健康に夏を乗り切る!暑い時期のペットの健康管理方法

こんにちは、ドッグアドバイザーの高田由香です。前回はペットのための室内の暑さ対策をお話し致しました。今回は、暑い時期のペットの健康管理についてお話致します。

ペットの健康チェック

暑さや湿気は、ペットが体の不調を起こしやすいです。垂れた耳のわんちゃんは外耳炎などの耳のトラブル、毛が短いわんちゃんや猫ちゃんは皮膚のトラブルが起こりがちです。こまめにチェックをして、症状が重くなる前に病院に連れて行きアドバイスを受けるなどの対策をとってください。

暑さのために水をがぶ飲みした後、急速に体が冷えてお腹を壊すケースもあります。水を飲みすぎないで!とペットに伝えることは難しいので、水をたくさん飲んだ後は部屋や体を冷やしすぎないような注意をしてあげるとよいと思います。

菌を繁殖させない環境づくり

ペットの夏場の不調は、雑菌の繁殖が原因であることも多々あります。置き餌をしているペットは特に注意。餌が傷んでいないか、こまめにチェックをしてください。

トイレ周りの清掃も、普段以上に念入りに。念入りな清掃は気になるニオイを防ぐことにもなります。ペットが使っているベッドやおもちゃも、天気が良い日に洗濯して天日干しをし、殺菌するように心がけましょう。

ペットの心身のストレス解消法

日中、暑さで十分な散歩や屋外での運動ができないと心身のストレスが溜まってしまっていたずらをしたり、吠えることが多くなったりと問題行動を起こしてしまうわんちゃんもいます。外で体を動かせない時は、室内で効率よく運動をさせてあげましょう。室内で体を動かす方法については「マンションの室内でもできる、楽しいペットトレーニング!」をご覧ください。

反対に、夏場寝てばかりで心配になってしまう、という話もうかがいます。暑さに弱いペットは、普段通りの生活をしているだけでも暑さで体力を使います。眠ることで本能的に体力温存をしているので、寝たいだけ寝かせてあげることをおすすめします。

暑さで食欲が落ちてしまうペットもいます。そのような場合は、少量でも栄養をとれるフードを与えたり、食欲をそそる良い香りがするトッピングをしてあげるなど、ごはんに工夫をしてあげてみてください。

ペットも飼い主さんも、健康に夏を乗り切っていただきたいと思います。

プロフィール

writer高田 由香
日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー。日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト。
短大卒業後、証券会社に入社。結婚を機にコーギー2匹を飼い始めるも、しつけに大苦戦。犬について学ぶスクールに通ううちに犬の魅力に取りつかれ、会社を辞めドッグアドバイザーになる決心をする。
2006年、世田谷・用賀に「犬の保育園 Parco del Caneカーネ保育園」を開園。園長となる。
犬の保育園の他、ペット共生マンションでのしつけ教室やセミナー、ペット博でのペットマッサージのデモンストレーション、朝日新聞デジタル「&」、ジョンソン株式会社「DOG TOWN」等ウェブサイトでのペット相談やコラム執筆など、多分野で犬に関わる毎日を送っている。
愛犬は、パピヨン、小型犬ミックス、チワワ2匹の4匹。キースホンド、コーギー、ダルメシアンの飼育経験あり。

2014/06/13