ペットの最期の瞬間まで無償の愛を注ぐ 「動物愛護管理法」について考えよう

こんにちは、ドッグアドバイザーの高田由香です。9月20日から26日は動物愛護週間です。

「動物愛護管理法」という法律の名前、みなさん耳にしたことはあると思いますが、実際にどのような法律なのかご存じない方も多いと思います。今回は、「動物愛護管理法」がどのような法律で、ペットの飼い主に課されている義務はどんなことなのかをお話致します。また、平成24年の法改正で明記された「終生飼養」について掘り下げていきます。

「動物愛護管理法」とは?

動物愛護法の正式名称は「動物の愛護及び管理に関する法律」で、昭和48年に議員立法で制定された法律です。動物の愛護と適切な管理(危害や迷惑の防止等)が法の目的で、対象動物は、家庭動物(ペット)、展示動物(動物園や水族館の動物)、産業動物(畜産動物)、実験動物等の人の飼養に係る動物、つまり、野生動物以外の動物すべてです。

法律が定める「飼い主の責任」

ペットを終生大切に育て、社会に受け入れられるように配慮するのが飼い主の責任です。この機会に動物愛護管理法を改めて見直し、ペット対する責任が果たせているか確認をしましょう。飼い主が守るべき責務として明記されていることは下記の通りです。

①動物の習性等を正しく理解し、最後まで責任をもって飼いましょう。

衝動買いはだめ。飼育したい動物についてしっかり調べ、自分が飼えるのかを考え、飼い始めたら健康や安全に気を配り終生飼養をしましょう。

②人に危害を加えたり、近隣に迷惑をかけることのないようにしましょう。

動物の種類に応じたしつけや訓練をして、人や他のペットにケガをさせたり、鳴き声で近隣に迷惑をかけることにないようにしましょう。糞尿や毛で近隣の生活環境を悪化させたり、公共の場を汚したりしないようにしましょう。

③むやみに繁殖させないようにしましょう。

ペットの生活の質を守ることができる適正飼育頭数を超えないようにしましょう。生まれる命に責任が持てない場合は不妊去勢手術などの繁殖制限措置を。

④動物による感染症の知識を持ちましょう。

動物と人の双方に感染する病気(人畜共通感染症)について正しい知識を持ち、自分や他人に感染することを防ぎましょう。

⑤盗難や迷子を防ぐため、所有者を明らかにしましょう

飼っている動物が自分のペットだと示すため、マイクロチップや名札など標識をつけましょう。

「飼い主責任」の中の「終生飼養」について

平成24年の動物愛護管理法の改正で飼い主の責務として「終生飼養」が明記されました。「終生飼養」とは、動物の所有者がその動物が命を終えるまで責任をもって飼養することです。

「かわいいペットを最期まで世話をするのは当たり前だ」と思う飼い主さんが多い一方、飼い主さん自らペットを保健所へ連れて行くケースが残念ながら後を絶ちません。飼いたくてペットを飼ったはずなのに、どうしてそんなことになるのでしょう?

飼い主さんからペットの相談を受ける時、多く口にされるのが「こんなはずじゃなかった」。こんなはずじゃなかったから、困り果てて終生飼養の責任を果たせない方が出てくるのでしょう。

それでは、「こんなはずじゃなかった」の予防策と対処法をお話致します。

「こんな子を飼った覚えはありません」なんて言わないで

「ミニチュアダックスが物音に吠えてしまい、近隣から苦情が寄せられた」「トイプードルを飼ったが常にいたずらをして目が離せない」

ミニチュアダックスは元々猟犬で、吠えながら仕事をしていました。そのようなわけで、大きな声で吠えることが得意です。トイプードルは貴族にかわいがられることが仕事でした。物わかりが良く大人しくては時間を持て余したお姫様達の遊び相手にはならず、手がかかる子達が重宝された結果、元気ないたずらっこが多いわけです。

犬の場合、もともとどんな目的で作られどんな仕事をしていた犬種なのかを調べ、自分たちのライフスタイルに合うかをよく考えてから飼い始めることが大切です。既に飼っているわんちゃんが問題行動を起こしている場合は、何が原因で問題行動を起こしているのかを考えてあげてください。改めてわんちゃんがどんな犬種なのかを勉強すると、好きな事や不得意な事が理解でき、問題行動解決のヒントになると思います。

「きょうだいでしょ、仲良くして!」なんて強制しないで

「2匹目を飼ったが先住のペットと相性が悪い」

2匹仲良く遊んだり寄り添って眠るかわいい姿を想像して始めた多頭飼いだったのに、2匹がケンカばかりして困っている、という話をよく聞きます。多頭飼いを始める時は、先住のペットが多頭飼いに向いているかをよく考える必要があります。先住のペットがこわがりだったり独占欲が強い場合、また飼い主さんとの主従関係がしっかりできていない場合は、多頭飼いは難しいかもしれません。

そのような場合でなくても、生き物同士ですからどうしても相性が悪いことはあります。2匹が顔を合わさないように生活できるスペースの確保が必要です。既に飼っているペット同士の相性が悪い場合、飼い主さんとそれぞれのペットのしっかりとした主従関係を築くことや、飼い主さんと1対1の時間を持つことが大切になります。

飼い主さんが無理に仲良くさせようとせず、「この子たちはきょうだいではなく、ルームシェアしている者同士というかんじだな」と理解してあげることからスタートです。

「環境の変化は仕方ない」では済まされない

「結婚することになり、新居ではペットを飼うことができない」、「子供が生まれペットの世話をする時間がなくなってしまった」、「飼い主が亡くなってペットの引き取り手が誰もいない」

犬や猫は10年以上生きます。飼い始める時に「10年後、15年後の自分は何をしているか。その時ペットを世話する環境や時間を持てるか」を考えてみてください。どんなに頑張っても、どんなに工夫をしても、どうしてもペットを飼えなくなってしまった場合は、安易に保健所に持ち込むようなことは絶対にせず、ペットが幸せに暮らすことができる新しい飼い主さんをご自身で責任をもって見つけてあげてください。


「終生飼養」とは「ペットの最期の瞬間まで無償の愛を注ぐこと」なのだと思います。ペット達すべてが信頼できる飼い主さんのもとで幸せな最期を迎えられることを願っています。

プロフィール

writer高田 由香
日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー。日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト。
短大卒業後、証券会社に入社。結婚を機にコーギー2匹を飼い始めるも、しつけに大苦戦。犬について学ぶスクールに通ううちに犬の魅力に取りつかれ、会社を辞めドッグアドバイザーになる決心をする。
2006年、世田谷・用賀に「犬の保育園 Parco del Caneカーネ保育園」を開園。園長となる。
犬の保育園の他、ペット共生マンションでのしつけ教室やセミナー、ペット博でのペットマッサージのデモンストレーション、朝日新聞デジタル「&」、ジョンソン株式会社「DOG TOWN」等ウェブサイトでのペット相談やコラム執筆など、多分野で犬に関わる毎日を送っている。
愛犬は、パピヨン、小型犬ミックス、チワワ2匹の4匹。キースホンド、コーギー、ダルメシアンの飼育経験あり。

2014/09/22