モノであふれるクローゼットは、住所化と見える化で使える収納に

お家の中で迷子になっているモノが多くて困っている方には、モノに「住所」をつけて、「見える化」する収納方法がオススメ。クローゼットを例にとってわかりやすくアドバイスします。モノに住所をつけるには、「腰高には使うもの、下には重いもの、上には使わないもの」の3つがポイントですよ。さあ、まずはあなたのクローゼットを開けてみてください。

モノに住所をつけて、すべてのモノが見える化作戦を遂行!

収納を考える上での重要な点は以下の2点です。これは、クローゼットだけでなく、どこでも使える基本的な考え方ですので、きちんと頭に入れてくださいね。

・モノに住所をつける

探し物をなくすためにも、利用用途にあわせて定位置を決めて管理します。モノそれぞれに、家庭内での住所を割り振ってあげましょう。

・モノを見える化する

モノは、定位置に収めてずっとしまい込んでおくのではなく、取り出しやすくしていつでも活用できるようにしましょう。そのためにも、そこに何があるのか、「モノを見える化」する工夫が大切です。

入りきらないモノであふれるクローゼットの問題点はココ!

以前の記事でご紹介したBさん宅のクローゼットは、衣類とストック品を一緒に収納しており、さらにすべてのモノが中に収納しきれずに外にまであふれている状態でした。他にもクローゼット内の問題点は山積み。

石けんがいっぱい。。。
・モノに住所がついていない

クローゼットの衣類ゾーンに「生活用品」が混在しているなど、モノの「定位置管理」ができていませんでした。クローゼット内にも室内にも、同じモノがあちこちに。

たとえば「石鹸」。いただいたり買ったりして、置きやすい場所や、箱のまま収めやすい場所にとりあえず収納し、「石鹸」の住所が決まっていませんでした。分散するとストック数が把握できなくて、結局必要な時に見つからずにまた余分に買うという悪循環に。

・ストックするモノが、収納限度以上にあふれている

ポケットティッシュは「定位置」が決まっていたのに、必要以上の数がストックされ、置き場所からあふれていました。ポケットティッシュは、あればあるだけ便利と思いがちですが、収納量を超えるほどストックしてはいけません。ポケットティッシュや割り箸やレジ袋など、「タダのモノはもらわない・断つ」という意識を。

・使わないモノをとりあえず見えないところへ収納

使わない食器がとりあえず「クローゼット」の奥に入っていました。Bさんご自身も、ここにあることを忘れていた様子。使わないモノほど「見えないところ」へ入れがちですが、結局はそのまま忘れてしまうことに。クローゼットにしまう前に、「必要? 不要?」を考えること。そして活用するならば、見えるところへ。

住所化を考えるポイントはズバリこの3つ

収納は、まずは「定位置管理=モノに住所をつける」です。実際やってみると、どこを定位置にしたらいいのかわからないという質問を受けますが、ポイントは3つ。

ポイント1:よく利用するものは、「腰」の高さ
ポイント2:重たいものは、「下」の段
ポイント3:使用頻度の低いものは、一番「上」

クローゼット以外の収納場所もこの3つで考えると、住所化しやすいですよ。

解決! モノの「住所付け」と「見える化」に成功したクローゼット

上記の注意点を反映して、Bさん宅のクローゼットは以下のようになりました。

クローゼット収納の住所化&見える化

ゾーン1:使用頻度の低いカバンは、一カ所にまとめて収納
ゾーン2:シャツ類など日常的に利用する衣類を収納
ゾーン3:読まないけれど、どうしても捨てられない本と日常的に使用するカバンを収納
ゾーン4:今は捨てる事ができない思い出の品やアルバムは、収納エリアを限定して保管
ゾーン5:Bさん宅のクローゼットが洗面所に近かった為、タオルや日用品を収納
ゾーン6:石鹸や洗剤、トイレットペーパーなど生活用品のストックを保存

特にストック品は、隙間があれば「とりあえずしまっておく」派の人が多いと思いますが、あちこちに点在しているとストックの量が把握できずにムダ買いを招く原因に。こちらでは、収納場所を一箇所に特定する事で、今あるストックを一目で確認できるようにしています。

クローゼットには「入るだけ入れる」と思いがちですが、「整理」をきちんとして、必要なモノを必要な量だけ収納することが大前提です。使わないモノ、入りきらないモノは、都度処分する心構えで、定期的にチェックしてください。

収納アドバイスを受けたBさんのコメント

今まではとりあえずモノが収まる隙間を見つけて、「収納」というよりは「押し込む」ことに必死で。出して使うとことはまったく意識していませんでした。きちんと『モノの住所』を決めることで、いままで余分なモノをこんなにもダブって買っていたことに初めて気づきました。

「住所化」と「見える化」を行ってからは、モノを「探す時間」もなくなり、「無駄遣い」も減りそうです。モノがあふれかえっていたクローゼットのある部屋は、お客様が来た際には必ず閉ざされた部屋でしたが、あれからは気兼ねなく開けておくことができるようになりました。(Bさん)

収納の「アクション数」を数えたことはありますか?

片付け始めると、クローゼットの中まで見た目キレイにしたいと思いがちですが、出し入れが頻繁なクローゼットは、使いやすさが重要。見た目でなく、用途にあわせた収納を考えないと、出すのも面倒、片付けるのも面倒になって、結局そこに戻さず、モノが溢れてしまいます。

たとえば、クローゼットの中に中身の見えない引き出し箪笥を使うと、中に何が入っているかわからず開けて確かめることに。<1:引き出しを開ける>→<2:モノを探す>→<3:また引き出しを開けて探す>などのアクション数が増えるほど、使いにくいということになります。また、シャツなど頻繁に使う衣類は、引き出しでなく取り出しやすい棚収納も一手です。頻繁に出し入れするモノは、「アクション数」の少ない収納方法を考えてみてはいかがでしょう?

・見えない収納ケースはNG。見た目にこだわるなら「ラベリング」でわかりやすく。
・モノを取り出す時のアクション数を数える。アクションが多すぎると使わなくなるかも。

腰は使うモノ! そして使いやすい高さには、使うモノが滞留しがち。

さきほどもご説明した通り、日常生活の中で「腰の高さ」というのは使いやすく、逆にいえばモノがたまりやすい場所でもあります。たとえば、郵便や荷物を抱えて帰ってきたとき、玄関から入ってすぐの棚の上、キッチンテーブル、カウンターなど、何気なく腰の高さの位置に、モノを置く習慣がありませんか? そこは要注意! 腰の位置は室内で一番目につく場所のため、すぐに散らかります。

必要なモノは、家の中で「住所」を決めて、テーブルやカウンターではなく、定位置の住所に置くように習慣化しましょう。

今日からできる!「家庭内住所不定物」撲滅運動を実施せよ!

illustration by naru

2011/06/17