これで収納不足を解消できる!?DIYで簡単ハンガーラックを作ってみた

みなさんこんにちは。マンション・ラボ編集部のいのこと申します。「マンションに住まう」を考えるサイト、マンション・ラボの編集者として約2年半ほどサイトの運営に携わっています。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、今年でマンション・ラボが生まれて3年目。みなさんにご支援いただいたおかげで、少しずつですが、ここまで大きくなることができました。

しかーし!マンション・ラボは、まだまだ現状に満足していません。実はまだ、みなさんにご紹介しきれていない、実施できていない企画が山ほどあります。それをきちんと紹介して、もっともっとたくさんの人たちにマンション・ラボを見ていただきたい!

そして心に決めたわけです。
これはもう、考えているだけではいけない!もっともっと、自分たちで立てた企画をどんどん実行していこう!と。

その気持ちをカタチにするために、今回から「ラボ編集部の何でもやってみ隊!」のコーナーを立ち上げました。編集部全員が、自分たちで考えた企画を実施する内容を、定期的に連載していきます。体を張ります。調査します。

もっとマンション・ラボをみてもらえるよう、住民皆さんが「たまらない!」「おもしろい!」と、毎日チェックせずにはいられないくらい、魅力的なサイトにしていきたい・・・!という熱い思いをぶつけていきます。

第一回目の今回は、手始めに私が初めて挑戦したDIYを写真付きで掲載していきます。 どなたでも実践できる取り組みなので、ぜひ読んで試してみてくださいね。

マンションって部屋に合う家具の選択肢が少ないよね・・・そうだ!DIYだ!

私は日々思っていました。「マンションって、自分の部屋に合う家具の選択肢が少なくないか?」と。例えば、量販店で購入するような収納家具は大きい割に使い勝手がよくないし、小さいものを選ぶと今度は足りなくて今イチ・・・。さらに、プラスチック製のものや無機質なデザインのものが多くて選択肢が少ないではないですか。あぁ、もっとおしゃれなものはないのだろうか。

そんなとき、ひらめいたわけです。「そうだ。作ってしまえば良いんだ!」

というわけで、実際に家具を作ってしまう、いわゆるDIYを行ってみることにしました。とりわけ私が現在困っているのが「バンドTシャツ」の収納です。編集部ブログでもたびたびお伝えしていますが、私はライブに行くのが好きで、ついつい物販でTシャツを買ってしまうんです。このTシャツがあふれかえっている状況でして、もうタンスにはスペースがないのでなんとか「見せる収納」としてすませたいところです。しかも、これからの季節は暑くなるのでサッと取り出せるところにTシャツがあったら便利ですよね。

DIY初心者の私ができるようなもの・・・。ハンガーラックを作ってみることにしました!

ホームセンター 何だかわからず 立ち尽くす

いてもたってもいられず、アドバイザー役&運搬係として父を駆り出し、一緒にホームセンターにやってきました。ホームセンターって店内が広くてワクワクしますよね。種類も多いから選び放題ですし。

・・・つまりいろいろありすぎてDIY初心者の私には何を選んだら良いのかサッパリわかりませんでした。

ほらこんなに木材だけでいろいろあるのです。

木材に関しては、何がなんだかわからなかったので、自分の好みの厚さと色だった「パイン集成枠材」というのを選びました。値段も安かったですし。

ただ、パイン集成材は「生材」と言って乾いていない木材なので、時間が経つと乾燥して反ったり曲がったりするそうです。このことは次回に生かします・・・。

材料費まさかの3918円!!

では、早速購入した材料をご紹介いたします。木材、留め具、ネジだけです。(ハンガーをかける棒については、家にあったものを使用したのでもしお持ちでない方は購入してください。)

それにしても材料費がとても安く、消費税抜きで4,000円以内におさまりました!

全て同じ幅だと安定しないかなと思い、写真手前の床と接する部分の木材は幅が広めのものにしました。やすりがあれば角を取っておくとトゲの心配をしなくて良いです。

ネジです。左側の留め具に使用するネジは頭が大き目のものを使用しました。右側の補強用のネジは長めです。補強用のネジは床と接するので、頭が平たいものを使用しました。

留め具。木材と木材を結合させるために使用しました。

使用した道具類。左から新聞紙、赤鉛筆、定規、養生テープ、電動ドリル、電動ドリルのドライバービットです!

早速ハンガーラックを作ってみよう!

さて!作業開始です。4畳半の私の部屋は狭く、とても作業できるような状態ではなかったので、6畳の兄の部屋で行いました。すぐにでも木材同士をくっつけたいものですが、はやる心を抑えてまずは準備から入りましょう。

木くずが飛んでも掃除が楽なように新聞紙を敷きました。床に傷もつきません。

ハンガーラックの下の部分の木材です。側面にくる木材の位置を決めるためにまずは中心点をとります。その後、側面の木材の幅に合わせて印をつけました。

こんな感じで結合させよう、というイメージ

留め具を付ける前に、ネジを締める場所に印をつけます。

最初から留め具を付けるのではなく、まずはネジで木材に穴を開けておきます。(そうすると留め具を後から取り付けやすくなります。)赤い印はそのためのものです。この時、完全にネジを深くまで差し込んでしまうと、後から抜けなくなったりするかもしれないのでご注意を!

8か所全てにネジを締めていきます。木くずが飛び散るので気を付けてくださいね!

ネジは垂直に締めていかないと斜めに入って行ってしまうのですが、留め具を付ける前に穴を開けておいたので楽でした。

ネジを締められました!!これと同じことを残りの箇所にも行います。

4箇所すべてに留め具を付けました!・・・曲がっていますね!

不安定なので、しっかりと固定するために長い方のネジで補強します。2箇所ずつ締めました。

こんな感じです!

できたっ!!これが理想のハンガーラック!

所要時間2~3時間程度だったでしょうか。ついに出来上がりました!私の理想のハンガーラック!部屋の中は木材の香りが漂ってきてとても過ごしやすくなりましたよ。ハンガーラックの上にはお気に入りのキャラクターも載せてみたりなんかして。洋服も何枚もかけれました。

部屋に馴染んでおしゃれな「見せる収納」ができあがりました!

途中父にも手伝ってもらったので、正直なところ一人でDIYを行ったとは言えませんが、なんとか作り上げることができました・・・!イメージ通りのものが出来上がって嬉しいです。これはどこにも売っていない、世界に一つだけしかないハンガーラックだと思うとなんだか愛着が湧いてきます。一念発起して良かったです。

床で作業を行って傷がつかなかったのか?ということですが、使用する道具が少なかったのと、あらかじめ新聞紙を敷いておいたので大丈夫でした。不安な方はカーペットの上で行うと良いと思います。ゴミは木くず程度しか出なかったので、新聞紙と一緒にまとめて捨てることができました。なんてお手軽!

また、マンションでDIYをするとなると、気になるのは「音」ですよね。幸いにも、購入したドリルが小さかったためかそこまでパワーが出なかったことで音は大きくありませんでした。ただ、今回作業自体は昼間に行ったのですが、夜間ですとやはり音が響きやすいと思います。ご近所の方に迷惑がかからないよう、配慮した方が良いですね。

ハンガーラック、今のままでも良いですが、木材の色をペンキで塗って変えてみたり、紙を張って模様をつけてみるのも楽しそうですよね。まだまだカスタマイズできそうです。その様子はまた別途ご紹介できればと思います。

次回の「ラボ編集部の何でもやってみ隊!」をお楽しみに!

いのこ

こちらのDIYチャレンジの記事もぜひご覧ください
女芸人が挑む!DIYマスター まずはDIYに必要な工具と材料を買ってみよう
女芸人が挑む!DIYマスター とにかく作ってみよう!

2014/08/11