お片づけ本や収納グッズを買う事からスタートしてはダメ!

なぜ片付かないの? その理由を考えてみませんか?

  • 「収納術」「あっというまの片付けアイデア」「捨てる技術」というタイトルの本や雑誌を買うのが好き。
  • すき間収納グッズや便利そうな収納ケースを買うのが好き。
  • 1月に「今年こそ片づける!」と意気込んだものの、マンションの中は何も変わっていない。
  • 写真や思い出の品、映画やコンサートのチラシは、愛着があって捨てられない。
  • ソファに脱いだ服、床にモノを置いたままのことが多い。

こんな方いませんか?

特にお片づけ本や収納グッズを買っただけで、なんだかその気になって満足している人は要注意。結局、買ったものもうまく活用できないで、無駄なモノだけ増やしている結果になっているってことも!

わかっているけどなかなか片付かない。お部屋の「キレイ」が続かない。その理由を少し、自分の性格や血液型、家族、収納の少なさのせいにしている人はいませんか?

「整理」は「ダイエット」の挫折と似ていますよね。

きれいに片付いたお部屋に住みたい。でも現状はモノであふれている。

スリムな体型になりたい。でも現状は食べ過ぎちゃう。

それはどちらも自分の習慣と考え方に密接に結びついているものだから。

●私が整理収納に目覚めたきっかけ

か くいう私も実はそうでした。私も小さい頃からいつも探し物をしているタイプ。うちの両親は、父がお片づけ上手、母が片づけられない人。母は、どんどんモノ を重ねてどこに必要なモノがあるかわからなくなったり、インクの切れたペンをずっと持っていたり、というよくあるタイプ(笑)。私も自分が片づけられない のに、探しものは母のせいにしたりしていた悪い子でした。お母さん、ごめんなさい!そして、大人になって仕事を始めても同じような状態で探し物の名人。イ ライラしながら、「見つからない! 見つからない!」って騒いで資料を探す時間、ほんとにムダですよね。仕事でそんなムダなことばかりを繰り返していては業務に支障をきたします。仕事をいか に効率よく作業するかを考えているうちに、必然的に自分の業務を整理し始めたのが、整理収納に目覚めたきっっかけでした。根本的な理解と片づけるための理 論を知らないでやっているが非常に多いからです。ダイエットも根本的な代謝や栄養学の知識を勉強せずに、新しいダイエット方法やグッズを買いこんでは挫折を繰り返すのとよく似ています。

私も経験があるのでよくわかりますが、整理本や収納グッズを買うことは、実は自分の整理したい気持ちや、やる気を買いたいのだと思います。自分のやる気は、モノを買うことでは長続きしませんよね。本を買って読んだ瞬間に、「やったつもり」の気分を味わえるだけです。

それよりは、たとえば・・・

  • 少しずつきれいなエリアを増やして、余計なモノを置いていないきれいな状態のテーブルで朝食を食べる。
  • 家へ帰ったらソファがきれいに整えられている。
  • 寝室のベッドに洋服が山積みになっていない。

そんなきれいな状態を整えていくことが大切。

お部屋の中に少しでも心地よさを感じたら、次々とやる気が生まれたり、心のゆとりがでてきます。

まずは、色んな本を買って物を増やす前に「整理」する事に目を向けてみましょう。

続いて 「整理」「整頓」「片づけ」「収納」は、すべて違う!」 を読む>

illustration by naru

2011/02/14