テキスタイル作家たちが提案する モダン・インテリア

パリ市庁舎の目の前にあるBHVは、日曜大工に関するあらゆる道具がそろうことで有名なデパートです。5階には、アート工芸を紹介するスペースがあり、2~3カ月ごとに展覧会が開かれています。

現在開かれているのは、女性ばかりのテキスタイル作家のグループ「レ・ゼクスプロラトリス Les Exploratrices」による「ラ・メゾン・ドゥ・フィル・アン・エギュイーユ La Maison de Fil en Aiguille 」展。fil(フィル)は糸、Aiguille(エギュイーユ)は針の意味で、de fil en aiguille は、直訳すると「糸から針へ」ですが、それが転じて、「少しずつ」「知らず知らずに」という意味でも使われます。こつこつと針を通して何かを作っていく、手芸のイメージから来た言葉でしょうか。

さて同展は、12人のテキスタイル作家が、糸、刺繍、レース、編み物など、さまざまな素材やテクニックを使って、それぞれの視点で創作したモダンなインテリア・オブジェを発表しています。ランプやタピスリー、ベッドなど、ふだん見慣れているインテリアなのに、ときにロマンチックに、ときにミステリアスなオブジェになっています。

主な作品を紹介しましょう。

ストライプの椅子と布

54色のシルクの布を使って、椅子と背景が一体化した“テクニクルール”。「素材や形、空間、機能などについて問い直す、色と幾何学のプロジェクト」。Sophie Guyot

expo全体

円形の会場に、テキスタイルによるアート作品が並んでいます。

青い床

真っ青な絨毯に、真っ白な本!  Murielle Crochet

4枚の絵画

穴が開いた4枚の布。光が差し込み、視線が交錯する窓を象徴しているそう。Mireille Guérin

ランプと鏡

刺繍で飾ったランプと鏡。Emmanuelle Dupont

卵を使ったアート

60個の卵のインスタレーション。陶製の器に載っている卵は、さまざまな素材の生地や糸で覆われています。Claire Beillard

ベッド

真っ白なシーツの上に、プロジェクターからさまざまなイメージが映し出される“夢”。 Amélie Gagnot

赤いランプ

4つの赤いランプ。海と花のイメージが交錯して、「空を泳いでいる」印象を与えてくれる作品。Michèle Forest

写真提供: (C) Les exploratrices

La Maison de Fil en Aiguille
http://exploratrices.com/
場所:BHV – 52, rue de Rivoli, 75004 Paris
2012年3月10日まで

2012/02/14

プロフィール

三富 千秋

パリ在住のフリーライター。パンや菓子、料理など食の話題を中心に雑誌や食専門誌に発信しているほか、フランス人のライフスタイルについてのコラムも執筆。フランス人の日常生活をさらに知るべく、フランス各地で取材中。


ブログ村「パリ情報ブログランキング」に参加しています