野菜をインテリアとして楽しむ「簡単!野菜盆栽」

皆さんは盆栽というとどんなイメージを思い浮かべますか?
「ものすごく時間のかかる、特殊な技量の必要な敷居の高い趣味」といったイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は「野菜」を使うことで、グンと気軽に盆栽を楽しむことができるのです。今回は、その「野菜盆栽」の魅力についてご紹介したいと思います。

盆栽の必需品「苔」と「化粧砂」

苔

盆栽は一般的に苔や化粧砂を使用して製作するようなので、まずは入手してみましょう。
苔は、育成しようとすると、山などで手に入れて水を切らさずに半年以上育てないと増えないため、なかなか大変なようです。苔や化粧砂は専門店や園芸店で取り扱っているようなので、問い合わせて購入するのが一番手軽で良いと思います。
今回は、たまたま放置していた植木鉢に苔が生えていたので、それを使ってみたいと思います。

「ネギ」を使った野菜盆栽!

ネギ
盆栽に用いる野菜はなんでも良いと思います。種やにんじんなどの野菜の根元部分を切って葉を出したものも使えますが、今回は自宅の植木鉢にある「ネギ」を盆栽にしようと思います。プランターに入っている時はこんな感じです。

野菜盆栽の作りかた

では、野菜盆栽を作ってみましょう。

苔敷き詰め中。

苔敷き詰め中です。細かいのでピンセットが活躍します。

1.プランターから根を痛めないようにそっとネギを引き抜き、「鉢底ネット」を入れた鉢に入れます。観賞用なので、正面から見たとき姿・形が良く見えるように植えてあげます。一説によると、太陽に向かっていく角度が綺麗らしいです。

2.土を入れてネギを固定したら、次に苔を鉢に敷き詰めます。ピンセットがあると細かい部分も綺麗に仕あがります。苔を敷き詰めたら完成です。1週間に1度位水をあげて育ててみてください。ネギなので葱坊主が咲いたらいいなあと思います!


ネギ盆栽

ネギ盆完成です、たまたまあった小物を置いてみました。

変わり者の盆栽?

4月に簡単に育てられる変り種としては、「ジャガイモ」があります。
ちょうどジャガイモが芽を出す時期なので、そのにょきにょき生える芽の形が楽しめるようです(スーパーなどによっては芽が出ない処置をしているものもありますので放置して芽がでてしまったものが最適です)。

BONSAI POTATO

アメリカでは「BONSAI POTATO」として販売されています。
普通はわざわざ買わないと思うので、商品となっているのが不思議なくらいです。盆栽というよりもはやオブジェですね。

The Art of the Bonsai Potato (Mini Kit)

ご愛読をありがとうございました!
今回で長井先生のコラムは最終回となります。皆様、ご愛読をありがとうございました。

次回からのマンション野菜生活は、株式会社マイファームの藤田先生をお迎えして、野菜を通じた様々な情報をお届けしていきます。
どうぞご期待ください!

2012/03/29