和のテイストがインテリアに映える、シックな鉢カバー選び

華やかな雰囲気の花は、使用する鉢カバーのデザインや形によっても印象がぐんと異なります。たとえば、和籠を鉢カバーにして和テイストに、陶器のワインクーラーを鉢カバーとしてモダンな印象にするなど、花にあわせてさまざまな雰囲気作りができます。短い開花期間の秋の花ですが、こうして身のまわりにあるものを鉢カバーにして、このシーズンだけ楽しむという方法もオススメです。自分なりのアレンジをしてみてください。

鉢カバーで変わる花の印象

ハゲイトウを重量感のある鉄鉢にアレンジ。少し高さのある台で飾ってみました。花のような華やかな雰囲気が出ます。ハゲイトウを重量感のある鉄鉢にアレンジ。少し高さのある台で飾ってみました。花のような華やかな雰囲気が出ます。

高さのある籐製の鉢カバーにリンドウを。室内に秋の彩りを添えてくれます。このカバーはアジアンテイストにもよく映えます。高さのある籐製の鉢カバーにリンドウを。室内に秋の彩りを添えてくれます。このカバーはアジアンテイストにもよく映えます。

木製のワインクーラーを鉢カバーにした例。土色のワインクーラーの質感と色にあって、ユウゼンギクがお花畑のように映えます。木製のワインクーラーを鉢カバーにした例。土色のワインクーラーの質感と色にあって、ユウゼンギクがお花畑のように映えます。

赤葉センニチコウを黒い陶製の鉢カバーに。赤い葉と黒の対比が美しいですね。和食器を代用してもおもしろいと思います。赤葉センニチコウを黒い陶製の鉢カバーに。赤い葉と黒の対比が美しいですね。和食器を代用してもおもしろいと思います。

2011/10/21

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています