「マリー・クレール・イデ」で見つけた パリ流クリスマス・デコレーション

雑誌「マリー・クレール・イデー」が主催する、パリの手芸フェアー

毎年11月、クリスマスを前に、「クレアシィオン エ サヴォワール・フェール-マリー・クレール・イデ Créations & savoir-faire- Marie Claire Idée 」というサロンが開かれます。手芸やハンドメイド好きのための展示・販売会で、今年で15年目。「マリー・クレール」は、日本でもよく知られた女性誌ですが、「メゾン(家)」「イデ(アイデア)」というインテリア雑誌も出版しています。

クレアシィオン エ サヴォワール・フェール-マリー・クレール・イデ会場には、生地、刺繍糸、リボン、ビーズ、ガラス細工、木工用のペンキ、絵の具、ペーパークラフトなど、260を超えるスタンドが出展。平日から大混雑で、来場者のほとんどが女性! ものすごい熱気でした。手芸好きのフランス人の多さを、あらためて実感しました。

このサロンについて、2回にわけてレポートします。まず今回は、クリスマスに関するデコレーションのアイデアについて、紹介しましょう。身近な素材を使って、自分で気軽にできるアイデアが満載です。

クリスマスは、家族と家で過ごすのがフランス流

フランスでは、ノエル(フランス語でクリスマスのこと)は、日本のお正月にあたります。それぞれの故郷に戻り、家族みんなでノエルを過ごすのが習慣です。ですから、12月24日には、お店も早めに店じまい。25日は、店も観光地も美術館も、すべて定休日です。

ノエルのデコレーションも、家族で飾りつけをするのが伝統。プレゼントは、イブの12月24日の夜、(子供たちがいる家庭では、子供たちが寝静まった後)、ツリーの下にプレゼントを置きます。ツリーの下に、靴下やスリッパを置いておくのも習慣で、翌朝、目が覚めたとき、その中にプレゼントでいっぱいになっているというわけです。

身近な素材でノエルを演出
もみの木はなくても、星の棚をツリーに見たててコーナーづくり- Marie Claire Idée

もみの木はなくても、星の棚をツリーに見たててコーナーづくり- Marie Claire Idée

身近にある薪や木材が、おしゃれなノエルNOELに。ふだん履いているブーツも、演出の小道具になりました-Marie Claire Idée

身近にある薪や木材が、おしゃれなノエルNOELに。ふだん履いているブーツも、演出の小道具になりました-Marie Claire Idée

ツリーを彩るオーナメントに、決まりはありません。手縫いの生地や、花のモチーフで飾った紙箱を飾っていました -O'Perla

ツリーを彩るオーナメントに、決まりはありません。手縫いの生地や、花のモチーフで飾った紙箱を飾っていました -O'Perla

クリスマス・ボール

ツリーに飾るオーナメントのひとつに、ボール玉があります。ボールを飾る歴史は、19世紀半ばにさかのぼるそうです。フランス東部では伝統的に、りんごをはじめとする果物や花で飾っていましたが、1858年、大干ばつに見舞われます。そこで東部の小さな村で、果物に代わるものとしてガラス玉を製造し始め、それが現在の伝統になったというわけです。

21世紀のボール玉は、壊れにくいプラスチック製がほとんど。本格的に絵付けをしたものもありますが、フエルト、紐、生地を使って、思い思いにデコレーションした例も展示されていました。日本製のマスキングテープも、大活躍です! - Loisirs & Création

21世紀のボール玉は、壊れにくいプラスチック製がほとんど。本格的に絵付けをしたものもありますが、フエルト、紐、生地を使って、思い思いにデコレーションした例も展示されていました。日本製のマスキングテープも、大活躍です! - Loisirs & Création

ナチュラルなリース

王冠をかたどったリースは、壁やドアに飾るほか、テーブルに置くこともあります。

テーブルに置くタイプ。4本のキャンドルは、クリスマスまでの4週間をさしていて、伝統的なリースのスタイルだそう。シナモンやスターアニスは、ノエルの伝統菓子にも使われている素材。犬のサンタがかわいらしく、現代風- Table et Déco

テーブルに置くタイプ。4本のキャンドルは、クリスマスまでの4週間をさしていて、伝統的なリースのスタイルだそう。シナモンやスターアニスは、ノエルの伝統菓子にも使われている素材。犬のサンタがかわいらしく、現代風- Table et Déco

ワイヤーと白い真珠玉で、シンプルかつ華やか- Table et Déco

ワイヤーと白い真珠玉で、シンプルかつ華やか- Table et Déco

シルバーにペイントしたリースに、鳥がちょこんと乗って- Marie Claire Idée

シルバーにペイントしたリースに、鳥がちょこんと乗って- Marie Claire Idée

こちらはニンニク! 魔よけのため?- Marie Claire Idée

こちらはニンニク! 魔よけのため?- Marie Claire Idée

ノエルを待つ日々のために……

12月だけのカレンダー

ノエルを待つ楽しみを、ますます高めてくれるのが、Aventアヴァンと呼ばれる12月だけのカレンダー。12月1日から24日までが小窓になっていて、子供たちは、1枚1枚めくりながら、ノエルを待ちます。

紙箱を新聞紙で包んで、日付の数字をつけて、ツリー型に展示。白と淡いブルーに、ほんの少しの赤を使って、トリコロールのカレンダーに- Marie Claire Idée

紙箱を新聞紙で包んで、日付の数字をつけて、ツリー型に展示。白と淡いブルーに、ほんの少しの赤を使って、トリコロールのカレンダーに- Marie Claire Idée

刺繍のカレンダー。小さな箱には何が入っているのでしょう?-Rouge du Rhin

刺繍のカレンダー。小さな箱には何が入っているのでしょう?-Rouge du Rhin

プレゼントのパッケージも、思いを込めて

ショップでプレゼント用のパッケージをお願いすることもできますが、ほんの少し時間をかけて、渡す人を思いながら、自分でラッピングしてみるのもいいですね。紙箱や生地の端切れ、折り紙など、パッケージに活用できるものが、身近にたくさんありそうです。

素敵なパッケージばかりですが、よく見ると、牛乳瓶やジャム瓶、ワインやチーズが入っていた箱、アルミ容器も! 楽しく、素敵な“エコロジー”でもありますね。

素敵なパッケージばかりですが、よく見ると、牛乳瓶やジャム瓶、ワインやチーズが入っていた箱、アルミ容器も! 楽しく、素敵な“エコロジー”でもありますね。

素敵なパッケージばかりですが、よく見ると、牛乳瓶やジャム瓶、ワインやチーズが入っていた箱、アルミ容器も! 楽しく、素敵な“エコロジー”でもありますね。

2011/12/06

プロフィール

三富 千秋

パリ在住のフリーライター。パンや菓子、料理など食の話題を中心に雑誌や食専門誌に発信しているほか、フランス人のライフスタイルについてのコラムも執筆。フランス人の日常生活をさらに知るべく、フランス各地で取材中。


ブログ村「パリ情報ブログランキング」に参加しています