マンションでおうちパーティー!簡単で楽しく準備をする3つのコツ

3.パーティー当日。
盛り付けは全員で進めます。まずは持ち寄った料理や素材を提供し、テーマに合わせて飾り付けていきます。すべての料理を手作りする必要はありません。買ってきた唐揚げでも、季節の花を一緒に飾れば「春」のテーマに早変わりです。素材を持ち寄った場合は、カッティングと飾り付けを楽しむ方法もあります。こうして和気藹々と作業している中から、参加者のセンスや、意外な一面が見え、次の会話のきっかけにもなります。

お互いの飾りつけを見て、意外なセンスを発見。おすすめのお店を聞けるなどのメリットも。

「ガーデンパーティー」のテーマに合わせて、花や小物をアレンジします。日常の料理とは違った、“共に創る”楽しさがあります。

参加者で野菜や果物をカットして、並べ方をアレンジ。ついつい時間を忘れて熱中してしまいます。

やってみると楽しそうなおうちパーティーですが、いきなりテーマを決めて全員で準備するのは大変かもしれません。そういう場合は、「飾り付けだけ一緒にやらない?」と初めに提案しておくと進めやすくなります。一緒に作業をしていると、そこから楽しいパーティーのスタートになりそうです。

中野さんが初めておうちパーティーをしたのは、ママ友を自宅へ招待したときだそうです。飾り付けを一緒にやりながら、子どもを介さない友人同士の会話になっていくこともあります。

料理を作ることが好きでも、毎日家族のためだけに作っているとマンネリ化してしまいます。ときには友人を呼んで、お互いに料理を通してクリエイティビティを刺激し合うのも良いかもしれません。「日常」をちょっとのアイデアで「非日常」に変えることで、リフレッシュもできるのでおすすめです。火を使わなくてもできますので、マンションの共有スペースを使ってオリジナリティ溢れるパーティーはいかがですか?

人を呼びたくなるマンションリノベの事例はこちらをご覧ください。
山手線沿線の古い中古マンションを購入し、ライフスタイルに合わせて素敵にリノベーション!

ラッキーなパーティーのコツはこちらをご覧ください。
桜やチーズフォンデュで開運を招く! 風水的おすすめホームパーティー

(文 Loco共感編集部 衣笠可奈子)

2017/05/08