マンションのキッチンでも楽しめる「食べるハーブ」の育て方

魚料理に好相性なハーブ「ディル」

ハーブは育てやすい植物です

当店でも春先になると、さまざまなハーブの苗を並べます。ハーブは初心者にも育てやすく、マンションのバルコニーや室内で手軽に始められるグリーンですね。種から育てる人もいますが、マンションでは苗で買ってきてお気に入りのポットやプランターに植え替えるのが手軽です。

店頭に並べたハーブの苗室内で育てたい人はここを注意

ハーブは、室内よりも風通しが良く日当たりのいいバルコニーで育てるのがベター。できれば室内だけで育てるのは避けてほしいところです。どうしても室内で育てたい場合は、日中は日当たりのいい窓辺に置くなど、こまめに移動してあげてください。

ハーブを元気に育てるポイント

水やりは、「乾くまであげない」を基本に

「毎日ちゃんと水をあげなければ!」という脅迫概念(笑)を持っている人もいますが、ハーブは毎日水やりをする必要はありません。乾くまであげない、という気持ちで大丈夫です。

表面の土が白く乾燥したら、土全体にたっぷり水がいきわたるくらいの水やりを心がけてください。なお、根腐れしてしまいますので、鉢皿には水をためないように注意を。

アンソニーパーカーセージ

ハーブの害虫対策について

ハーブを育てる際には、まず「害虫は出る」と考えてください。買ってきた土の中にいる場合もあります。主にアブラムシやアオムシが多いですね。虫が出たら取り除く、洗い流す。この方法が一番です。水やりの際に、葉を裏返して、虫がいないかチェックする習慣を。

収穫する時のコツ

ハーブは使いたい分だけ都度収穫できるのも魅力のひとつ。柔らかい新芽部分が一番美味しいのですが、あまり葉の部分ばかりを切ってしまうと、茎だらけになり見栄えが悪くなります。使う時には、根本から切っていくようにすると、見た目もきれいです。特にイタリアンパセリなどの群生しているハーブは、根本から切ると、その脇から新しい茎が生えてきます。

代表的なハーブの主な用途

ハーブは、さまざまなレシピに使えます。フレッシュなハーブがすぐ食べられるので、料理のレパートリーを増やしてくれるでしょう。食べたいレシピから、育てるハーブを選ぶという人も多いようですね。

ハーブの寄せ植えバジル

トマトソースのパスタやピザのトッピングに。たくさん収穫した場合は、バジルソースやバジルオイルにも。

チャイブ

オムレツやサラダ、肉・魚料理にあう万能ハーブ。バターに練り込んだハーブバター、クリームチーズやアボカドのディップに入れても美味です。

ローズマリー

ローストポークなどの肉料理やじゃがいも料理によく合います。オイルに漬け込んでハーブオイルにも。お風呂に入れてハーブバスにも使えます。

レッドチコリ

赤みを帯びた葉で、苦みとコクのあるハーブ。サラダなどに入れると、味のアクセントになります。オリーブオイルであえたオードブルにも。

スープセロリ

ナマでも加熱してもOK。玉ねぎと一緒に刻んでシチューのベースにする他、数種類の香草を束ねたブーケガルニのひとつとして、煮込みやスープストックを取る際の風味づけにも使えます。

ミント

挽肉と一緒に炒めるタイ料理の他、お菓子やあたたかい紅茶、冷たいソーダに入れてもおいしく、いろいろに楽しめます。ポプリとしても使います。

イタリアンパセリ

刻んでサラダや煮込み、パスタやピザのトッピングに用います。オイルの風味漬けにも使える、万能ハーブです。

カモミール

香りと沈静効果を楽しむハーブティーに使います。この他にハーブティーによく使われるのは、レモングラス、オレンジミント、ペパーミントなど。

次は、ハーブを寄せ植えにしていく方法やハーブ栽培に合った土、マンションのインテリアに合わせたプランターやポットをご紹介します

【BOOKS】『ハーブ―新来の香草たち』(旭出版社、1987年)

おすすめ書籍:ハーブ 新来の香草たちこれはかなり古い本ですが、ハーブの種類ごとに、見開きと写真で詳しく説明されていて勉強になります。ハーブの基本を細かく紹介しています。手に入りにくいので、古書や図書館などで探してみるといいかもしれませんね。

2011/04/11

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています