マンションのお友達とピザパーティをしませんか?

みなさま、こんにちは。

5月晴れという言葉通り、晴れた日はとても気持ちがよく、爽やかな夏風が吹くようになりましたね。この時期、二十四節気では「立夏」の頃。草木が生い茂り、夏が始まる頃です。

野菜は、タマネギ・エンドウ・ソラマメ・アスパラガス・キャベツ・ピーマンなどが旬を迎えます。どれもこの時期だからこその、生命力あふれるパワーがぎゅっとつまり、新芽らしいやわらかな食感と甘みがあるのが特徴です。

ところで、ソラマメに面白いエピソードがあるのをご存知でしょうか?
ソラマメは地中海沿岸が原産です。紀元前2500年からあると言われており、古代ギリシャ・ローマなどでは大切な食糧でした。
しかし、一方では「ソラマメには死んだ人の魂が宿っている」とも言われていたため、死者の追善供養にも使われていたそうです。また、地中海沿岸などに住む人たちには「ソラマメアレルギー」があり、かの有名なギリシャの哲学者ピタゴラスもそうだったのでは、と言われています。ピタゴラスは弟子にも食べることやソラマメ畑を歩くことまで禁じたそうです。

野菜は歴史があり、それにまつわるさまざまなエピソードなどは栄養など解明できるようになった現代と繋がるところがあり、不思議さと面白さがあります。また機会がありましたら、紹介いたしますね。

さて、今回は、これらの旬の野菜を使って、「母の日のピザ作り」をしてみてはいかがでしょう?旬の豆類などを使って、顔を作っても面白いですね。もちろん、ピザ生地から作るのも楽しいですよ。

生地を広げる作業は、こどもだけでなく大人も結構真剣になって面白いです。トッピングは、お子さんの感性が出て、思わず大人も「へぇ~、こういう使い方するのね」と思ったりします。

先日、我が家でも近所のお友達と一緒に、ピザ作りをしました。

人数が多かったので、集会所を借りましたよ。それぞれこどもたちによって視点が違うところが楽しかったですし、子供たちが頑張って作ってくれたピザは、とってもおいしいパーティでした。

ぜひ、みなさんも作ってみてくださいね。

2012/05/10