父が胃がんで早く亡くなったため、家族の健康運が気になります。

健康運/父が胃がんで早く亡くなったため、
家族の健康運が気になります。

私の父は、胃がんが原因で早くに亡くなってしまいました。我が家は男の子ばかり3人の子供をもうけ、夫と5人家族で暮らしています。今のところ家族全員、特に問題はないのですが、やはり健康が一番気になります。ぜひ良いアドバイスをお願いします。

(相談者:S様 間取り:4LDK 家族構成:奥様ご本人、ご主人、ご長男、ご次男、ご三男)

幸せ風水アドバイス

お父様は早くに亡くなられたとのこと、残念ですね。私も25歳の頃に、父を病で亡くしたので、お気持ちがよくわかります。でも、お父様はこの家に住んでいたのではないとのことですし、間取り図を診ても、とくに健康運が悪い間取りではないので安心してください。ただ、細かいところまで診ると、改善を必要とする点が2箇所あります。部屋の中にある家具や柱の角は、健康運や全体運を落とす原因となる「殺気」を放っています。運気を上げる風水を実行する前に、まずは悪い風水の影響を抑えるということが大事です。

玄関の鏡を良い位置に移動!

鏡は、良い風水のものを映すと良い運をダブルに、悪い風水のものを映すと悪い運をダブルにしてしまいます。この家の玄関のそばに置いてある鏡は、ちょうど角の真正面になっています。これは悪い位置! 廊下のつきあたりもダメなので、今の位置より少し左にずらす必要があります。入らないようでしたら、もっと小さな鏡に変えて、この鏡は寝室など、他の場所に持っていくのが良いでしょう。

ご次男のお部屋にクリスタルを!

ご次男のお部屋を見ると、クローゼットの角が布団を敷く位置に向かっていますね。これでは眠っている間、角の発する殺気を浴びることになります。かといって方向を変えたり、模様替えも難しそうですので、このクローゼットの角のところにはクリスタルをつけて殺気の影響を抑えましょう。

※当記事は株式会社つなぐネットコミュニケーションズ運営サイト「Chorocobi」に過去掲載した記事を転載しています。

2011/01/20

プロフィール

工藤  沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています