最新インテリアを発信する展示会「メゾン&オブジェ」

メゾン&オブジェ

年に2回、パリ郊外の展示会場で開かれている「メゾン&オブジェ」は、世界中のインテリアやデザイン、雑貨関係のバイヤーたちが集まるプロ向けの見本市。今年も1月20日から24日まで開かれました。

メゾン&オブジェ

総面積13万㎡という巨大な展示場に、3500ものスタンドが建ち並び、メーカーやデザイナーが新作を発表。同時に、2012年のインテリアのトレンドを提案するテーマ別の展示も行われていました。

メゾン&オブジェ

メゾン&オブジェ

テーマは“クレイジー”

サロンのテーマは、“クレイジー”。世界的に社会的にも経済的にも不安で不安定な状況が続く時代に、“ポジティブなクレイジー“を提案しています。

それでは、サロンが主催したいくつかの展覧会を見てみましょう。

Art’keting
Art'keting展

アートとマーケティングを合わせた“Art'keting”展。

Art'keting展

自分の家や部屋を、より個性的に、ひとつのアート作品にしてみようという問いかけです。

Art'keting展

ビビッドな赤のチェアが効いています

 

Art'keting展

おもちゃも、自分の写真も、お皿も、すべてのものが、自分を表現する、世界でたった一つのマスターピースになります。

Art'keting展

照明の光をもインテリアとして魅せる発想が素晴らしい

Sweet Freaks
Sweet Freaks展

“恐ろしき美”と題されたテーマ展

Sweet Freaks展

奇抜なデザインと洗練さを融合した、甘くて怖い、まるで妄想の世界にも見えてきます。

日常に取り入れられる“デザイン”

家具やキッチン雑貨のメーカーと、有名デザイナーがコラボレーションした作品が並びました。日常生活に欠かせないオブジェなら、デザイナーの作品も取り入れやすそうです。

Ora Ito

ナイフ(ラギオール、デザインOra Ito)

Philippe Starck

グラス(バカラ、デザインPhilippe Starck)

Ionna Vautrin

ミラー(フォレスティエ、デザイン Ionna Vautrin)

Philippe Nigro

棚(リーン・ロゼ、デザインPhilippe Nigro)

François Azambourg

椅子(ムスターシュ、デザインFrançois Azambourg)

続いて、注目の商品やメーカーを紹介します。

パリのデザイン会社Pop Cornのスタンド。

Pop Corn

ティーカップでできたワイングラス

Pop Corn

車の形をしたコンセント

Pop Corn

ガラス瓶を使ったランプとプラスチック容器を再利用した棚

Pop Corn

アイデアいっぱいの家具やオブジェばかりですね。

イタリアのCreativandoのスタンドです。

Creativando

カラフルで楽しいハンガーやフック

Creativando

かわいらしい木の形をしたハンガー。かける服までアートになります

Creativando

斬新なデザインのミラーのコレクション。かわいいのひと言です

イタリアの家具メーカーSculptures Jeux

Sculptures Jeux

折り紙のようなテーブルを製作。ふだんは小さな正方形のテーブルですが、中に収納された3枚の板を広げれば、大きなテーブルに。板は、リバーシブルで利用できるものや、黒板のようにチョークで字が書けるタイプもあります。

オランダのt.e.社。

t.e.社

ウールや麻で、あたたかい雰囲気のクッションや椅子を創造

展示会場は、普段使いができそうな雑貨から、アート性が高いオブジェまで、とにかく多彩なスタイルが並んでいます。どんなスタイルであれ、その中にいると楽しくなれる、“より自分らしい部屋”を求める傾向がますます強まっているのは、世界共通の流れかもしれません。

2012/02/02

プロフィール

三富 千秋

パリ在住のフリーライター。パンや菓子、料理など食の話題を中心に雑誌や食専門誌に発信しているほか、フランス人のライフスタイルについてのコラムも執筆。フランス人の日常生活をさらに知るべく、フランス各地で取材中。


ブログ村「パリ情報ブログランキング」に参加しています