ドバイに滞在する日本企業社長が住むマンションを訪問してみた

ドバイの社長宅ってどんな住まい?

今回は、ドバイにある日本企業の社長のお宅を訪問しましたので、その豪華な暮らしについてレポートしたいと思います。

住まいは「グランド・ハイアット・ドバイ」の高級ホテルの中にある、長期滞在者用のレジデンス(※)!奥様とお二人暮らしで、今年で3年目ということです。地元中東の人たちは、ホテル宿泊者以外はレジデンス内では殆ど見かけませんでした(※レジデンスは高級マンションの意)

 グランド•ハイアットはVIPの滞在先でとても大きなホテル

グランド•ハイアットはVIPの滞在先でとても大きなホテル

きっと3年いても飽きないくらいリッチな環境

きっと3年いても飽きないくらいリッチな環境

ちなみに、こちらの社長の方にはパキスタンからきたという優秀なドライバーがついており、彼が車を運転しています。どんなに治安がよくても、日本の本社からドライバー付きの車を借り切ることに決まっているのだそうです。事故に遭ったりでもしたら 大変ですし、その方が仕事にも集中出来るという事でしょうか。

さて、こちらのレジデンスでは、他国のようにメイドは必要ありません。すべてホテルの清掃の方が掃除もベッドメーキングもしてくれるので、毎日ホテルに宿泊をしている気分です。

間取り図

間取り図

何人はいるかわからないくらい大きなリビングルーム。ダイニングも兼ねていて21階の窓からの景色も最高。

何人はいるかわからないくらい大きなリビングルーム。

奥行きのある廊下はまるで豪邸。ホテルにいる事を忘れそう

奥行きのある廊下はまるで豪邸。

窓からの光具合といい、読書に最適なコーナー

窓からの採光で、読書に最適なコーナー

キッチンには、入居して即生活が出来るように食器類も揃っています。身ひとつで来たらすぐに快適な生活が出来るのはとてもすばらしいですね。水漏れしても業者を探して呼ぶ必要もなく、メンテナンスはすべてホテル側がしてくれるので、まるで楽園のようです。

大きなキッチン。オーブンもついていて、今日入居して即生活が出来るくらい揃っている。食洗機も大家族用。収納がたくさんあるから全てしまう事が出来る

大きなキッチン。オーブンもついて、食洗機も大家族用。また収納スペースがたくさんあるので、いろいろなものが収納できる。

24時間いつでも熱いお湯が出るホテル仕様のバスルームは毎日バカンスのよう

24時間いつでも熱いお湯が出るホテル仕様のバスルームは毎日バカンスのよう

寝具は全てホテルと同じ。ベッドメーキングもホテルと同じ

寝具やベッドメーキングもすべてホテルと同じ

ゲスト用の寝室。

ゲスト用の広々とした寝室。

ゲスト用のバスルーム。ベッドルームには必ず隣接しているトイレとお風呂は気兼ねなく使えるから便利

ゲスト用のバスルーム。ベッドルームには必ず隣接しているトイレとお風呂は気兼ねなく使えるから便利

次のページ:ジムやプール、各国のレストランなどが使える豊かな共用設備

2015/12/07