飼い主さん必見!犬・猫のための室内での暑さ・湿度・熱中症対策

こんにちは、ドッグアドバイザーの高田由香です。
今回は、ペットのための室内での暑さ対策をお話し致します。本格的な夏を迎える前にペットのための暑さ対策を考えておくと安心ですよ。

「暑さ」と「湿気」からペットを守ろう

ペットは暑さだけではなく、湿度も苦手です。特に短頭種のペット(犬の場合パグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアなど。猫の場合、ペルシャなど)は体温調節が苦手ですので、熱中症にならないように十分な注意が必要です。

室内での暑さ対策で気を付けていただきたいのが「湿気」です。本格的な夏を迎える前の「外は暑くないけど、まだエアコンをつけるほどの暑さではないし…」という梅雨時期、特に注意が必要です。

窓を開けて換気をしたり、扇風機で部屋の空気を循環させたりする工夫をしてあげてください。ペットだけで留守番をさせる時は、エアコンの除湿を入れて出かけるなどして、室内が蒸し風呂状態になるのを避けるようにしてください。

暑さ対策の注意点

ペットのために万全な暑さ対策をしたつもりでも思わぬ落とし穴、というケースもあります。思わぬ落とし穴とその対策をお話し致します。

冷房が効きすぎて体調を崩してしまう

冷たい空気は低い場所(床)に溜まります。体高の低いペットが冷たい空気を長時間浴びている状態ですと体調を崩してしまう可能性があります。ペットの体の高さになって、体感温度や風向きの確認をしてください。タイマーで作動時間の調節をしたり、ペットが寒さを感じたら温まることができる毛布を置いていくなどすると良いでしょう。

エアコンで注意したいのが「人感知センサー」です。人感知センサーがオンになっていると、ペットには反応せずエアコンが停止してしまうことがあるようです。設定の確認をお願いします。

「冷え冷えグッズ」の注意点

最近、ペットのための暑さ対策グッズがいろいろとあります。どのようなグッズを使用するときも、最初は必ず飼い主さんの目が届くところで使用して様子を見ていただきたいと思います。

例えば、ペットが乗って体を冷やすマットですが「こわがってなかなか乗らない」、「中身の吸水ポリマーをいたずらして出してしまった」という話を耳にすることがあります。特に留守番中に使用するようでしたら注意が必要です。

便利で簡単!おうちで作れる「氷柱」

昨年、雷で停電になってしまった、という話を数回聞きました。エアコンや扇風機などの電化製品だけを頼りに暑さ対策をしている場合、停電が長時間起きたら大変なことです。

我が家では夏場、7分目くらいまで水を入れたペットボトルを凍らせた「氷柱」を冷凍庫に数本常備しています。
私が家にいる時は窓を開け氷柱を扇風機の前において冷風を室内に拡散させ、エアコンをオフにして暑さ対策と同時に節電対策をしております。ペットだけで留守番をさせる時は氷柱を数本部屋に置いて室内の空気を冷やしています。

次回は、暑い時期のペットの健康管理についてお話致します。

プロフィール

writer高田 由香
日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー。日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト。
短大卒業後、証券会社に入社。結婚を機にコーギー2匹を飼い始めるも、しつけに大苦戦。犬について学ぶスクールに通ううちに犬の魅力に取りつかれ、会社を辞めドッグアドバイザーになる決心をする。
2006年、世田谷・用賀に「犬の保育園 Parco del Caneカーネ保育園」を開園。園長となる。
犬の保育園の他、ペット共生マンションでのしつけ教室やセミナー、ペット博でのペットマッサージのデモンストレーション、朝日新聞デジタル「&」、ジョンソン株式会社「DOG TOWN」等ウェブサイトでのペット相談やコラム執筆など、多分野で犬に関わる毎日を送っている。
愛犬は、パピヨン、小型犬ミックス、チワワ2匹の4匹。キースホンド、コーギー、ダルメシアンの飼育経験あり。

2014/06/06