大画面で楽しい テレビでインターネットを活用

暑い日は部屋でネット三昧も楽しいもの。そんなときにおすすめなのが、大画面テレビでインターネットを楽しむ方法。手ごろな価格で手に入る専用ツールを使えば、映画やYouTubeなどが家族みんなで楽しめる!

大画面テレビをさらに楽しもう!

スマホやパソコンでのインターネットは、ニュースや天気予報を見たり、調べごとをするのにとっても便利。ただ、映画や動画などはせっかくだから大画面で楽しみたいところ。そこで今回は、大画面テレビでインターネットを楽しむ方法を紹介しよう。

最近の大型テレビは直接インターネットに接続できるものが増えているが、製品ごとに機能の差が大きい。おすすめなのは、スマホやタブレットとも連携できる便利なツールだ。

iPhoneユーザーにはApple TV、アンドロイドスマホを使っているならChromeCastを手に入れるととても楽しめる。どちらも価格は手ごろ。

僕の自宅のテレビもインターネットに接続可能だが、Apple TVを利用して以来、テレビ直結のインターネット接続はまったく使わなくなってしまった。

Apple TVは8200円で手に入る。

Apple TVは8200円で手に入る。

ChromeCastは4600円程度で購入できる。サイズ比較のためにiPhone 5sと一緒に撮影した。

ChromeCastは4600円程度で購入できる。サイズ比較のためにiPhone 5sと一緒に撮影した。

接続は簡単だ

テレビとの接続は思ったより簡単で、基本的にはHDIM端子にコネクターを差し込めばいい。あとは、電源などにつなぐだけだ。ただし、どちらもWi-Fiの電波が届いている必要があるので、部屋の電波状況を確認しておこう。電波が弱ければ、こちらのページを参考に、最新のルーターを導入するのも手だ。

接続が済んだら、テレビの入力切り替えで画面を表示して、いくつかの設定を済ませるだけだ。表示される手順通りに進めていけばうまくいくはずだ。

テレビへの接続はHDIM端子に差し込むだけだ。写真はChromeCast。

テレビへの接続はHDIM端子に差し込むだけだ。写真はChromeCast。

セットアップを終えると、テレビに新しいメニューが表示されるようになる。

セットアップを終えると、テレビに新しいメニューが表示されるようになる。

映画のオンデマンドを楽しもう

Apple TVやChromeCastを使うと、映画配信サービスがテレビで見られるようになる。おなじみのHuluはどちらにも対応している。dビデオ(DTV)もChromeCastは対応しており、iPhoneやiPadでもAirPlay機能を使えばApple TVで視聴できる。これからは、レンタルビデオ店に出かけなくても、さまざまな映画・ドラマタイトルが楽しめるのだ。

DTVやHuluがテレビで見られるようになる。

DTVやHuluがテレビで見られるようになる。

YouTubeで家族のビデオも楽しもう!

おなじみのYouTubeも両ツール共にもちろん対応している。話題のビデオやちょっとしたライブなども大画面のテレビで楽しめるのだ。

おすすめの使い方が、自分で撮影したビデオの視聴だ。YouTubeのアカウントを作成しておけば、スマホやパソコンから、簡単に動画をアップロードできる。後は、テレビのYouTubeから視聴するだけだ。アップロードはとても簡単で無料な上に、ファイルの置き場所などを考える必要がなくてとても便利だ。

ChromeCastやAppleTVでは、他にも写真やゲームを楽しんだり、プレゼンのスライドを表示するなど、仕事にも利用できる。手に入れたら順次試していこう。

おなじみのYouTubeもテレビの大画面で楽しめるようになる。

おなじみのYouTubeもテレビの大画面で楽しめるようになる。

自分で撮ったビデオをYouTubeにアップロードしておけば、大画面テレビで見られる。Apple TVではAirPlayで非公開の動画も視聴できる。

自分で撮ったビデオをYouTubeにアップロードしておけば、大画面テレビで見られる。Apple TVではAirPlayで非公開の動画も視聴できる。

※本記事の内容は2015年7月6日時点の情報です。

2015/07/06

プロフィール

戸田 覚

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。