんとして、テレビや雑誌によく取り上げられている、いま注目の大家さんです!

空室0%!賃料UP!を実現する若手大家さん・越水さんの元気とアイデアがあふれる取り組みを紹介!

越水さん
「賃貸UP-DATE実行委員会」は、会費や入会条件などがない、情報交換の場です。Facebookのグループには約1,000人のメンバーがいて、オンラインやオフラインで活発に情報交換やセミナー活動をしています。大家さんだけでなく、管理会社さん、賃貸業に関わる業界の方々、入居者さんも参加OKです。

※「賃貸UP-DATE実行員会」は、メンバーのみ閲覧・投稿が可能なFACEBOOKプライベートグループ上で活動しています。参加希望の方は、越水さんのHPから連絡をお願いします。

越水さんのHP ※外部サイト

「賃貸UP-DATE実行委員会」の活動が面白いのは、大家さんだけでなく、賃貸物件の入居者さんも参加OKという点です。いろいろな人に関心を持ってもらい、賃貸業界全体を楽しく、人と人がつながる場にしたい、大家さんに対する既成概念を崩していきたいという、という越水さんたちの熱い思いが詰まっています。

空室対策だけではない!満室になったあとが、大家さんの仕事!

「賃貸UP-DATE実行委員会」メンバーの林浩一さんは、アパートの入居者さんへ「Happy Valentine’s Day」のギフトをプレゼントしています。こんな心遣いの遣り取りが、お互いの信頼を積み上げていくのでしょう。これらの実践アイデアは、Facebookグループページの投稿でシェアされています。

越水さん
いま大家さんはみんな空室対策に一生懸命になっていて、もちろんそれは大切なことなのですが、大家さんの仕事ってそれだけじゃない。満室になったあと、いかに入居者さんが満足して長く住んで貰えるような満室対策をするかということこそ重要なんです。実は大家さんの仕事って「暮らしを楽しませること」
「安全、安心、挨拶、笑顔、ワクワク」の5つを大切にしながら、入居者さんの暮らしを楽しませる大家さんがもっともっと増えてほしいと、我々は考えています。

越水さんは、ご自分の賃貸物件の特約事項に「挨拶をすること」と記載しているほど、入居者さんとの挨拶やコミュニケーションを大切にしています。これは、大家さんと入居者さんの関係や賃貸物件だけではなく、集合住宅全般に言えることなのではないでしょうか? 

マンション・ラボのアンケートでも、「自然と挨拶が生まれる環境で暮らしたい」という声が多く寄せられました。

77.3%の人が挨拶は必要と回答!マンション住民2500人に気になる実情を聞いてみた

越水さんの賃貸物件では、マンション内でのお部屋の引っ越しから、分譲マンション購入の相談まで、入居者の方からさまざまな問い合わせがあるそうです。これはもう、大家さんがライフコーディネーター的役割を担っているといえそう! これも入居者さんとの親密なコミュニケーションがベースにあるからこそではないでしょうか。

「わくわく賃貸まつり」は、「日本一小さな賃貸フェス!」

昨年開催された賃貸フェス「わくわく賃貸まつり2019」。大人の文化祭のような和気あいあいとした雰囲気と、顔の見える関係づくりが好評。女性大家さんも多く参加されていました。

「賃貸UP-DATE実行委員会」では、勉強会などのほかに、毎年「わくわく賃貸まつり」というイベントを企画開催しています。

越水さん
「わくわく賃貸まつり」は、セミナーやレクチャーなどのイベントを行う、いわば「日本一小さな賃貸フェス」です。大人や子どもも参加できるDIYワークショップ、厳選した企業によるブース展示、専門家によるセミナーなど、みんなが楽しめてすぐに役立つ賃貸関連情報を紹介しています。「賃貸」というテーマが少しでも気になった人、大家仲間をつくりたい人は、ぜひ参加してみてください。

KOSHIMIZUTAKAHIRO.COM>賃貸UP-DATE実行員会 ※外部サイト
※昨年開催された「わくわく賃貸まつり2019」の様子も紹介されています。

「わくわく賃貸まつり」や「賃貸UP-DATE実行委員会」に興味を持って参加する大家さんには、新しいことを始めたいという人や、空室問題を抱えた人など、さまざま。お互いに情報を交換することで、新たな気づきがあると越水さんは言います。

越水さん
大家さんの弱点って「いままで部屋を借りたことがない」ってことなんだと思います。特に代々の大家業を継いだ方は、部屋を借りたり引っ越したりした経験がないので、借りる人の気持ちが実体験としてわからないことが多い。僕は、所有する5物件すべてに住んだことがあります。住んでみて初めて見えてくることが、必ずありますから。コミュニケーションだけでなく、借り手の気持ちになってみることも大切です。

「大家業」というビジネスを確立したい!

越水さんのYouTubeチャンネル「コシミズタカヒロワクワクスタイル」で 「DIYレクチャー」をスタート! 大家さんに役立つさまざまな情報をシェアしています。

「賃貸UP-DATE実行委員会」の話を伺っていると、いまの時代は大家さんにもさまざまな知識や勉強が必要になってきているのだと感じました。しかし、越水さんたち大家さんが勉強会やイベントを開催する「賃貸UP-DATE実行委員会」の意義は、どこにあるのでしょうか?

越水さん
「賃貸UP-DATE実行委員会」は、専門家や他の大家さんの話を聞ける情報交換の場として、自分の勉強にもなっていると思います。賃貸物件でそれぞれの大家さんの個性=カラーを出していけば、いろいろな可能性があります。さまざまな情報を取り入れながら、みんなでこの「大家業」というビジネスをしっかりと確立していきたい。そのために「賃貸UP-DATE実行委員会」の活動の意義があると考えています。

越水さんたち、ニュージェネレーションと呼べるアクティブな大家さんたちは、居住者さんとのコミュニケーションをポジティブに捉え、新しい賃貸住宅のファッションや文化を創り上げようとしているのですね。そのことは、越水さんたちが「わくわくする賃貸業界の人々を増やそう!」と活動している「わくわく賃貸」というサイトにも現れています。

わくわく賃貸 ※外部サイト


お話を伺っていると、大家さんとのコミュニケーションが存在する賃貸マンションなら、暮らしてみたい!楽しそう!という気持ちになりました。たとえば自分の子どもが独立するとき、そんな賃貸に住んでくれたら安心できそうです。

賃貸オーナーの方も、賃貸物件を探している人も、「賃貸UP-DATE実行委員会」のような熱い思いで活動している大家さんたちを応援してみませんか?

「賃貸UP-DATE実行委員会」は、大家さんと不動産会社さん・賃貸に関わる全ての方々の中から賃貸業界をUP-DATEしていこうという志を持った革新者(かくしんもの)達の集まり。主に、上記Facebookのプライベートグループで情報交換をしています。

※「賃貸UP-DATE実行委員会」に興味のある方は、以下から越水さんに連絡してください。
コシミズタカヒロドットコムお問い合わせ

2020/03/12